サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

アウトレットブック ポイント2倍キャンペーン(~11/15)

目次

  • 1 成人発達心理学のテーマ
    • 1−1.「発達」について
    • 1−2.成人発達を考える際の原則
    • 2−1.年齢について
    • 2−2.社会時計
    • 3.社会の高齢化
  • 2 成人期の発達モデル
    • 1.発達のモデル
    • 2.生物学的加齢モデル
    • 3.成人発達に関する心理学モデル
    • 4.発達についての社会学的モデル
  • 3 成人発達と加齢の研究法
    • 1−1.発達記述法
    • 1−2.年齢,コホート,測定時期の影響
    • 2.「最も有効な方法」
    • 3.相関研究
    • 4.測定の問題
    • 5.研究倫理の問題
  • 4 運動能力の加齢変化
    • 1.加齢と身体・生理機能
    • 2.加齢に伴う運動能力の変化
    • 3.日本人の体力
  • 5 中年期以降の神経と感覚の変化
    • 1.中枢神経系の変化
    • 2.睡眠
    • 3.感覚の加齢変化
  • 6 注意と記憶
    • 1−1.処理速度と注意
    • 1−2.反応時間
    • 1−3.注意
    • 1−4.注意と加齢の理論
    • 1−5.コンピュータゲームと注意
    • 2−1.記憶
    • 2−2.ワーキングメモリ
    • 3.成人期の長期記憶に対する加齢の影響
    • 4.記憶訓練研究
  • 7 成人の問題解決と知能
    • 1.成人期の問題解決能力の特徴
    • 2.ポスト形式的操作思考
    • 3−1.知能
    • 3−2.成人の知能研究
    • 3−3.成人の知能研究の歴史的視点
    • 4.成人知能に関する訓練研究
    • 5.知恵
  • 8 パーソナリティの発達
    • 1.成人のパーソナリティについての特性論的研究
    • 2.個人的コントロールモデル
    • 3.自我心理学的パーソナリティモデル
  • 9 成人期と人間関係
    • 1−1.長期の人間関係に関する心理学的視点
    • 1−2.愛着理論
    • 1−3.子どもと家族関係
    • 1−4.成人した子どもと親の関係
    • 2.成人期の兄弟との関係
    • 3.祖父母と孫の関係
    • 4.友人関係
  • 10 仕事と引退
    • 1.職業発達理論
    • 2.職業満足
    • 3.仕事と家庭の間の葛藤
    • 4.年齢と職業能力
    • 5−1.定年退職
    • 5−2.引退生活への適応に影響する要因
  • 11 死と死に逝くこと
    • 1−1.死についての技術的視点
    • 1−2.死亡率に関する事実と数値
    • 1−3.死亡率の推移
    • 1−4.死亡率に関する国際的統計
    • 2.死についての文化的視点
    • 3−1.終末期の過程
    • 3−2.死に逝く過程
    • 3−3.死に逝く過程に関する心理学的視点
    • 4−1.死別
    • 4−2.配偶者の死
    • 4−3.他の家族の死
    • 4−4.死別理論
  • 12 サクセスフル・エイジング
    • 1−1.サクセスフル・エイジング
    • 1−2.サクセスフル・エイジングの理論的視点
    • 1−3.主観的幸福感
    • 2.老年スタイル
    • 3.仙厓和尚のサクセスフル・エイジング
    • 4.ライフ・ストーリーを描く
  • 13 天才児たちの老後
    • 1−1.対象者の選抜
    • 1−2.対象者の子ども時代の特徴
    • 1−3.研究離脱者と継続者
    • 2−1.男性の職業歴
    • 2−2.女性の職業歴
    • 3−1.健康状態についての認識
    • 3−2.結婚歴
    • 3−3.職業役割
    • 3−4.家庭内役割
    • 4−1.興味と活動
    • 4−2.価値観と人生目標
    • 4−3.主観的幸福感
    • 4−4.生活満足度
  • 14 30から70まで
    • 1−1.調査対象者
    • 1−2.データの収集方法
    • 2−1.生活スタイルの分類
    • 2−2.40年前の生活スタイルとの対比
    • 3−1.対象者のパーソナリティによる分類
    • 3−2.自我機能尺度とQタイプとの関連性
    • 3−3.人格特性と生活スタイルとの関係
    • 3−4.成人初期のパーソナリティとの関連性
  • 15 ハーバード研究
    • 1−1.老年期の健康,幸福感
    • 1−2.分類基準となった6つの指標
    • 1−3.4種のグループ
    • 2−1.検討された13の要因
    • 2−2.健康的な老年期と関連のあった7つの要因
    • 2−3.「幸福な老年期」との関連が見出せなかった要因
    • 3−1.心的防衛スタイル
    • 3−2.心的防衛のグループ間差