サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

	ブックオフ宅本便ページ修正(2017/11/22~12/31)

目次

韓国古代文学の研究

韓国古代文学の研究

  • 岡山 善一郎(著)
  • 第1章 韓国文学史における時代区分
    • はじめに
    • 一 既存の文学史における時代区分とその研究
    • 二 古代の範囲
    • 三 古代と律令社会
    • 四 古代文学と律令思想
    • むすびに
  • 〈歌謡文学〉
  • 第2章 古代歌謡「亀旨歌」
    • 一 亀旨歌とその問題点
    • 二 従来の研究
    • 三 諸伝承との関係
    • 四 呪術と原初的亀旨歌
    • 五 亀旨歌と亀の関係
    • 六 鼻荆郎伝承と祝詞
    • むすびに
  • 第3章 郷歌「献花歌」
    • はじめに
    • 一 従来の研究と問題点提示
    • 二 「献花歌」の類似歌謡の探索と比較考察
    • 三 献花歌と背景譚との関係
    • むすびに
  • 第4章 郷歌「薯童謡」考
    • はじめに
    • 一 「薯童謡」関連記述の再検討
    • 二 童謡と五行思想
    • 三 童謡の東漸
    • 四 武王と善花公主の結婚
    • むすびに
  • 第5章 郷歌「彗星歌」
    • はじめに
    • 一 「融天師彗星歌 真平王代」条の検討
    • 二 「彗星歌」の分析
    • むすびに
  • 第6章 郷歌「兜率歌」
    • はじめに
    • 一 「月明師兜率歌」条の検討
    • 二 天変地変と対唐意識
    • 三 「兜率歌」の分析
    • むすびに
  • 第7章 郷歌と天人感応思想
    • はじめに
    • 一 新羅における天人感応思想
    • 二 郷歌に表れた天人感応思想
    • むすびに
  • 第8章 新羅の詩歌に表れた対唐・対日本意識
    • はじめに
    • 一 新羅の対唐関係
    • 二 新羅の対日関係
    • むすびに
  • 第9章 高麗歌謡「動動」考
    • はじめに
    • 一 日本の「翁舞」の祝禱性
    • 二 「十二月往来」
    • 三 「十二月往来」と「動動」詞
    • 四 頌禱歌舞の東漸
    • むすびに
  • 第10章 高麗歌謡「動動」と奈良豆比古神社の翁舞
    • はじめに
    • 一 奈良豆比古神社と翁舞
    • 二 翁舞の詞章とその機能
    • 三 「とうどうたらり」と「動動たり」
    • むすびに
  • 第11章 韓国の史書に表れた童謡観
    • はじめに
    • 一 高麗時代の童謡観
    • 二 三国時代の童謡観
    • 三 朝鮮王朝時代の童謡観
    • むすびに
  • 〈叙事文学〉
  • 第12章 韓国の王権神話に表れた祥瑞思想
    • はじめに
    • 一 王権神話の記述者の祥瑞意識
    • 二 王権神話の展開と祥瑞思想
    • 三 三国時代と高麗時代における祥瑞思想の展開
    • むすびに
  • 第13章 居陀知と八岐大蛇の比較研究
    • はじめに
    • 一 居陀知譚の形成
    • 二 居陀知譚の変遷
    • 三 八岐大蛇譚
    • 四 八岐大蛇譚の変遷
    • 五 居陀知譚と八岐大蛇譚の比較
    • むすびに
  • 第14章 処容伝承と三輪山伝承
  • 〈民謡文学〉
  • 第15章 カンガンスォルレ考
    • はじめに
    • 一 歌い方と囃子言葉についての再検討
    • 二 歌の再検討
    • 三 朝鮮における男女群衆と歌舞の民俗行事
    • カンガンスォルレの変遷
    • むすびに
  • 第16章 韓国の情恋謡
    • はじめに
    • 一 「情恋謡」における問答体の謡
    • 二 問答体の謡の類型
    • 三 「カンガンスォルレ」の謡との比較
    • 四 古代歌謡との比較
    • むすびに
  • 第17章 日本におけるアリランの受容
    • はじめに
    • 一 日本語によるアリランの研究
    • 二 アリランの受容
    • 三 アリランの本質
    • むすびに
  • 第18章 日本における韓国古典文学研究の現況と展望
    • はじめに
    • 一 韓国・朝鮮の古典文学研究と日本の大学
    • 二 韓国古典文学の翻訳
    • 三 古典文学研究書および文学史類
    • 四 研究会と定期刊行物
    • むすびに(日本での韓国古典文学の展望)

韓国・朝鮮 ランキング

韓国・朝鮮のランキングをご紹介します一覧を見る