サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

	ブックオフ宅本便ページ修正

目次

  • 序章 文化遺産をめぐるローカルとグローバル
    • 1 グローバルな現象としての文化遺産
    • 2 文化の管理・保全と所有の概念
    • 3 文化遺産と多様な次元の利害集団の関係性
    • 4 トルコにおける文化遺産をめぐる問題
    • 5 「ノンサイト」なフィールドワーク
    • 6 本書の構成
  • 第1章 2種類の「トルコ人」
    • 1 はじめに
    • 2 トルコにおける文化遺産保護に関する法制度の歴史
    • 3 文化遺産保護と古美術品取引に関する現在の法制
    • 4 古美術品の国外流出の問題
    • 5 考古学的な発見の文脈における場所の重要性
    • 6 「発見された場所」としてのトルコ
    • 7 「密売人」と合法な個人コレクターの対比
    • 8 過去への「愛」を通した保護
    • 9 文化遺産を守ることとその空間的境界
    • 10 「発見された場所」と文化遺産の保護
  • 第2章 トルコ人とトロイ人−文化遺産と国民国家の「国土」
    • 1 はじめに
    • 2 国民国家の「国土」の形成と文化遺産
    • 3 現代トルコ・ナショナリズムとアナトリア
    • 4 オスマン帝国社会の多文化的状況の抹消
    • 5 トルコ人とヒッタイト人
    • 6 「青きアナトリア」
    • 7 トロイ人の子孫としてのトルコ人
    • 8 均質ではない「国土」
  • 第3章 「歴史はその場所でもっとも正しく理解される」−トルコにおける文化遺産の返還問題
    • 1 はじめに
    • 2 文化遺産をめぐる議論における「所有」
    • 3 文化遺産の所有と「場所」
    • 4 国外に流出した文化遺産の返還の取り組み
    • 5 「クロイソス王の財宝(Karun Hazinesi)」の返還
    • 6 ペルガモンのゼウス祭壇の返還運動
    • 7 「休息するヘラクレス」像の結合
    • 8 「石はそこにあるからこそ重みがある(Taş yerinde ağırdır)」
    • 9 「場所」「民族性」と文化遺産の返還
    • 10 「発見された場所」と、文化遺産をめぐる問題の国際性
  • 第4章 自明の理としての「保護」
    • 1 はじめに
    • 2 UNESCOと「文化の多様性(Cultural Diversity)」
    • 3 UNESCOの文化観・文化遺産概念とその問題
    • 4 文化遺産をめぐる「グローバル」と「ローカル」の対立
    • 5 文化遺産の保護が作り出すヒエラルキー
    • 6 自明の理としての「保護」
  • 第5章 状況に応じた文化遺産の保護と破壊
    • 1 はじめに
    • 2 文化遺産概念と保護と破壊の区別
    • 3 トルコにおける開発事業による文化遺産の破壊
    • 4 水没寸前の遺跡からのモザイク画の発見
    • 5 国外での報道をきっかけとしたモザイク画への関心の高まり
    • 6 文化遺産に対する所有意識とモザイク画の保護
    • 7 「破壊」を展示する
    • 8 「ジプシーの少女」とその不完全性
    • 9 文化遺産の破壊と保護の関係

文化財・文化政策 ランキング

文化財・文化政策のランキングをご紹介します一覧を見る