サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン(~10/31)

目次

翻訳シグナル伝達・制御の生化学 細胞の働きを支配する情報交換ネットワーク

翻訳シグナル伝達・制御の生化学 細胞の働きを支配する情報交換ネットワーク

  • Gerhard Krauss(原書著)/ 津本 浩平(監訳)
  • 第1章 細胞シグナル伝達の基礎
    • 1.1 細胞シグナル伝達:なぜ,いつ,どこで?
    • 1.2 細胞間シグナル伝達
    • 1.3 細胞間シグナル伝達におけるホルモン
    • 1.4 細胞内シグナル伝達:原理
    • 1.5 細胞内シグナル伝達のための分子ツール
  • 第2章 シグナル伝達タンパク質の構造特性,機能調節,翻訳後修飾
    • 2.1 シグナル伝達タンパク質のモジュール構造
    • 2.2 モジュール構造のシグナル伝達複合体
    • 2.3 エフェクター結合によるシグナル伝達酵素の調節
    • 2.4 細胞内シグナル伝達における翻訳後修飾(PTM)
    • 2.5 タンパク質リン酸化による調節
    • 2.6 タンパク質リシンのアセチル化による調節
    • 2.7 タンパク質メチル化による調節
    • 2.8 タンパク質のユビキチン修飾
    • 2.9 シグナル伝達タンパク質の脂質化
  • 第3章 シグナル伝達の機構
    • 3.1 スキャホールドタンパク質
    • 3.2 シグナル伝達経路およびシグナル伝達ネットワークにおけるシグナル処理
    • 3.3 シグナル伝達経路の構造
  • 第4章 遺伝子発現の調節
    • 4.1 遺伝子発現の基本的段階
    • 4.2 真核生物の転写機構の構成成分
    • 4.3 転写調節の原理
    • 4.4 転写因子の制御
    • 4.5 クロマチン構造と転写調節
  • 第5章 RNAプロセシング,翻訳調節,RNA干渉
    • 5.1 mRNA前駆体(pre‐mRNA)プロセシング
    • 5.2 翻訳レベルでの制御
    • 5.3 RNAサイレンシングによる制御
  • 第6章 核内受容体によるシグナル伝達
    • 6.1 核内受容体のリガンド
    • 6.2 核内受容体によるシグナル伝達の原理
    • 6.3 核内受容体の構造
    • 6.4 核内受容体による転写制御
    • 6.5 核内受容体によるシグナル伝達の抑制
    • 6.6 核内受容体の細胞内局在
    • 6.7 核内受容体とリガンドの非ゲノム的機能
  • 第7章 Gタンパク質共役シグナル伝達経路
    • 7.1 膜貫通受容体−一般的な構造と分類
    • 7.2 膜貫通受容体の構造上の基本性質
    • 7.3 Gタンパク質共役受容体
    • 7.4 制御型GTPase
    • 7.5 ヘテロ三量体Gタンパク質
    • 7.6 ヘテロ三量体Gタンパク質の受容体独立型機能
    • 7.7 Gタンパク質のエフェクター分子
    • 7.8 アレスチンを介したGPCRシグナル伝達
  • 第8章 細胞内メッセンジャー物質“セカンドメッセンジャー”
    • 8.1 細胞内メッセンジャー物質の一般的な性質
    • 8.2 サイクリックAMP
    • 8.3 cGMPとグアニル酸シクラーゼ
    • 8.4 イノシトールリン脂質とイノシトールリン酸の代謝
    • 8.5 Ca2+の貯蔵と放出
    • 8.6 ホスホイノシチドの機能
    • 8.7 シグナル分子としてのCa2+
    • 8.8 シグナル分子としてのジアシルグリセロール
    • 8.9 その他の脂質メッセンジャー−セラミド,スフィンゴシン,リゾホスファチジン酸
    • 8.10 NOシグナル伝達分子
  • 第9章 セリン/トレオニン特異的プロテインキナーゼおよびプロテインホスファターゼ
    • 9.1 プロテインキナーゼの分類,構造および特性
    • 9.2 プロテインキナーゼの構造と活性制御
    • 9.3 プロテインキナーゼA
    • 9.4 PI3キナーゼ/Akt経路
