サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2017年間ランキング

アウトレットブックポイント2倍キャンペーン  ~12月31日

目次

  • 序章
    • 一.本研究の目的
    • 二.先行研究の整理
    • 三.本研究の課題と方法
  • 第Ⅰ部 教員改良の原点
  • はじめに
  • 第一章 「師匠から教員へ」の過程における教員改良問題の発生
    • 一.「教員」の誕生
    • 二.地域教育改革の主体としての教員−自由民権運動のなかで
    • 三.明治一〇年代前半の教員改良政策の展開−「政治」から「学理」へ
  • 第二章 東京教育会における官立師範学校卒業生の動員
    • 一.東京教育会の組織構造
    • 二.東京教育会の活動実態
    • 三.「自由」教育令期における小学試験法改正への関与
    • 四.教育令期における小学教則編成への関与
  • 第三章 明治一三年東京教育会における教師論
    • 一.東京教育会における教師論の出発点
    • 二.普通教育の擁護者を求めて−明治一三年夏
    • 三.普通教育の推進者を求めて
  • 第四章 東京教育学会から大日本教育会へ
    • 一.東京教育学会の活動実態
    • 二.大日本教育会結成の背景
    • 三.大日本教育会結成に対する期待
  • 第五章 明治期大日本教育会・帝国教育会と指導的教員
    • 一.明治期大日本教育会・帝国教育会の組織
    • 二.明治期大日本教育会・帝国教育会の幹部組織
    • 三.明治期大日本教育会・帝国教育会の組織における指導的教員
  • 第Ⅰ部の小括
  • 第Ⅱ部 国家隆盛を目指した教員資質の組織的向上構想
  • はじめに
  • 第一章 大日本教育会結成期における教員改良構想
    • 一.結成期の『大日本教育会雑誌』における教員関係記事
    • 二.理学・教育学の知識習得と教授法の熟達
    • 三.教員像の転換の兆し
    • 四.教員資質と人件費削減との関係
    • 五.教員の専門性への言及
  • 第二章 明治二三年前後における教員改良構想
    • 一.明治二一〜二四年の『大日本教育会雑誌』における教員関係記事
    • 二.教員の人格的資格および協同
    • 三.「教育者」の一員としての教員
    • 四.教職意義の拡大・深化の試み
  • 第三章 大日本教育会末期の教員改良構想
    • 一.単級教授法研究組合報告の基本的特徴
    • 二.単級教授法論の特徴−高師経由ヘルバルト派教授法の応用
    • 三.単級教授法の担い手としての教員−高度な専門性の要求
  • 第四章 明治期帝国教育会の教員改良構想
    • 一.公徳とは何か
    • 二.公徳養成教材の開発
    • 三.公徳養成指導の資質
  • 第五章 教育勅語解釈に基づく教員改良構想
    • 一.『聖諭略解』における教育勅語解釈
    • 二.『訂正増補聖諭略解』における教育勅語解釈
  • 第Ⅱ部の小括
  • 第Ⅲ部 教員講習による学力向上・教職理解の機会提供
  • はじめに
  • 第一章 夏季講習会による教員講習の開始
    • 一.明治二四〜二六年における夏季講習会の開催
    • 二.高等教育機関の学者による最先端の講習内容
    • 三.夏季講習会の本当のねらい
  • 第二章 大日本教育会による教員講習の拡充
    • 一.「講義」から「学術講習会」へ
    • 二.明治二七〜二九年の夏期講習会の実態
    • 三.学校教員対象の各種講義の開講
  • 第三章 帝国教育会結成直後の教員講習
    • 一.「学術講習会」から「学術講義会」へ
    • 二.夏期講習会の展開
  • 第四章 明治期帝国教育会における教員講習の展開
    • 一.会員の期待に支えられた教員講習の拡充
    • 二.教員講習の拡充・展開
    • 三.講習内容の概要−教育学講師に注目して
  • 第五章 帝国教育会による教員講習の拡充
    • 一.中等教員講習所の設置と運営
    • 二.中等教員講習所における講習内容とその結果
  • 第Ⅲ部の小括
  • 第Ⅳ部 輿論形成・政策参加による自己改良への教員動員
  • はじめに
  • 第一章 討議会における教員の動員
    • 一.大日本教育会における討議会開催の準備
    • 二.討議会「児童ニ銭ヲ持タシムル利害如何」
    • 三.討議会「小学ニ於テ男女共学ノ可否」
  • 第二章 「研究」の事業化過程
    • 一.「研究」の規定背景
    • 二.明治二一年五月改正規則の「研究」規程
    • 三.部門会議における「研究」の方法
  • 第三章 「研究」の事業化における西村貞の理学観
    • 一.西村貞の大日本学術奨励会構想
    • 二.西村貞の理学観
    • 三.西村貞と大日本教育会改革
  • 第四章 研究組合の成立
    • 一.教育学術研究と高等師範学校
    • 二.明治二六年一二月における大日本教育会改革
    • 三.大日本教育会研究組合の成立過程
    • 四.研究組合における構想の実現
  • 第五章 全国教育者大集会の開催背景
    • 一.明治二〇年代初頭の教育社会における輿論形成体制
    • 二.大日本教育会の輿論形成体制の問題
    • 三.大日本教育会の方針転換−地方教育会との連携
  • 第六章 学制調査部の「国民学校」案
    • 一.結成期帝国教育会の研究調査組織
    • 二.学制調査部における「国民学校」案の成立
    • 三.初等教育改革案としての「国民学校」案
  • 第七章 全国小学校教員会議の開催
    • 一.全国小学校教員会議の開催
    • 二.小学教育調査部と全国小学校教員会議
    • 三.第一回全国小学校教員会議の実態とその意義
  • 第Ⅳ部の小括
  • 結章 明治期大日本教育会・帝国教育会の教員改良とは何か
    • 一.本研究の結論
    • 二.残された課題

教育政策・歴史・事情 ランキング

教育政策・歴史・事情のランキングをご紹介します一覧を見る