サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】インプレス ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

目次

  • 第1章 造形教育の目的と内容
    • 1.造形を学ぶねらい−美術教育に生かす
    • 2.表現活動と鑑賞活動(えがく・つくる・みる活動)の内容と方法
    • 3.子どもの表現と大学での実技体験
    • コラム1 図工・美術科の魅力〜楽しさを伝える楽しい書き方〜
  • 第2章 絵画
    • 1.絵具の仕組みと特徴
    • 2.見て描く1−サカナを描く
    • 3.見て描く2−風景、自然等
    • 4.見て描く3−自画像
    • 5.見て描く4−観察画 パイナップル先生
    • 6.思いを描く−心象表現
    • 7.抽象的に描く1−形や色を探る
    • 8.抽象的に描く2−描く行為の原点から
    • 9.絵画の材料・技法1−鉛筆等による描写
    • 10.絵画の材料・技法2−水彩画
    • 11.絵画の材料・技法3−アクリル表現
    • 12.絵画の材料・技法4−クレヨン・パス・コンテの表現
    • 13.絵画の材料・技法5−油彩の表現(1)プリマ技法
    • 14.稔画の材料・技法6−油彩の表現(2)グリザイユとグレージングによる効果
    • 15.絵画の材料・技法7−油彩の表現(3)ミクストメディアの表現、実践例
    • 16.絵画の材料・技法8−日本画の表現
    • 17.絵画の材料・技法9−墨の表現「基礎編」
    • 18.絵画の材料・技法10−墨の表現「発展編」
    • コラム2 形や色の冒険
  • 第3章 版画
    • 1.紙版画−厚紙を切る・貼る・刷る
    • 2.木版画の技法
    • 3.スチレン版画
    • コラム3 いろいろな版画の表現
  • 第4章 彫刻
    • 1.彫刻の材料・技法1−土、モデリングとカービング等
    • 2.彫刻の材料・技法2−木・石と材料・用具・基本技法
    • 3.彫刻の材料・技法3−多様な材料、表現の方法
    • 4.具象彫刻1−手や顔の表現、野菜や果物の表現等
    • 5.具象彫刻2−人体の表現、動物の表現等
    • 6.抽象彫刻−「心地よい形」「風のイメージ」
    • 7.環境彫刻−野外彫刻の活用、パブリックアートを提案してみよう!
    • 8.土で表現する−人物、動物のテラコッタ等
    • 9.木を彫る−木彫の表現 実践例「鳥をつくる」
    • 10.彫刻・レリーフ−凹凸で表す 塊や質感の表現、実践例
    • 11.石を削る−石彫
    • 12.石膏でつくる−型取り
    • コラム4 塑造の楽しみ
  • 第5章 デザイン・映像メディア表現
    • 1.色や形の発見−画面構成と立体デザイン
    • 2.カタチがうつる・カタチをうつす
    • 3.ファッションや装飾−おしゃれなデザインを工夫する
    • 4.発想をかたちに−絵やイラストとして表現する
    • 5.生きものフォントをつくろう−イラスト文字をデザイン
    • 6.美しく楽しく示す−マーク等
    • 7.目のトリック−トリック・アートの世界
    • 8.ポスターやリーフレット−表現のポイント
    • 9.立体構成
    • 10.部屋を天井から見てみよう−一点透視の遠近法
    • 11.色みつけ−色彩の基礎、色遊び、配色等
    • 12.モダンテクニックとその活用
    • 13.モダンテクニックを活用した紙芝居づくり
    • 14.写真の表現−カメラの撮影方法、写真表現の鑑賞
    • 15.マンガ・イラスト的表現
    • 16.手づくりのアニメーション−コマ撮りで写真を動かす
    • 17.アニメーション・動画の表現
    • 18.コンピュータの活用
    • コラム5 デザインのこころ
  • 第6章 工作・工芸
    • 1.紙でつくる1−切る・折る・組み合わせる活動
    • 2.紙でつくる2−ポップアップカード作り
    • 3.紙でつくる3−紙紐と和紙で作る ランプシェード
    • 4.木の魅力と素材としての特徴
    • 5.木工の道具1−のこぎりで木を切る
    • 6.木工の道具2−げんのうでくぎをうつ
    • 7.木でつくる1−発想を生かした木の造形
    • 8.木でつくる2−おもちゃ、木工の広がり
    • 9.軽く、柔らかい材料でつくる−ポリエチレンの袋やテープ
    • 10.織物−自作の機(はた)で布を織る
    • 11.仮面を作る
    • 12.陶芸の魅カ−粘土(陶土)から焼き物への道程
    • 13.土でつくる−陶芸の基本、手順や注意点
    • 14.飾りをつくる−レザークラフト・七宝焼
    • 15.モザイクで表す
    • 16.金属工芸の教材としての可能性について
    • 17.金属でつくる1−鍛造によるカトラリー制作
    • 18.金属でつくる2−打ち出しによるブローチ制作
    • 19.金属でつくる3−アルミ板を用いての打ち込み象嵌による加飾制作
    • コラム6 材料をとらえる視線
  • 第7章 鑑賞
    • 1.みる活動・いろいろな鑑賞活動−作品をみることで育つもの
    • 2.比較をして見る、対話をして見る−鑑賞の方法
    • 3.現代美術の意図を探る
    • 4.美術鑑賞学習の方法について
    • 5.鑑賞から表現へ−美術作品の模倣・引用から
    • 6.体験的な鑑賞−模写的な制作を通して
    • 7.学校美術館の試み−作品の展示とギャラリートーク
    • 8.手で触れて楽しむ−美術作品や材料の触覚的な鑑賞体験
    • コラム7 みる活動のすすめ
  • 第8章 社会への広がり
    • 1.美術館の活用1−鑑賞教育
    • 2.美術館の活用2
    • 3.ものづくり教室−陶芸教室等の実践例
    • 4.アートによる交流−地域との連携、作家とのコラボレーション
    • 5.地域の特色を生かす−地域の文化、伝統、自然、人材の活用
    • 6.地域にひろがる創造の種
    • 7.生涯学習への展望−アートセラピーと造形
    • コラム8 図画工作・美術の学習内容の活用