サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

目次

  • 序章 禅僧と「外交」の近世
    • はじめに
    • 一 以酊庵輪番制の成立前史
    • 二 東アジアの国際秩序と近世日本
    • 三 本書の問題関心と内容・構成
  • 第Ⅰ部 朝鮮外交機構と以酊庵
  • 第1章 以酊庵と輪番制
    • はじめに
    • 一 以酊庵輪番制に関わる研究史
    • 二 以酊庵の位置と生活
    • おわりに
  • 第2章 以酊庵輪番制考
    • はじめに
    • 一 日朝間の外交文書管掌
    • 二 幕府の出先機関、監察機関としての以酊庵輪番制
    • おわりに
  • 第3章 二つの輪番制
    • はじめに
    • 一 対馬藩における外交文書点検・作成能力
    • 二 東向寺輪番制
    • 三 以酊庵輪番制と清書役中・東向寺輪番僧
    • おわりに
  • 第4章 十八世紀の輪番制廃止論議
    • はじめに
    • 一 以酊庵輪番制廃止の主張
    • 二 議論の推移
    • おわりに
  • 第Ⅱ部 訳官使と朝鮮通信使
  • 第5章 訳官使考
    • はじめに
    • 一 訳官使接待の五つの儀礼
    • 二 幕府と訳官使
    • おわりに
  • 第6章 訳官使の接待空間
    • はじめに
    • 一 訳官使接待の空間構成
    • 二 能興行
    • 三 文化易地聘礼における接待空間
    • おわりに
  • 第7章 朝鮮通信使と以酊庵輪番僧
    • はじめに
    • 一 朝鮮通信使の日記に見える以酊庵僧
    • 二 以酊庵僧の特徴的なすがた
    • おわりに
  • 第8章 朝鮮通信使延聘交渉と梅荘顕常
    • はじめに
    • 一 江戸聘礼延期論
    • 二 延聘を求める書翰
    • 三 延聘交渉と以酊庵
    • おわりに
    • 付論1 朝鮮「信使」と朝鮮「通信使」
  • 第Ⅲ部 漂流と漂流記
  • 第9章 東アジア海域の漂流民送還体制
    • はじめに
    • 一 近世における朝鮮人漂流民の送還
    • 二 近世から近代に至る漂流民送還制度
    • 三 近世的慣行からの離脱
    • おわりに
  • 第10章 江戸時代日本に残された漂流記
    • はじめに
    • 一 漂流の時代と漂流記
    • 二 近世日本人の朝鮮漂流記
    • 三 異なる漂流史料の比較対照
    • おわりに
  • 第11章 薩摩船の朝鮮漂流記
    • はじめに
    • 一 薩摩武士と朝鮮官僚との交流
    • 二 武士と民衆
    • おわりに
  • 第Ⅳ部 モノと言葉
  • 第12章 江戸時代における日本人と朝鮮人の対話
    • はじめに
    • 一 癸未使行録に見える訳官のすがた
    • 二 倭学訳官の能力
    • おわりに
  • 第13章 梅荘顕常と朝鮮
    • はじめに
    • 一 明和通信使との交流
    • 二 以酊庵輪番僧として
    • おわりに
  • 第14章 十八世紀対馬における日朝交流
    • はじめに
    • 一 対馬藩側から見た訳官使
    • 二 金弘祖『海行記』から見た訳官使
    • 三 訳官使に見る日朝交流のすがた
    • おわりに
  • 第15章 日朝間の贈物・誂物
    • はじめに
    • 一 朝鮮からの贈物・取寄物
    • 二 朝鮮への贈物・持出品
    • おわりに
    • 付論2 幕閣の吐露した朝鮮認識と以酊庵僧
  • 終章 日朝外交史上の江戸時代
    • はじめに
    • 一 以酊庵僧の選抜と「大君」号
    • 二 近世的な国際秩序
    • おわりに