サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

修正:1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0818-22)

目次

ブラディ ジェスパーセン一般化学 上

ブラディ ジェスパーセン一般化学 上

  • N.D.Jespersen(著)/ A.Hyslop(著)/ J.E.Brady(著)/ 小島 憲道(監訳)/ 小川 桂一郎(訳)/ 錦織 紳一(訳)/ 村田 滋(訳)
  • 0.化学史概説
    • 0・1 化学の重要な概念
    • 0・2 超新星と元素
    • 0・3 元素と地球
    • 0・4 ドルトンの原子説
    • 0・5 原子の内部構造
    • コラム0・1 原子と分子を見ながら操作する
    • コラム0・2 質量分析計と原子量の実験的決定
    • コラム0・3 原子量は変化している
    • コラム0・4 同位体比が犯罪の解明に役立つ
  • 1.科学的測定
    • 1・1 法則と理論:科学的方法
    • 1・2 物質とその分類
    • 1・3 物理的および化学的性質
    • 1・4 物理的および化学的性質の測定
    • 1・5 測定の不確かさ
    • 1・6 次元解析
    • 1・7 密度と比重
    • コラム1・1 密度とワイン
  • 2.元素,化合物,および周期表
    • 2・1 周期表
    • 2・2 金属,非金属,および半金属
    • 2・3 分子と化学式
    • 2・4 化学反応と化学式
    • 2・5 イオン化合物
    • 2・6 イオン化合物の命名法
    • 2・7 分子化合物
    • 2・8 分子化合物の命名法
  • 3.モルと化学量論
    • 3・1 物質量とアボガドロ定数
    • 3・2 物質量,式量,および化学量論
    • 3・3 化学式と組成百分率
    • 3・4 実験式と分子式の決定
    • 3・5 化学量論と化学反応式
    • 3・6 限定反応物
    • 3・7 理論収量と百分率収量
    • コラム3・1 燃焼分析
  • 4.水溶液における反応
    • 4・1 溶液
    • 4・2 電解質と非電解質
    • 4・3 イオン反応の化学反応式
    • 4・4 酸と塩基
    • 4・5 酸・塩基の命名法
    • 4・6 メタセシス反応(二重置換反応)
    • 4・7 モル濃度
    • 4・8 溶液の化学量論
    • 4・9 滴定と化学分析
    • コラム4・1 苦痛の析出物:腎臓結石
    • コラム4・2 硬水とそれがひき起こす問題
  • 5.酸化還元反応
    • 5・1 酸化還元反応
    • 5・2 酸化還元反応の釣合
    • 5・3 酸化剤としての酸
    • 5・4 金属の酸化還元反応
    • 5・5 酸化剤としての酸素分子
    • 5・6 酸化還元反応の化学量論
    • コラム5・1 銀を磨く簡単な方法
  • 6.エネルギーと化学変化
    • 6・1 エネルギー:仕事をする能力
    • 6・2 熱,温度,内部エネルギー
    • 6・3 熱の測定
    • 6・4 化学反応のエネルギー
    • 6・5 熱,仕事,熱力学第一法則
    • 6・6 反応熱
    • 6・7 熱化学方程式
    • 6・8 ヘスの法則
    • 6・9 標準生成エンタルピー
    • コラム6・1 水,気候,身体の“熱のクッション”
    • コラム6・2 暴走反応:熱力学の重要性
  • 7.量子力学における原子
    • 7・1 電磁波の放出
    • 7・2 輝線スペクトルとリュードベリの式
    • 7・3 ボーアの理論
    • 7・4 量子力学モデル
    • 7・5 原子中の電子の量子数
    • 7・6 電子スピン
    • 7・7 エネルギー準位と基底状態の電子配置
    • 7・8 周期表と基底状態の電子配置
    • 7・9 原子軌道:形状と方向
    • 7・10 周期表と元素の特性
    • コラム7・1 電子顕微鏡
    • コラム7・2 光電子分光法
  • 8.化学結合の基礎
    • 8・1 結合の形成におけるエネルギーの必要条件
    • 8・2 イオン結合
    • 8・3 オクテット則とイオンの電子配置
    • 8・4 ルイス記号:価電子を追跡する
    • 8・5 共有結合
    • 8・6 結合の極性と電気陰性度
    • 8・7 ルイス構造
    • 8・8 共鳴構造
    • 8・9 炭素の共有結合化合物
    • コラム8・1 太陽光と皮膚がん
  • 9.結合と構造の理論
    • 9・1 五つの基本分子幾何構造
    • 9・2 分子形状とVSEPRモデル
    • 9・3 分子構造と双極子モーメント
    • 9・4 原子価結合理論
    • 9・5 混成軌道と分子構造
    • 9・6 混成軌道と多重結合
    • 9・7 分子軌道理論の基本
    • 9・8 非局在分子軌道
    • 9・9 固体中の結合
    • 9・10 元素の同素体の結合
    • コラム9・1 グラフェンとエレクトロニクスの将来
  • 10.気体の性質
    • 10・1 気体の分子観察
    • 10・2 圧力の測定
    • 10・3 気体の法則
    • 10・4 気体の体積を用いる化学量論
    • 10・5 理想気体の法則
    • 10・6 ドルトンの分圧の法則
    • 10・7 気体分子運動論
    • 10・8 実在気体
    • コラム10・1 同位体分離と核エネルギー
  • 11.分子間力,液体,および固体の性質
    • 11・1 分子間力
    • 11・2 分子間力と物理的性質
    • 11・3 状態変化と動的平衡
    • 11・4 液体と固体の蒸気圧
    • 11・5 液体の沸点
    • 11・6 エネルギーと状態変化
    • 11・7 状態図
    • 11・8 ルシャトリエの原理と状態変化
    • 11・9 モル蒸発エンタルピーの決定
    • 11・10 結晶の構造
    • 11・11 固体の構造決定
    • 11・12 結晶の種類と物理的性質
    • コラム11・1 カフェイン抜きのコーヒーと超臨界二酸化炭素
    • コラム11・2 巨大結晶
  • 12.溶液の物理的性質
    • 12・1 分子間力と溶液の生成
    • 12・2 溶解エンタルピー
    • 12・3 溶解度の温度依存性
    • 12・4 ヘンリーの法則
    • 12・5 濃度の単位
    • 12・6 束一的性質
    • 12・7 不均一混合物
    • コラム12・1 逆浸透による水の浄化