サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~9/30)

目次

  • 1 臨床心理学とは何か
    • 1.臨床心理学の定義
    • 2.臨床心理士の訓練
    • 3.臨床心理士の倫理
  • 2 臨床心理学の歴史と展開
    • 1.臨床心理学(clinical psychology)のはじまり−言葉をめぐって−
    • 2.臨床心理学の歴史−その実質をめぐって
    • 3.日本の臨床心理学
  • 3 臨床心理学の近接領域
    • 1.医学
    • 2.哲学
    • 3.芸術(文学・絵画・漫画・音楽・映画等)
    • 4.宗教
    • 5.他の近接領域
  • 4 臨床心理学と精神医学1:統合失調症と気分の障害
    • 1.総論的なことがら
    • 2.統合失調症
    • 3.気分の障害
  • 5 臨床心理学と精神医学2:不安と神経症
    • 1.神経症の概念と分類
    • 2.恐怖や不安が直接症状として観察される疾患
    • 3.不安が独特の形で加工され特有の症状を形成する疾患
  • 6 臨床心理学と精神医学3:ストレスと精神疾患
    • 1.ストレスと精神疾患
    • 2.適応障害とストレス障害
    • 3.心身症
    • 4.摂食障害
  • 7 心のはたらき1:意識と無意識
    • 1.ジークムント・フロイト(Sigmund Freud)
    • 2.外傷理論とカタルシス法
    • 3.病因としての「性愛的なもの」と「防衛」
    • 4.心的リアリティ
    • 5.エディプス・コンプレックス
    • 6.フロイトの深層心理学−夢理論
    • 7.自我・エス・超自我
    • 8.精神分析における「転移」と無意識
  • 8 心のはたらき2:行動論と認知論
    • 1.臨床心理学における行動論と認知論
    • 2.臨床心理学における行動論
    • 3.臨床心理学における認知論
    • 4.おわりに
  • 9 心のはたらき3:イメージと身体
    • 1.こころとからだ
    • 2.身体とイメージ
    • 3.身体イメージを用いた心理療法〜こころと身体の統合〜
    • 4.セックスとジェンダー
  • 10 心のライフ・サイクル
    • 1.ライフ・サイクルという観点
    • 2.ライフ・サイクル論1:フロイトの心理(精神)性的発達論
    • 3.ライフ・サイクル論2:エリクソンの心理・社会的発達論
    • 4.ライフ・サイクル論3:レヴィンソンのライフ・サイクル・四季論
    • 5.おわりに
  • 11 ライフ・サイクル論1:乳幼児期
    • 1.乳幼児期の発達課題と現代乳幼児研究の潮流
    • 2.最初期の母子相互作用の展開と愛着の形成
    • 3.愛着理論から見た乳幼児の人格発達
    • 4.気質(temperament)理論から見た乳幼児期の人格発達
    • 5.長期縦断研究から見た人格発達を保障する初期の要因
  • 12 ライフ・サイクル論2:児童期
    • 1.児童期という時期
    • 2.児童期についての発達理論
    • 3.児童期の特徴と心理的課題
    • 4.児童期に生じる心理的問題
    • 5.児童期の子どもの理解とケア
    • 6.おわりに
  • 13 ライフ・サイクル論3:思春期・青年期
    • 1.思春期・青年期の定義
    • 2.思春期・青年期に顕在化しやすい症状や問題行動
    • 3.岩宮恵子の視座
    • 4.河合隼雄の視座
  • 14 ライフ・サイクル論4:成人期
    • 1.成人期という時期
    • 2.成人期についての発達理論
    • 3.成人前期の心理的課題
    • 4.中年期の心理的課題
    • 5.成人期の心理臨床的援助
    • 6.おわりに
  • 15 ライフ・サイクル論5:高齢期
    • 1.生涯発達心理学と老年研究
    • 2.老年期の知性の特徴と発達
    • 3.老年期の人格と適応
    • 4.喪失の受容と統合性の獲得
