サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 編集者がオススメする他社の本!(~12/10)

目次

  • まえがき
  • 序章 夏目漱石と私
    • 夏目漱石との出会い
    • 十七歳の『こゝろ』体験
    • 『こゝろ』論争の行方
    • 『漱石研究』と「九条の会」
    • 百年で読み直す漱石小説
  • 一章 「軍国主義」と対峙した生涯
    • 一九一六年の『点頭録』
    • 徴兵制と「送籍」
    • 「日英同盟」から日露戦争へ
  • 二章 帝国主義戦争下での作家的出発
    • はじめての小説としての初期三部作
    • 『文学論』の理論と実践
    • 「セージ」という同音異義語
    • 読者論としての『文学論』
    • 皮膚の色としての猫たちの名前
    • 「新大陸発見」という暴力の真相暴露
    • デル・サルトとダ・ヴィンチの時代
  • 三章 日露戦争後文学を担う新聞小説作家誕生
    • 漱石の朝日新聞入社
    • 戦争と新聞記者
    • 入社第一作『虞美人草』
    • 『坑夫』と『夢十夜』
    • 『三四郎』における日露戦争の傷跡
    • 妹たちの運命と兄の引越し
    • 『それから』における日露戦後経済と新聞
    • 『門』における「韓国併合」の影
  • 四章 短篇を重ねた長篇小説としての後期三部作
    • 就職先としての植民地
    • 「高等遊民」としての須永とその叔父
    • 結婚における「人格」と「愛」
    • 『こゝろ』における「時勢」と「個人」
  • 五章 「自己本位」の文学
    • 第一次世界大戦への参戦と「私の個人主義」
    • 『道草』における記憶の蘇り方
  • 六章 生徒の感想とそれへの応答
    • 生徒の感想文から
    • 感想文に寄せて
  • 夏目漱石略年表
  • あとがき