サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2017年間ランキング

【HB】<丸善丸の内本店+ジュンク堂池袋本店>×hontoブックツリー 大切な人に贈るこどもの本(~1/10)

目次

  • 1 舞台芸術の魅力−その原理的・歴史的根源−
    • 1.「舞台芸術」
    • 2.絵画との違い
    • 3.その日その日の微妙な調整
    • 4.「作り手」と「受け手」
    • 5.一体性
    • 6.人と人のつながり
    • 7.人と神とのつながり
    • 8.「山羊の歌」
    • 9.悲劇の誕生
    • 10.ディオニュソスのオルギア
    • 11.テスピス
    • 12.大ディオニューシア祭
    • 13.国家性
    • 14.市民の参加
    • 15.民主主義
    • 16.芸術と宗教・政治
    • 17.舞台芸術の今日的意義
  • 2 オペラの古典−社会との深い関わり−
    • 1.オペラの誕生
    • 2.宮廷文化の一部としてのオペラ
    • 3.《金のリンゴ》
    • 4.《魔法の島の快楽》
    • 5.18世紀ロココの人間的な親密さ
    • 6.19世紀オペラのブルジョワ性
    • 7.馬蹄形の構造
    • 8.中心存在としての観客
    • 9.視線の交わり
    • 10.〈一体性〉の「場」としてのオペラハウス
  • 3 オペラの現在−ヴァーグナーの現代性−
    • 1.ヴァーグナーによる徹底的破壊
    • 2.オペラにおける芸術鑑賞の誕生
    • 3.ドイツ・ロマン派の芸術崇拝
    • 4.総合芸術としてのオペラ
    • 5.ヴァーグナーのオペラの現代における演出
  • 4 バレエの古典
    • 1.バレエと日本
    • 2.宮廷バレエ
    • 3.18世紀バレエ
    • 4.ロマンティック・バレエ
    • 5.クラシック・バレエ
  • 5 バレエの現在
    • 1.バレエの大衆化
    • 2.バレエ・リュス
    • 3.20世紀バレエの3つの流れ
    • 4.形式主義バレエ
    • 5.モダンバレエ
    • 6.演劇的バレエ
    • 7.21世紀のバレエ
  • 6 ダンスの現在−モダンダンスからコンテンポラリー・ダンスへ−
    • 1.「芸術」となったダンス
    • 2.モダンダンス
    • 3.コンテンポラリー・ダンス
  • 7 ミュージカル−その社会性と人間性−
    • 1.ミュージカルの歴史を飾る代表作
    • 2.ミュージカルの社会性
    • 3.《オペラ座の怪人》の興行成績
    • 4.アンドリュー・ロイド=ウェッバー
    • 5.《オペラ座の怪人》の制作スタッフ
    • 6.《オペラ座の怪人》の主役の出演者
    • 7.《オペラ座の怪人》のストーリー
    • 8.原作との違い
    • 9.拒絶される存在との愛
    • 10.拒絶される存在への、あたたかいまなざし
    • 11.《オペラ座の怪人》の根源的魅力
    • 12.ミュージカルとオペラの違い
  • 8 世界の現代演劇−演劇における「20世紀」の意味−
    • 1.演劇の危機−「現代演劇」の時代
    • 2.「芸術的前衛」たちの挑戦
    • 3.〈なにもない空間〉と祝祭性
    • 4.「ポストドラマ演劇」の地平
  • 9 日本の現代演劇−〈近代化〉の彼方に−
    • 1.〈近代〉へ
    • 2.〈近代〉への懐疑−1960年の演劇
    • 3.〈ポスト近代化〉の地平
    • 4.日本におけるポストドラマ演劇
  • 10 日本の伝統芸能−歌舞伎−
    • 1.歌舞伎の400年
    • 2.江戸の大芝居
    • 3.音楽劇と舞踊劇
    • 4.若女形の系譜
    • 5.立役と敵役
  • 11 日本の伝統芸能−能−
    • 1.複式夢幻能とシテ一人主義
    • 2.能面と舞歌二曲
    • 3.鬼と神
    • 4.恋慕の鬼と修羅の鬼
    • 5.狂女物と直面物
    • 6.世阿弥の花と幽玄
  • 12 日本の伝統芸能−人形浄るり文楽−
    • 1.三人遣いの人形
    • 2.義太夫節の浄るり
    • 3.近松門左衛門の浄るり観
    • 4.義太夫節の三味線
  • 13 世界の古典演劇−シェイクスピアは、なぜ「古典」なのか−
    • 1.シェイクスピアが「古典」となるまで
    • 2.ロマン主義の時代
    • 3.ヤン・コットとピーター・ブルックの解釈
    • 4.ハイナー・ミュラーの『ハムレットマシーン』
  • 14 世界の古典演劇−フランス古典主義とディドロ演劇美学−
    • 1.古典主義演劇理論
    • 2.ラシーヌの《フェードル》
    • 3.古典主義演劇理論と《フェードル》の完全一致
    • 4.ギリシア悲劇における〈3つの《単一統一性》の規則〉
    • 5.ディドロの演劇美学−市民劇の提唱−
    • 6.ディドロの演劇実践美学−「役になりきる」ことを超える演劇美学−
  • 15 世界の古典演劇−ギリシア悲劇とアリストテレス演劇美学−
    • 1.悲劇の定義
    • 2.時の《単一統一性》
    • 3.「あわれみ」(同情)と「おそれ」(恐怖)
    • 4.最も見事な悲劇の構成
    • 5.ペリペテイアとアナグノーリシス
    • 6.カタルシスについての諸説
    • 7.「浄化」としてのカタルシス
    • 8.救済と解放
    • 9.芸術の普遍性と哲学性
    • 10.「一切」を全て語らない芸術
    • 11.普遍的本質のミーメーシス
    • 12.《オイディプス王》
    • 13.舞台芸術の魅力