    • 9.5 プロテインキナーゼC
    • 9.6 Ca2+/カルモジュリン依存性プロテインキナーゼ,CaMキナーゼ
    • 9.7 セリン/トレオニン特異的プロテインホスファターゼ
  • 第10章 チロシン特異的タンパク質キナーゼ活性を伴う膜貫通受容体を介するシグナル伝達
    • 10.1 受容体型チロシンキナーゼ(RTK)の構造と機能
    • 10.2 受容体型チロシンキナーゼ(RTK)の下流エフェクタータンパク質
    • 10.3 非受容体型チロシン特異的プロテインキナーゼ
    • 10.4 プロテインチロシンホスファターゼ
  • 第11章 Rasタンパク質を介したシグナル伝達
    • 11.1 単量体Gタンパク質のRasファミリー
    • 11.2 単量体Gタンパク質GAP
    • 11.3 単量体Gタンパク質GEF
    • 11.4 グアニンヌクレオチド解離阻害因子
    • 11.5 単量体Gタンパク質Rasファミリー
    • 11.6 Rasタンパク質によるシグナル伝達のエフェクターとしてのRafキナーゼ
    • 11.7 さらなるRasファミリーメンバー−R−Ras,Ral,Rap
    • 11.8 Rasタンパク質による多様なシグナルの受容と伝達
    • 11.9 Rasスーパーファミリーの他の分岐
  • 第12章 細胞内シグナル伝達−MAPK(Mitogen‐Activated Protein Kinase)経路
    • 12.1 MAPK経路の組織と構成要素
    • 12.2 プロテインホスファターゼおよび阻害タンパク質によるMAPK経路の調節
    • 12.3 MAPKシグナル伝達の足場形成(スキャホールディング)
    • 12.4 哺乳類における主要なMAPK経路
  • 第13章 チロシンキナーゼ活性(Tyrosine Kinase activity)を伴う膜受容体
    • 13.1 サイトカインとサイトカイン受容体
    • 13.2 JAK−Stat経路
    • 13.3 T細胞受容体とB細胞受容体
    • 13.4 インテグリンを介したシグナル分泌
  • 第14章 その他の膜受容体クラス−TGF−β受容体やTNF受容体,Toll受容体,ノッチによるシグナル伝達
    • 14.1 内因性のセリン/スレオニンキナーゼ活性に関する受容体−TGF−β受容体とSmadタンパク質シグナル伝達経路
    • 14.2 膜内タンパク質分解による受容体制御:Notch受容体
    • 14.3 腫瘍壊死因子受容体(TNFR)スーパーファミリー
    • 14.4 Toll様受容体シグナル経路
  • 第15章 外部シグナル経路による細胞周期制御
    • 15.1 細胞周期制御の基本原理
    • 15.2 細胞周期装置の鍵となる要素
    • 15.3 タンパク質分解による細胞周期の調節
    • 15.4 G1期の進行とS期への進入
    • 15.5 S期およびM期の通過
    • 15.6 DNA損傷とDNA損傷複製のチェックポイント
  • 第16章 シグナル伝達経路の機能不全と腫瘍化−発がん遺伝子とがん抑制遺伝子
    • 16.1 腫瘍細胞の基本的な性質
    • 16.2 がん細胞における突然変異
    • 16.3 腫瘍細胞における共通の性質変化−がん細胞の特徴(hallmark)
    • 16.4 がんで変異するシグナル伝達タンパク質−がん遺伝子
    • 16.5 がん抑制遺伝子−一般的な機能
    • 16.6 がん抑制因子−RbとARFタンパク質
    • 16.7 がん抑制タンパク質p53
    • 16.8 Wnt/β−カテニンシグナル伝達とがん抑制因子APC
  • 第17章 アポトーシス
    • 17.1 アポトーシスの概要
    • 17.2 カスパーゼ−タンパク質破壊(proteolysis)による細胞死
    • 17.3 Bcl−2タンパク質ファミリー−アポトーシスの門番
    • 17.4 ミトコンドリアを介するアポトーシス経路
    • 17.5 細胞死受容体により引き起こされるアポトーシス
    • 17.6 細胞シグナル経路とアポトーシスのつながり