サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~9/30)

目次

植物バイオテクノロジー

植物バイオテクノロジー (新バイオテクノロジーテキストシリーズ)

  • 池上 正人(著)/ 日本バイオ技術教育学会(監修)
  • 第1章 植物バイテクの基礎
    • 1.1 植物の細胞と組織
    • 1.2 植物細胞の構造と機能
    • 1.3 物質代謝における同化と異化
    • 1.4 植物の生殖、発生と恒常性の維持
    • 1.5 植物ホルモンとその生理作用
    • 1.6 トランスポゾン
    • 1.7 植物ウイルス
    • まとめ
  • 第2章 植物細胞組織培養
    • 2.1 種子植物の細胞組織培養研究の発展
    • 2.2 培地の組成
    • 2.3 不定胚形成の様式
    • 2.4 遊離細胞培養と単細胞培養
    • 2.5 プロトプラストの単離、培養とプロトクローンの利用
    • 2.6 プロトプラストによる細胞融合とその方法
    • 2.7 培養苗の大量増殖
    • 2.8 茎頂培養とウィルスフリー植物
    • 2.9 葯培養、花粉培養と偽受精胚珠培養
    • 2.10 胚培養、胚珠培養と子房培養
    • 2.11 ソマクローン変異体の選抜
    • 2.12 順化
    • 2.13 人工種子
    • まとめ
  • 第3章 植物の形質転換
    • 3.1 Agrobacterium tumefaciensによるクラウンゴール形成機構
    • 3.2 植物の形質転換−アグロバクテリウム法
    • 3.3 アグロバクテリウム法を用いたイネの形質転換
    • 3.4 選択マーカー遺伝子を含まない形質転換植物の作製法
    • 3.5 葉緑体への外来遺伝子導入
    • 3.6 直接遺伝子導入法による植物の形質転換とトランジェントアッセイ
    • 3.7 トランジェントアッセイとレポーター遺伝子
    • 3.8 植物がウイルスから身を守る防御機構−RNAサイレンシング
    • 3.9 遺伝子発現抑制法−アンチセンス法
    • 3.10 遺伝子組換え植物(形質転換植物)
    • 3.11 遺伝子組換え作物の安全性評価
    • 3.12 世界における遺伝子組換え作物栽培の現状
    • 3.13 DNAによる品種・系統識別法
    • まとめ
  • 第4章 ゲノム解析
    • 4.1 cDNAライブラリーの作製とcDNAの解析
    • 4.2 DNA配列にもとづくDNAマーカー
    • 4.3 ゲノムライブラリーの作製
    • 4.4 塩基配列の決定とアノテーション
    • 4.5 遺伝子の並び方を決めるのに用いられるクロモソームウオーキング(染色体歩行)
    • 4.6 遺伝子の単離法
    • 4.7 ゲノム編集
    • 4.8 遺伝子発現解析のためのマイクロアレイ法
    • 4.9 プロテオーム解析
    • 4.10 バイオインフォマティックス
    • まとめ