サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

エントリー限定!小学館夏休みポイント10倍キャンペーン(~8/19)

目次

  • 序章
    • 1.近世中国語とは何か
    • 2.《紅楼夢》と《儒林外史》を調査する意義
    • 3.研究目的と方法
    • 4.テキスト
  • Ⅰ 文法編
  • 第1章 禁止否定
    • はじめに
    • 1.《紅》《儒》に見られる否定副詞
    • 2.現代語の禁止否定に見られる近世語の影響
    • 3.まとめと今後の課題
  • 第2章 使役・受身表現
    • はじめに
    • 1.中国語の使役・受身表現
    • 2.《紅》《儒》に見られる使役・受身表現
    • 3.現代語に見られる使役・受身表現
    • 4.まとめと今後の課題
  • 第3章 進行・持続表現
    • はじめに
    • 1.持続を表す“了”
    • 2.進行・持続を表す“在+代詞(場所)”
    • 3.まとめと今後の課題
  • Ⅱ 語彙編
  • 第4章 同義並列複合語
    • はじめに
    • 1.同義並列複合語の定義
    • 2.《紅》《儒》に見られる同義並列複合語の比較
    • 3.現代語への継承
    • 4.AB/BAの保存・淘汰に見られる傾向
    • 5.まとめと今後の課題
  • 第5章 接尾辞“−子”“−児”
    • はじめに
    • 1.調査対象と“−子”“−児”を接辞と見なす基準
    • 2.《紅》に見られる“〜子”“〜児”
    • 3.《紅》に見られる“〜子”“〜児”と《儒》に見られる“〜子”
    • 4.《紅》に見られる“〜子”と《儒》に見られる“〜児”
    • 5.現代語との比較
    • 6.まとめと今後の課題
  • 終章
    • 1.近世中国語は現代中国語にどのように継承されているのか
    • 2.今後の課題と展望
  • 付論
  • 付論1 《儒林外史》に見られる“只得”
    • はじめに
    • 1.調査対象
    • 2.会話文に見られる“只得”と“只有”
    • 3.地の文に見られる“只得”と“只有”
    • 4.“只得”と“只有”の使い分けと表現効果
    • 5.まとめと今後の課題
  • 付論2 南京方言に見られる否定副詞“没得”
    • はじめに
    • 1.“没得”の発生およびその分布
    • 2.南京方言に見られる“没得”
    • 3.まとめと今後の課題