サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2017年間ランキング

	ブックオフ宅本便ページ修正(2017/11/22~12/31)

目次

  • 序論 触覚とモダニズム
  • 第一章 後期D・H・ロレンスにおける触覚の意義
    • 一 接触=触覚と身体の真実
    • 二 古代エトルリア文明と触覚的感性
    • 三 「ローマ式敬礼」と触覚の政治
    • 四 セザンヌの古代性、あるいは「りんごのリンゴ性」
  • 第二章 スティーグリッツ・サークルにおける機械、接触、生命
    • 一 スティーグリッツ・サークルの芸術家たちとD・H・ロレンス
    • 二 マックス・ウェーバーと「触覚的親密さ」
    • 三 写真の「機械性」と手という芸術の領域
    • 四 アメリカ、機械、写真
    • 五 スティーグリッツの写真における「女性的なもの」と「原始的なもの」
  • 第三章 ヴァルター・ベンヤミンにおける触覚の批評的射程
    • 一 ベンヤミンにおける二つの触覚
    • 二 「近さの魔法」とエロス
    • 三 触覚的なものと〈原史〉
    • 四 模倣と「手」というトポス
    • 五 翻訳の触覚
  • 第四章 触覚的な時間と空間
    • 一 接触、可逆性、否定性
    • 二 奥行、垂直性、原初性
    • 三 時間・記憶・忘却の触覚性
  • 結論