サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

アウトレットブック ポイント2倍キャンペーン(~11/15)

目次

  • はじめに
  • がんばっている選手たちへメッセージ
  • PART 1 ラグビー上達のプロセス
    • インタビュー 元ラグビー日本代表三宅敬から子どもたちへ 個性・基本・マナーがラグビー上達へと導く
  • PART 2 タックル&ラン
    • ポイント01 ボールを持って走る タックルで止める
    • ポイント02 タックルする瞬間に低い姿勢で入る
    • ポイント03 前に出て間合いをつめて当たる
    • ポイント04 ヒザ立ちになって低い姿勢から当たる
    • ポイント05 腕に力を入れ過ぎず両手でボールを持つ
    • ポイント06 一歩踏み込んでから逆方向に抜ける
    • ポイント07 スピードに強弱をつけて相手を抜く
    • ポイント08 ギリギリまで引きつけて相手を押す
    • ポイント09 ステップからの加速を体で覚える
    • ポイント10 朝・昼・夕の3食がラグビー選手の体をつくる
  • PART 3 ハンドリングスキル
    • ポイント11 ハンドリングスキルをあげてパスをつなぐ
    • ポイント12 ハンズアップで両手をあげる
    • ポイント13 足を踏み込み指先で弾いてパスする
    • ポイント14 回転をかけながらボールを押し出す
    • ポイント15 コンパクトな腕の振りですばやくボールを展開する
    • ポイント16 ヒザの力を使いながらサポートに入る
    • ポイント17 ヒジを引きあげて指先で弾く
    • ポイント18 半身になって足を開き両手でキャッチする
    • ポイント19 腰を落として正面でキャッチする
    • ポイント20 ハンズアップを維持しすばやくボールを回す
    • ポイント21 各ポジションを経験し役割や面白さを知る
  • PART 4 コンタクトプレー
    • ポイント22 密集で自分の役割を担ってプレーする
    • ポイント23 倒されたら体を伸ばし遠くにボールを置く
    • ポイント24 ボール上を通過してまっすぐ押す
    • ポイント25 味方をバインドしてモールを前に進める
    • ポイント26 相手の意識を集中させて後方の味方を生かす
    • ポイント27 タックルで倒れた相手のボールを奪う
  • PART 5 キック
    • ポイント28 ボールを蹴ってゲームを大きく展開する
    • ポイント29 足の甲に当ててタテ回転をかける
    • ポイント30 ヒザ下でコンパクトに振りインパクトする
    • ポイント31 ボールを傾けて持ち中心をヒットする
    • ポイント32 走りながら小さく蹴って自分でキャッチする
    • ポイント33 狙いどころをイメージしてインパクト位置と足の振りを変える
    • ポイント34 ヘッドギヤやマウスガードを着用(装着)する
  • PART 6 トレーニング
    • ポイント35 トレーニングの目的を意識して取り組む
    • ポイント36 体の軸をまっすぐキープする
    • ポイント37 股関節まわりの筋肉を鍛える
    • ポイント38 手と足の筋肉を鍛えて球際に強くなる
    • ポイント39 ミニハードルを使って敏しょう性をアップする
    • ポイント40 ミニハードルを使って横に細かくステップする
    • ポイント41 ラダーを使って敏しょう性をアップする
    • ポイント42 ラダーを使ってサイドステップを磨く
    • ポイント43 ジャンプの高さを抑えすばやく移動する
    • ポイント44 腰にタグをつけてラグビーの練習をする
    • ポイント45 握手した相手の腰にあるタグを奪う
    • ポイント46 相手の守備ラインをステップで突破する
    • ポイント47 ラグビーの動きをイメージしてゲームに挑戦
    • ポイント+α ラグビーという競技を心から楽しむ
  • PART 7 ラグビー・ルール
    • ポイント48 カテゴリーごとに試合人数と時間が変わる
    • ポイント49 安全なピッチで選手が全力でプレーする
    • ポイント50 カテゴリーがあがると使う技術レベルもアップする