サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

アウトレットブック ポイント2倍キャンペーン(~11/15)

目次

マルチエージェントによる自律ソフトウェア設計・開発

マルチエージェントによる自律ソフトウェア設計・開発 (マルチエージェントシリーズ)

  • 大須賀 昭彦(共著)/ 田原 康之(共著)/ 中川 博之(共著)/ 川村 隆浩(共著)
  • 1章 歴史的背景
    • 1.1 自律ソフトウェアとは
    • 1.2 エージェント技術による自律ソフトウェアの枠組みの登場
    • 1.3 エージェント指向開発方法論
    • 1.4 FIPA標準
    • 1.5 エージェント技術による自律ソフトウェアの進展
  • 2章 自律ソフトウェア設計のためのエージェント技術
    • 2.1 数理論理学:推論技術の基礎
    • 2.2 プランニング:自己適応システムの基礎
    • 2.3 ソフトウェア工学:自律ソフトウェア設計の基礎
    • 2.4 自律Webアプリケーションの要素技術
  • 3章 ゴール指向要求工学
    • 3.1 はじめに:要求工学の必要性
    • 3.2 ゴール指向要求分析
    • 3.3 ゴールモデル
    • 3.4 ゴールのタイプとカテゴリ
    • 3.5 ゴールモデルの役割
    • 3.6 形式的アプローチ
    • 3.7 そのほかのゴール指向要求分析法
    • 3.8 ゴール指向要求工学と自律ソフトウェアとの関係
    • 3.9 応用事例:ソフトウェア変更の局所化
    • 3.10 まとめ
  • 4章 自己適応システム
    • 4.1 はじめに:自己適応システムとは
    • 4.2 自己適応システムの定義
    • 4.3 自己適応システムの位置付け
    • 4.4 自己適応システムの分類
    • 4.5 主要モデル
    • 4.6 自己適応システムとエージェントとの関係
    • 4.7 ソフトウェア工学分野からのアプローチ
    • 4.8 ケーススタディ:FUSION
    • 4.9 ケーススタディ:Zanshin
    • 4.10 まとめ
  • 5章 セマンティックWebエージェント
    • 5.1 セマンティックWebとは
    • 5.2 セマンティックWebエージェントの事例
  • 6章 自律Webアプリケーション
    • 6.1 自律Webアプリケーションとは
    • 6.2 情報抽出・予測
    • 6.3 情報推薦

情報理論・情報科学 ランキング

情報理論・情報科学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む