サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0922-28)

目次

フランツ・シューベルト あるリアリストの音楽的肖像

フランツ・シューベルト あるリアリストの音楽的肖像 (叢書ビブリオムジカ)

  • ハンス=ヨアヒム・ヒンリヒセン(著)/ 堀 朋平(訳)
  • 第一章 シューベルトのウィーン
    • 音楽都市ウィーン
    • 創造の背景としての友人サークル
    • 自由に創造した最初の作曲家?
    • ビーダーマイアーとフォアメルツのあいだで−音楽における交際の文化
  • 第二章 最初のチャレンジと早熟
    • 諸ジャンルの体系的制覇
    • 最初のトレードマーク−シューベルト歌曲なるもの
    • 初期交響曲とその背景
  • 第三章 危機、突破、そして確信
    • ベートーヴェン危機
    • 豊かな断片
    • 未完成における完成
  • 第四章 めぐまれぬ愛−音楽劇
    • ジングシュピールから「英雄的・ロマン的オペラ」へ
    • 舞台での成功と挫かれた希望
  • 第五章 公のための作曲
    • 大交響曲への道
    • 室内楽と交響曲
    • 委嘱と信仰告白のあいだで−宗教声楽曲
  • 第六章 若き日の後期作品
    • 大規模な連作歌曲
    • 作曲の新天地、そして最後のプロジェクト
    • 後年の自負−シューベルトと出版社
  • エピローグ シューベルト受容