サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~10/31)

目次

電子スピン共鳴分光法

電子スピン共鳴分光法 (化学の要点シリーズ)

  • 大庭 裕範(著)/ 山内 清語(著)/ 日本化学会(編)
  • 第1章 分光法としての磁気共鳴−スピン分光法
    • 1.1 分光法の概要
    • 1.2 電磁波と分子の相互作用
    • 1.3 分子内のエネルギー準位と分子構造
    • 1.4 エネルギーから構造を決めるための方法
    • 演習問題
  • 第2章 電子スピンとそのエネルギー
    • 2.1 電子スピン
    • 2.2 電子スピンを含む相互作用
    • 演習問題
  • 第3章 ESRの時間依存性と分子のダイナミクス
    • 3.1 熱平衡とスピン緩和
    • 3.2 化学反応によるスピンの生成と消滅
    • 3.3 直接検出による時間分解測定
    • 3.4 間接測定法−線幅の解析
    • 演習問題
  • 第4章 電子スピン共鳴の測定法
    • 4.1 ESR法の原理
    • 4.2 磁場変調ESR
    • 4.3 時間分解ESR
    • 4.4 パルスESR
    • 4.5 高周波−高磁場ESR
    • 4.6 二重共鳴法
    • 演習問題
  • 第5章 応用例
    • 5.1 金属錯体の構造と電子状態
    • 5.2 固体の励起三重項における状態の混合
    • 5.3 溶液中の励起三重項
    • 5.4 光励起多重項への高周波ESRの応用
    • 5.5 光励起多重項の章動スペクトル
    • 5.6 人工光合成系と反応中間体ラジカルイオン対
    • 5.7 距離測定
    • 演習問題