サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

修正:1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0818-22)

目次

  • 第1章 リスクアセスメントの現状及び理論
    • 1.1 リスクアセスメントとは何か
    • 1.2 リスクアセスメントの原則
  • 第2章 リスクアセスメント発展の歴史
    • 2.1 第1世代のリスクアセスメント
    • 2.2 第2世代のリスクアセスメント
    • 2.3 第3世代以後のリスクアセスメント
  • 第3章 少年用サービス水準/ケースマネジメント目録について
    • 3.1 少年用サービス水準/ケースマネジメント目録の構成
    • 3.2 YLS/CMIのリスク得点と仮想事例に基づく臨床像
    • 3.3 スコアリングの基準について
    • 3.4 YLS/CMIの信頼性及び妥当性に関する海外の研究例
  • 第4章 我が国の非行少年を対象としたYLS/CMIを用いた再犯分析
    • 4.1 再犯分析の目的
    • 4.2 再犯分析の分析の方法と手続き
    • 4.3 再犯分析と課題及び仮説検証の結果
  • 第5章 課題についての論考及び少年保護法制への示唆
    • 5.1 非行性の検証について
    • 5.2 再犯とリスク段階の関係について
    • 5.3 より正確なリスク段階の設定について
    • 5.4 施設内処遇の効果検証について
    • 5.5 各領域が再犯に与える影響の分析について
  • 第6章 プログラム評価と効果検証
    • 6.1 プログラム評価
    • 6.2 再犯防止に資するプログラム評価
    • 6.3 犯罪者処遇における効果検証の実際
    • 6.4 効果検証において注意すべき施策上の観点
  • Appendix 生存時間分析の数理
    • A.1 生存関数
    • A.2 ハザード関数
    • A.3 カプランマイヤー推定法
    • A.4 Coxの比例ハザードモデル
    • A.5 決定木による分析
    • A.6 確率関数・確率密度関数・分布関数