サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2017年間ランキング

【HB】丸善日本橋店×hontoブックツリー ~12人の賢者に学ぶ!~日本橋ビジネススクール(~1/13)

目次

平安仏教彫刻史にみる中国憧憬

平安仏教彫刻史にみる中国憧憬

  • 佐々木 守俊(著)
  • 序論
    • はじめに
    • 一、日宋交流史研究の進展と美術史研究
    • 二、九世紀密教彫刻史研究
    • 三、検討すべき課題
    • 四、本書の構成
  • 第一部 密教図像の請来と彫像化
  • 第一章 神護寺五大虚空蔵菩薩坐像の図像について
    • はじめに
    • 一、図像上の問題点
    • 二、「宗命説」と「高雄塔」の再検討
    • 三、神護寺法界像の規範的像容
    • 四、『五部肝心記』との関連
    • 五、粉本図像の様相
    • おわりに
  • 第二章 神護寺五大虚空蔵菩薩坐像再考
    • はじめに
    • 一、神護寺像の典拠
    • 二、大覚寺本五大虚空蔵菩薩像
    • 三、弘法大師様の五大虚空蔵像
    • 四、図像継承の場としての神護寺
    • おわりに
  • 第三章 安祥寺五智如来坐像について
    • はじめに
    • 一、像の概容
    • 二、研究史
    • 三、上寺先建説の再評価
    • 四、五智如来像の安置堂宇と造立年代
    • 五、安祥寺における図像選択
    • おわりに
  • 第二部 印仏・摺仏の受容
  • 第四章 入唐僧と檀印
    • はじめに
    • 一、檀印のもつ中国的色彩
    • 二、中国での檀印の使用
    • 三、仁和寺本『唐本曼荼羅図』と恵運
    • おわりに
  • 第五章 仏教版画の呼称について
    • はじめに
    • 一、研究史と問題点
    • 二、「摺仏」の用例
    • 三、「唐摺本」の概念と宋代作例
    • 四、「印仏」の用例
    • 五、版画としての「印仏」と「印像」
    • おわりに
  • 第六章 『地蔵菩薩応験記』所収「空観寺僧定法摸写地蔵感応記」について
    • はじめに
    • 一、定法説話にみる「摸写」
    • 二、「摸(模)」の用例
    • 三、王氏蘇生説話と『地蔵菩薩応験記絵詞』
    • 四、尼湛説話と『漢家類聚往生伝』
    • 五、「摸(模)」の概念の継承
    • おわりに
  • 第三部 十二世紀の諸相
  • 第七章 像内納入品がうむ奇瑞
    • はじめに
    • 一、地獄に入る仏像
    • 二、小豆念仏と像内納入
    • 三、代受苦の造像
    • おわりに
  • 第八章 三宝院定海の吉祥天造像
    • はじめに
    • 一、像の概容
    • 二、宝珠を執る女尊像
    • 三、女人成仏論と吉祥天
    • おわりに
  • 第九章 千仏をあらわす印仏の像内納入について
    • はじめに
    • 一、作例
    • 二、千仏をあらわす印仏の諸相
    • 三、印仏による滅罪を説く経軌
    • 四、千仏をあらわす印仏と弥勒菩薩像
    • 五、千仏をあらわす印仏と阿弥陀如来像
    • おわりに
  • 第十章 五台山「一万文殊」像から蓮華王院千体千手観音菩薩像へ
    • はじめに
    • 一、奝然と五台山「一万文殊」像
    • 二、十世紀末〜十一世紀初頭の一万体画像制作
    • 三、道隆・実資以降の動向
    • 四、蓮華王院千体千手観音像
    • 五、摺仏納入と宋風受容
    • おわりに
  • 結論