サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

カレンダーポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

目次

  • 序章 『経典釈文』「論語音義」研究の試み
    • 一 陸徳明と『経典釈文』
    • 二 『経典釈文』「論語音義」研究の目的と本書の構成
  • 第一章 『経典釈文』「論語音義」の成書
    • まえがき
    • 一 「序録」に見える『論語』注釈書についての疑問
    • 二 「序録」に見える『論語』注釈書の検討
    • 三 「論語音義」の依拠した『論語』注釈書
    • 四 「論語音義」所引の論語説と皇侃『論語義疏』
    • まとめ
  • 第二章 『経典釈文』「論語音義」を通じてみた『論語鄭玄注』
    • まえがき
    • 一 鄭玄による「魯論読正」記事
    • 二 「論語音義」所引の『論語鄭玄注』
    • まとめ
  • 第三章 『経典釈文』「論語音義」を通じてみた『論語集解』
    • まえがき
    • 一 「論語音義」所引『論語集解』と『論語』諸本比校
    • 二 「論語音義」が依拠した『論語集解』の分析
    • まとめ
  • 第四章 『経典釈文』「論語音義」の修改
    • まえがき
    • 一 「論語音義」に見える「本今作(無)」「今本」「今注」と『論語』諸本との比校
    • 二 「論語音義」に見える「本今」とは
    • 三 集解に「本今」が用いられる場合と用いられない場合
    • 四 経に「本今」が用いられる場合と用いられない場合
    • 五 「論語音義」の所引句が依拠した底本の解明
    • 六 古抄本『論語集解』書き入れの「論語音義」より「本今」を考える
    • まとめ
  • 第五章 日本における経書研究と『経典釈文』の受容
    • (一)藤原頼長の経書研究
    • まえがき
    • 一 藤原頼長と中国
    • 二 頼長の中国研究
    • 三 「講論会」はどのように行なわれたか
    • 四 時代を超えた経書研究
    • まとめ
    • 附 藤原頼長読書記事
    • (二)『経典釈文』と『全経大意』
    • まえがき
    • 一 『全経大意』の構成と『経典釈文』
    • 二 『全経大意』「書目」について
    • 三 『全経大意』「引文」について
    • まとめ
    • (三)鎌倉時代写『論語集解』断簡とその書き入れ
    • まえがき
    • 一 断簡の概要
    • 二 断簡の経注はいかなる系統のテキストか
    • 三 断簡に見える書き入れ−オコト点・声調・音訓
    • 四 断簡に見える書き入れ−摺本
    • 五 断簡に見える書き入れ−「論語音義」
    • まとめ
  • 附論
  • 附論一 定州漢墓竹簡『論語』試探
    • (一)定州漢墓竹簡『論語』について
    • まえがき
    • 一 竹簡『論語』とその概要
    • 二 竹簡『論語』の本文
    • 三 竹簡『論語』「校勘記」の検討
    • 四 竹簡『論語』と『魯論語』『斉論語』『古論語』
    • 五 竹簡『論語』と漢石経『論語』
    • 六 堯曰篇「子曰不知命」章の検討
    • まとめ
    • (二)定州漢墓竹簡『論語』「校勘記」補訂
    • まえがき
    • 凡例
    • 竹簡『論語』「校勘記」補訂本文
  • 附論二 『論語鄭玄注』は日本に伝来したのか
    • まえがき
    • 一 『論語鄭玄注』の日本伝来を考える前提として
    • 二 『論語鄭玄注』の日本伝来についての従来の説
    • 三 『論語鄭玄注』の日本伝来を認めるよりどころ
    • 四 『論語鄭玄注』の存在を疑わせる記録
    • 五 『論語鄭玄注』存在を諸書に探す
    • まとめ