サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

8/1【HB】最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン(~8/31))

目次

  • 序論
  • 第一章 神林長平の作家性と作品の構造分析〜『アンブロークン アロー 戦闘妖精・雪風』と『ぼくらは都市を愛していた』〜
    • 一 神林長平について
    • 二 『アンブロークン アロー 戦闘妖精・雪風』
    • 三 『ぼくらは都市を愛していた』
  • 第二章 登場人物の自律性〜『アンブロークン アロー 戦闘妖精・雪風』のメタフィクション性〜
    • 一 テクスト化される意識
    • 二 神的存在に示す人間の自律性
    • 三 登場人物の自律性
    • 四 「登場人物の自律性」の問題点
  • 第三章 PABという人格像〜「兎の夢」と『帝王の殻』におけるコミュニケーションの代理人としての人格複製機械〜
    • 一 PABの存在する社会
    • 二 「兎の夢」におけるPAB
    • 三 『帝王の殻』におけるPAB
    • 四 遠隔コミュニケーションにおける代理人
  • 第四章 コミュニケーション空間としてのインターネット
    • 一 無価値な言説空間〜「自・我・像」における否定的な視点〜
    • 二 可能性を秘めた人類の集合意識〜「いま集合的無意識を、」における評価の反転〜
    • 三 現実の拡張と適応する身体〜『だれの息子でもない』における独自の視点の展開〜
    • 四 新たなるコミュニケーションの場
  • 第五章 雪風再考
    • 一 読み替えにより見出されるコミュニケーションモデル〜『戦闘妖精・雪風』〜
    • 二 コミュニケーションモデルの解体〜『グッドラック 戦闘妖精・雪風』〜
    • 三 コミュニケーションモデルの反転とコミュニケーション主体としての在り方〜『アンブロークン アロー 戦闘妖精・雪風』〜
    • 四 コミュニケーションにおける意識の役割
  • 第六章 意識とは何か〜『ぼくらは都市を愛していた』における意識の在り方〜
    • 一 観念的な生を保証する都市空間
    • 二 意識野、〈都市〉、インターネットという言語世界
    • 三 意識主体の在り方
    • 四 多層的な虚構の生
  • 結論