サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

インプレス カレンダー・手帳・年賀状素材集 ポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

目次

  • 序章
  • 第一部 勅撰和歌集と公武政権
  • 第一章 鎌倉武士と和歌
    • 一、はじめに
    • 二、雑歌中の「歌道」を詠んだ歌群
    • 三、六位の「侍」の扱い
    • 四、追加される作者
    • 五、修訂の痕跡
    • 六、おわりに
  • 第二章 歌道家の人々と公家政権
    • 一、はじめに
    • 二、鎌倉期の家門相論
    • 三、永仁勅撰の議
    • 四、「課試」の季節
    • 五、「訴陳」の時代
    • 六、譜代か器量か
    • 七、おわりに
  • 第三章 勅撰集入集を辞退すること
    • 一、はじめに
    • 二、新千載集と武家歌人
    • 三、新千載集作者不競望子細事
    • 四、奉行人斎藤道恵について
    • 五、冷泉為秀と門弟たち
    • 六、おわりに
  • 第二部 歌道師範家の消長
  • 第四章 二条家と古今集注釈書
    • 一、はじめに
    • 二、二条為忠について
    • 三、伝本・伝来
    • 四、成立事情
    • 五、構成・注釈態度
    • 六、為忠の庭訓と宗匠家説
    • 七、為明の古今集講説との関係
    • 八、おわりに
  • 第五章 為右の最期
  • 第六章 飛鳥井家の家学と蔵書
    • 一、はじめに
    • 二、雅孝の文書
    • 三、諸雑紀・和歌両神之事・雑々記
    • 四、雅縁の歌学
    • 五、雅世と新続古今集
    • 六、おわりに
  • 第七章 南北朝期飛鳥井家の和歌蹴鞠文書
    • 一、解題
    • 二、翻刻
    • 三、考証
  • 第三部 私家集の蒐集と伝来
  • 第八章 「伏見殿家集目録」をめぐる問題
    • 一、はじめに
    • 二、目録の排列
    • 三、伏見宮における家集三合の櫃
    • 四、室町殿打聞と伏見殿家集目録
    • 五、おわりに
  • 第九章 伏見院の私家集蒐集
    • 一、はじめに
    • 二、永仁年間の京極派歌人と私家集
    • 三、三手文庫蔵今井似閑本における「伏見院本私家集」
    • 四、現存私家集の伝本と伏見院本(1)−伏見殿家集目録による遡源
    • 五、現存私家集の伝本と伏見院本(2)−本文系統の検討
    • 六、伏見院本と資経本
    • 七、おわりに
  • 第十章 足利義尚の私家集蒐集
    • 一、はじめに
    • 二、足利義教の歌書蒐集
    • 三、足利義政の歌書蒐集−「武家御双紙」の書写
    • 四、足利義尚の歌書蒐書(1)−家集の部類と奥書
    • 五、足利義尚の歌書蒐書(2)−柳営亜槐本金槐集について
    • 六、おわりに
  • 第四部 古歌の集積と再編
  • 第十一章 類聚から類題へ
    • 一、はじめに
    • 二、成立説の再検討(1)−「異本抜書」の跋文
    • 三、成立説の再検討(2)−攀枝抄の識語
    • 四、扶桑葉林をめぐって(1)−巻第六十八・宴歌十八について
    • 五、扶桑葉林をめぐって(2)−逸文の集成と考証
    • 六、扶桑葉林をめぐって(3)−史上最大の和歌資料集成
    • 七、扶桑葉林と夫木和歌抄(1)−歌合詠の資料源として
    • 八、扶桑葉林と夫木和歌抄(2)−「類聚」から「類第」へ
    • 九、おわりに
  • 第十二章 禁裏における名所歌集編纂
    • 一、はじめに−類題集と名所歌集
    • 二、三系統の伝本
    • 三、系統間の比較
    • 四、自筆草稿の検討
    • 五、後陽成天皇と名所歌集
    • 六、祝穆の方輿勝覧−宋代類書の将来と受容
    • 七、おわりに
  • 第五部 勅撰作者部類をめぐって
  • 第十三章 歌人伝史料としての勅撰作者部類
    • 一、はじめに
    • 二、構成と特色
    • 三、注記「至111年」の問題
    • 四、五位と六位の間
    • 五、南北朝期武家歌人の新情報
    • 六、追加・追顕名の作者
    • 七、成立時期
    • 八、おわりに
  • 第十四章 勅撰作者部類伝本考
    • 一、はじめに
    • 二、「目録」と「部類」
    • 三、「作者部類」と題する写本群
    • 四、伝本と系統
    • 五、共通祖本について
    • 六、おわりに
  • 附録一 勅撰作者部類・続作者部類翻刻
  • 附録二 勅撰作者部類・続作者部類索引
  • 終章