  • 16 心理アセスメントとは
    • 1.心理アセスメントとは何か
    • 2.心理診断から心理アセスメントへ
    • 3.心理アセスメントの方法
  • 17 心理アセスメント1:知能検査と発達検査
    • 1.知能検査
    • 2.発達検査
    • 3.知能検査・発達検査を活用する上での留意点
    • 4.おわりに
  • 18 心理アセスメント2:パーソナリティ検査
    • 1.様々な臨床心理検査
    • 2.心理検査の要件
    • 3.様々なパーソナリティ検査
  • 19 心理アセスメント3:神経心理学的検査,評価尺度,そしてテスト・バッテリー
    • 1.神経心理学的検査(neuropsychological test)
    • 2.評価尺度(scale)
    • 3.テスト・バッテリー
  • 20 心理療法1:精神分析と精神分析的心理療法
    • 1.古典的な精神分析療法(Psychoanalysis)
    • 2.精神分析的心理療法(psychoanalytic psychotherapy),あるいは力動的心理療法(dynamic psychotherapy)
    • 3.フロイト以後の精神分析的流れ
    • 4.現状と今後の課題
  • 21 心理療法2:ユング派のアプローチ
    • 1.無意識の自律性(独Autonomie 英autonomy)
    • 2.個性化の過程(独Individuationsprozeß 英individuation process)
    • 3.精神身体症状・人生上の問題・偶然の出会い
    • 4.ユング派心理療法と人類の心のイメージ
    • 5.相互的変容
    • 6.おわりに
  • 22 心理療法3:認知行動療法
    • 1.認知行動療法の歴史
    • 2.行動療法
    • 3.認知療法(cognitive therapy,CT)/認知行動療法(cognitive behavioral therapy,CBT)
    • 4.認知行動療法の基礎理論
    • 5.認知行動療法の実際
    • 6.新世代(第3世代)の認知行動療法
    • 7.まとめ:認知行動療法の基本原則
  • 23 心理療法4:パーソン・センタード・アプローチ
    • 1.クライエント中心療法
    • 2.エンカウンター・グループ
    • 3.パーソン・センタード・アプローチ
  • 24 心理療法5:集団療法
    • 1.集団心理療法,あるいは集団精神療法とは何か
    • 2.集団心理療法と個人心理療法の違い
    • 3.集団心理療法の歴史
    • 4.集団心理療法の必要要件
    • 5.集団心理療法の対象
    • 6.グループの力(治療的因子)について
    • 7.グループ・プロセスの諸相
    • 8.その他の集団心理療法
    • 9.おわりに
  • 25 心理療法6:遊戯療法
    • 1.遊戯療法の定義
    • 2.遊戯療法の構造
    • 3.プレイセラピーの諸学派
    • 4.プレイセラピーの3事例
  • 26 心理療法7:芸術療法
    • 1.芸術療法とは
    • 2.芸術療法の位置づけ〜精神医学・表現病理学と心理学・芸術学との関連〜
    • 3.芸術療法の本質
    • 4.芸術療法の意義
    • 5.芸術療法の目的
    • 6.様々な技法
    • 7.導入の留意点
    • まとめ
  • 27 心理療法8:その他のアプローチⅠ
    • 1.森田療法
    • 2.内観療法
    • 3.動作法
  • 28 心理療法9:その他のアプローチⅡ
    • 1.マインドフルネス
    • 2.マインドフルネスを取り入れる他のアプローチ
  • 29 コミュニティへのアプローチ
    • 1.コミュニティ心理学とコミュニティ・アプローチ
    • 2.コミュニティにおける心理的援助とその役割
    • 3.コミュニティ・アプローチの課題
  • 30 臨床心理学の視座と展望
    • 1.心理アセスメントの視座と展望
    • 2.心理療法の視座と展望