サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0922-28)

目次

  • 第1章 高葛藤化する面会交流紛争の課題
    • 第1節 面会交流の強制と援助の狭間に見えるもの−制裁は,援助制度の現実とのバランスを−
    • 第2節 共同監護論の光と影
    • 第3節 面会交流原則的実施方針に対する疑問−心理学的知見の教条化を排した実務運用はどうあるべきか−
    • 第4節 高葛藤事案における代理人弁護士の任務
    • 第5節 面会交流至上主義への懸念−福岡家裁平成26年12月4日審判の意味するもの−
  • 第2章 手続保障論の課題
    • 第1節 子ども代理人による三面関係の手続保障
    • 第2節 調査官調査に対する手続保障−「調査ブラックボックス」現象の克服−
  • 第3章 子の引渡手続論の課題
    • 第1節 利用者のための引渡強制システム
    • 第2節 人身保護法による救済の復活の需要
    • 第3節 子の引渡し執行の実効性(裁判例評釈)−東京高決平成24年6月6日判時2152号44頁−
  • 第4章 (補論)時代の要求としての子どもの養護
  • 終章 子の監護をめぐる高葛藤紛争解決の理念と手続に関する私見の総括