サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】インプレス ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

目次

  • 第1章 「開かれた学校」を問い直す
    • 第1節 問題の所在
    • 第2節 先行研究の検討
    • 第3節 本研究の課題
  • 第2章 「開かれた学校」への質的なアプローチ
    • 第1節 質的手法の採用と事例選定の条件
    • 第2節 事例の概要と選定の手順
    • 第3節 調査と分析の手順
  • 第3章 ボランティアの陥穽
    • 第1節 障害のある子どもへの対応
    • 第2節 ボランティアとスティグマ
    • 第3節 ボランティアとしての対応
    • 第4節 ボランティアが置かれていた立場
    • 第5節 意図せざる帰結
  • 第4章 ボランティアが担う役割の転換
    • 第1節 明確なニーズ
    • 第2節 スティグマを軽減・解消することの困難性
    • 第3節 ボランティアの優位性とイニシアティブの委譲
    • 第4節 ボランティアによるニーズの再解釈
    • 第5節 〈指導〉から〈支援〉へ
  • 第5章 子ども同士の関係性の転換
    • 第1節 ボランティアを取り巻く状況
    • 第2節 スティグマの軽減・解消に向けた取り組み
    • 第3節 ボランティアとしてのアイデンティティ
    • 第4節 ボランティアが担いうる役割とその限界
    • 第5節 排除から包摂へ
  • 第6章 「開かれた学校」のインパクト
    • 第1節 脆弱な立場
    • 第2節 アイデンティティの獲得
    • 第3節 ネットワークの形成とボランティアの相互補完性
    • 第4節 教師への働きかけ
    • 第5節 ボランティアの可能性
  • 終章 「開かれた学校」の在り方
    • 第1節 本研究で得られた知見
    • 第2節 本研究から示される含意
    • 第3節 本研究の限界と今後の課題