サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 私が22歳で出会いたかった本 ポイント5倍キャンペーン (~5/23)

アウトレットブック ポイント5倍キャンペーン ~5/5

目次

  • 序章 企業会計におけるリスクとリターンの対応関係
    • P−P その接点と成果
    • P−1 リスクとリターンの評価と接点
    • P−2 金融商品にかかるリスクとリターン
    • P−3 金融機関と事業会社の株主と債権者
    • P−4 リスクと「時価」の関係
    • P−5 収益性と健全性の関係
    • P−C その貢献可能性
  • 第Ⅰ部 金融機関におけるリスクマネジメント
  • 第1章 貸倒引当金の設定主体と設定客体そして設定対象の会計的特性
    • 1−P 必要性と必要悪
    • 1−1 リスクテイクと貸倒引当金の関係
    • 1−2 貸倒引当金の設定主体と設定客体の関係
    • 1−3 貸倒引当金の設定主体と設定客体をめぐる個別組合せパターン
    • 1−4 貸倒引当金の設定対象としての貸付金の会計的特性
    • 1−5 貸倒引当金の設定対象としての売掛金の会計的特性
    • 1−C リスクマネジメントあるいはダメージコントロール
  • 第2章 企業継続を前提とした清算価値算定システムとしてのストレステスト
    • 2−P 意図的な故障テスト
    • 2−1 ストレステストの目的とシナリオ
    • 2−2 金融ネットワークとその波及効果
    • 2−3 検査対象金融機関の相違とその背景
    • 2−4 企業継続と清算価値算定システム
    • 2−5 評価基準としての意義と位置づけ
    • 2−C 事前的な非破壊検査としての特性
  • 第3章 ストレステストにおける格付けの役割と関係そして影響
    • 3−P 制度の複雑性と相互依存性
    • 3−1 リスクとリターンそして会計システム
    • 3−2 規制産業における会計システムの役割
    • 3−3 企業会計上のリスクと信用リスクの関連性
    • 3−4 格付けあるいは格付会社の役割と影響力
    • 3−C 契約,価値観そして文化的背景
  • 第4章 広島県信用組合における横領隠蔽事件についての会計分析
    • 4−P 制度的な限界と宿命
    • 4−1 信用組合の組織的特性とその制度
    • 4−2 協同組織金融機関におけるガバナンスの意義と効果
    • 4−3 横領の意義と事情そして背景
    • 4−4 隠蔽の意義と事情そして背景
    • 4−C 組織的な帰結とその背景
  • 第Ⅱ部 不正経理をめぐるリスクマネジメント
  • 第5章 不正経理の不変性と普遍性
    • 5−P 技術論と哲学論
    • 5−1 化粧としての意義
    • 5−2 成功と失敗への対処
    • 5−3 個人と組織の特性
    • 5−4 金銭欲と物欲の会計的本質
    • 5−C 宗教観と倫理観
  • 第6章 不正経理類型化試論とその展開可能性
    • 6−P 確定的定義の困難性
    • 6−1 不正経理にかかる仮説設定とその意義
    • 6−2 不正経理類型化試論の目的と概要
    • 6−3 不正経理をめぐる典型的・代表的な類型
    • 6−4 不正経理をめぐる特異的・変則的な類型
    • 6−C インセンティブの副作用
  • 第7章 不正経理の制度的原因と環境的背景
    • 7−P その不変性と普遍性
    • 7−1 不正経理にかかる制度的原因とそれをめぐる論点
    • 7−2 不正経理にかかる組織的原因とそれをめぐる論点
    • 7−3 不正経理にかかる環境的原因とそれをめぐる論点
    • 7−4 不正経理にかかる会計的原因とそれをめぐる仮定
    • 7−C 会計システムまたは会計情報の意義と効用
  • 第8章 出張費をめぐる不正経理の実態とその制度的背景
    • 8−P その不変性と普遍性
    • 8−1 旅費と宿泊費をめぐる関係とケース・設例
    • 8−2 実費経理と定額経理という会計処理とそれに関係する論点
    • 8−3 実額経理を活用したビジネスモデルの会計学的特性
    • 8−4 利害関係と利害調整の機能と構造そしてそれをめぐる会計問題
    • 8−C 選民意識の表象形態としての不正経理
  • 終章 企業会計ルール運用上の「遊び」の意義と弊害
    • C−P エピソード
    • C−1 機械工学上の定義と意義との相違
    • C−2 ルールの制定趣旨と運用実態の関係
    • C−3 ルール違反とマナー違反の相違
    • C−4 機械的な解釈と弾力的な運用の関係
    • C−C 「遊び」の功罪