サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

目次

  • 序章 自然主義文学とセクシュアリティ
    • 1 自然主義文学と〈性〉
    • 2 セクシュアリティの近代
    • 3 自然主義文学と性欲学
    • 4 〈性的現象〉としての文学
    • 5 〈性欲〉から〈変態性欲〉へ
    • 6 各章の要旨
  • 第Ⅰ部 自然主義文学と欲望の問題系
  • 第1章 恋する詩人の死と再生
    • 1 語り手の「少女小説」批判
    • 2 「少女病」における恋愛と創作
    • 3 恋する詩人
    • 4 性欲の病い、青年の病い
    • 5 イニシエーションの擬制
  • 第2章 〈少女〉という快楽
    • 1 〈恋愛〉の発見/〈少女〉の発見
    • 2 〈少女〉の誕生と〈処女〉の価値
    • 3 〈少女〉という快楽装置
    • 4 「少女病」という新しい欲望
  • 第3章 生殖恐怖?
    • 1 田山花袋の描いた夫婦
    • 2 「罠」における生殖嫌悪
    • 3 明治時代の新しい夫婦観
    • 4 性科学における夫婦観
    • 5 愛情/生殖/イデオロギー
    • 6 自然主義文学と「本能」
    • 7 「生殖」「本能」から逃亡する男たち
  • 第4章 『独歩集』における性規範
    • 1 自然主義文学の〈起源〉としての国木田独歩
    • 2 欲望はどこからくるのか
    • 3 性的欲望は内在する
    • 4 欲望の語られ方
    • 5 自然主義の中の独歩
  • 第Ⅱ部 性欲・感傷・共同体
  • 第5章 〈告白〉と「中年の恋」
    • 1 「蒲団」における〈告白〉
    • 2 「中年の恋」の流行
    • 3 「新しい恋」と「蒲団」
    • 4 婚姻外性交と処女性への規制
    • 5 事後的に語りなおされる欲望
    • 6 「中年の恋」と「厭妻的小説」
    • 7 「中年の恋」対「青年の恋」
  • 第6章 田山花袋「蒲団」と性欲描写論争
    • 1 〈性〉を語る特権
    • 2 性欲描写論争について
    • 3 〈性〉を語ることの条件
    • 4 読者と禁欲
    • 5 性欲描写論争、その後
    • 6 「蒲団」−「文学者」と「新しい恋」
  • 第7章 日露戦争後の文学と性表現
    • 1 戦後的現象としての〈性〉と文学
    • 2 日露戦後の自然主義文学のイメージ
    • 3 田山花袋「蒲団」と〈煩悶〉の時代
    • 4 〈女々しい〉文学
    • 5 〈性欲〉に煩悶する時代と〈感傷〉の共同体
  • 第8章 自然主義の女
    • 1 女弟子が「女性作家」になるとき
    • 2 「ある女の手紙」について
    • 3 女弟子の告白
    • 4 自然主義教育
    • 5 自然主義の女という「私」
    • 6 自然主義的恋愛教育
    • 7 師匠、女弟子、そして自然主義
    • 8 〈真実〉をめぐる闘争
  • 第Ⅲ部 自然主義と権力・メディア・セクシュアリティ
  • 第9章 〈発禁〉と女性のセクシュアリティ
    • 1 発売禁止について
    • 2 「都会」裁判−「姦通」の問題系
    • 3 スキャンダルとしての女性−「伊東中将姦通顚末」
    • 4 小説「都会」における疑惑と欲望
    • 5 猥褻−隠喩としての女性のセクシュアリティ
  • 第10章 猥褻のシノニム
    • 1 「先生の鼻に蒲団の蚤が飛び」−ある漫画、あるいは、自然主義文学の読まれ方
    • 2 「教へぬ子も知つて居る自然主義」−諷刺漫画雑誌について
    • 3 「出歯亀に衣着せたが自然主義」−諷刺漫画雑誌の中の自然主義
    • 4 「今更のやうと西鶴笑つて居」−「滑稽界」について
    • 5 「自然主義鬼門の方は司法なり」−「滑稽界」の自然主義批判
    • 6 〈猥褻〉の快楽
  • 第11章 女形・自然主義・性欲学
    • 1 女形はジェンダーの越境か
    • 2 演劇改良運動期・男女混合演劇期の女形論
    • 3 新劇創始期における女形論
    • 4 日英博覧会と女形
    • 5 照らし出される女形の身体
    • 6 性の病理/倒錯の美としての女形
    • 7 女形と自然主義リアリズム
    • 8 女形のゆくえ
  • 第12章 女装と犯罪とモダニズム
    • 1 正常/異常の境界線
    • 2 「秘密」における女装とセクソロジー
    • 3 女装と犯罪
    • 4 消費される女装
    • 5 「秘密」からピス健事件へ