サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

SS アウトレットブックポイント2倍キャンペーン ~1/31

目次

  • 序論
    • 一 はじめに−沈黙からみえる世界
    • 二 言語表象と単独性
    • 三 「身分け言葉」とアクチュアルな言語活動
    • 四 「病いの語り」の孤独
    • 五 オーディット・カルチャーと〈あなた〉不在の物語
    • 六 本書の構成と調査の背景
  • 第Ⅰ部 パーランパリカ・ウェダカマという対象
  • 第一章 受け継がれる医療実践
    • 一 「個」の医療
    • 二 「薬の家」と伝承=パランパラーワ
    • 三 治療の分野
    • 四 治療家たちの姿
  • 第二章 パーランパリカ・ウェダカマの位置づけ
    • 一 はじめに
    • 二 スリランカの概況
    • 三 スリランカにおける医療の歴史
    • 四 伝統医療のアーユルヴェーダ化
    • 五 伝統医療保護政策におけるパーランパリカ・ウェダカマ
    • 六 パーランパリカ・ウェダカマの二極化と生存戦略としてのアーユルヴェーダ
    • 七 町の「検査屋」と複数の医療を利用する患者たち
  • 第三章 治療家たちの「顔」
    • 一 はじめに
    • 二 棚田の村のウェダ・マハットゥヤー−労働交換に埋め込まれた診療(スムドゥさん)
    • 三 村の救命救急士−ヘビの毒抜きウェダ・マハットゥヤー(ニルマルさん)
    • 四 生業と結びついた診療−ワッタの村のウェダ・マハットゥヤー(カヴィットさん)
    • 五 祈りとともにある診療−信仰熱心なウェダ・ハーミネー(クスマさん)
    • 六 薬ビジネスを展開するウェダ・マハットゥヤー(タミンダさん)
    • 七 キャドゥム・ビンドゥム(整骨治療)を受けてみた
  • 第Ⅱ部 治療効果の由来
  • 第四章 アトゥ・グナヤ(手の効力)の由来
    • 一 はじめに
    • 二 アトゥ・グナヤ(手の効力)
    • 三 「手」の診療と処方薬づくり
    • 四 月の満ち欠けと薬草のグナヤの所在
    • 五 マントラの朗誦とヤカー
    • 六 考察−媒介者としての治療家
  • 第五章 布施としての診療
    • 一 はじめに
    • 二 「功徳を積む行為」としての診療
    • 三 上座仏教における看護と医療
    • 四 シンハラ仏教社会における布施とピンカマ
    • 五 出家者に対する診療ダーナ
    • 六 福田としての患者
    • 七 ブッダと先祖に見守られた診療
    • 八 考察−「布施としての診療」を支える患者たち
  • 第六章 供物としての「診察料」
    • 一 はじめに
    • 二 額づく患者と贈り物
    • 三 供物をささげる患者たち
    • 四 供物のゆくえ
    • 五 考察−「値段がない」診療
  • 第Ⅲ部 沈黙と秘匿性
  • 第七章 沈黙の診断
    • 一 はじめに
    • 二 ナーディの診断
    • 三 噓をつく患者、患者の話を聞いていない治療家
    • 四 記録されない診断結果と「見分け言葉」による伝承
    • 五 「何も言わない」という敬意と信頼
    • 六 考察−沈黙がつなぎとめる〈いま・ここ・私〉
  • 第八章 名のなき草とその薬効
    • 一 はじめに
    • 二 知的財産という枠組みと代替可能性
    • 三 薬草の暗号化と「明らかにしないこと」としての秘密
    • 四 その名を呼んではならない薬草
    • 五 名のなき草
    • 六 考察−「名無しの名づけ」とアクチュアリティ
  • 第九章 発話がまねく禍、沈黙がもたらす効力
    • 一 はじめに
    • 二 発話をともなわない知の継承と診療
    • 三 発話がまねく禍
    • 四 沈黙が変容させる空間
    • 五 考察−「口の毒」と比較の拒絶
  • 結論 沈黙と物象化−矛盾の先にみえるもの