サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

エントリー限定!小学館夏休みポイント10倍キャンペーン(~8/19)

目次

「大鏡」作者の位置

「大鏡」作者の位置

  • 五十嵐 正子(著)
  • 『大鏡』の構想とその表現意図
  • 表現から見た『大鏡』作者の位置(一)−係り結び「こそ」の使用から−
  • 表現から見た『大鏡』作者の位置(二)−係り結び「こそ、ぞ、なむ」の使用から−
  • 『大鏡』作者の位置(三)藤原資平の視点からの考察−隆家・公季・能信・隆国の叙述について
  • 『大鏡』作者の位置(四)藤原資平の視点による考察−話群に見られる人物の配置と物の怪等の叙述から−
  • 『大鏡』作者の位置(五)藤原資平の視点からの考察 作品構想と「雑々物語」について
  • 『大鏡』作者の位置(六)藤原資平の視点による考察 「王威」と『愚管抄』の叙述から
  • 『大鏡』作者の位置(七)藤原資平の視点による考察 『日本紀略』の叙述から(その一)
  • 『大鏡』作者の位置(八)『日本紀略』の叙述から(その二)−円融帝期の内裏焼亡について
  • 『大鏡』作者の位置(九)藤原資平の視点による考察−世継・古鏡の構想について−
  • 『大鏡』作者の位置(十)藤原資平の視点からの考察−作品構造と菅原道真−