サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

	ブックオフ宅本便ページ修正

目次

SPSSによる心理統計

SPSSによる心理統計

  • 山田 剛史(著)/ 鈴木 雅之(著)
  • 〈基礎編〉
  • 1章 本書で用いる質問紙について
    • 1−1 本書で紹介する研究(鈴木・武藤,2013)の目的
    • 1−2 研究で使用した質問紙
    • 1−3 本書で検討するリサーチクエスチョンと,検討のために用いる分析
    • 1−4 本書におけるデータ分析の流れについて
  • 2章 データ分析前の下準備
    • 2−1 質問紙に含まれる項目について
    • 2−2 SPSSでデータを作る
    • 2−3 SPSSで簡単な分析を実行してみる
    • 2−4 本書で用いるSPSSデータについて
  • 3章 項目分析
    • 3−1 鈴木・武藤(2013)データを確認する
    • 3−2 プロフィール項目の分析
    • 3−3 変数の種類と尺度水準
    • 3−4 量的変数の分析
    • 3−5 練習問題
  • 4章 2つの変数の関係の視覚化と要約−相関分析
    • 4−1 散布図と相関係数
    • 4−2 SPSSによる相関分析
    • 4−3 練習問題
  • 5章 尺度構成−因子分析
    • 5−1 因子分析
    • 5−2 SPSSによる因子分析その1(因子数が1つの因子分析)
    • 5−3 SPSSによる因子分析その2(因子数が複数ある因子分析)
    • 5−4 共通性と因子寄与
    • 5−5 論文での結果の報告例
    • 5−6 練習問題
  • 6章 尺度得点についての分析
    • 6−1 尺度の妥当性
    • 6−2 尺度の信頼性
    • 6−3 SPSSによる尺度得点についての分析
    • 6−4 練習問題
  • 7章 学業的自己概念の性差の検討−独立な2群のt検定
    • 7−1 学業的自己概念の性差の検討
    • 7−2 統計的仮説検定の基礎
    • 7−3 SPSSによる独立な2群のt検定
    • 7−4 練習問題
  • 8章 学業的自己概念と学業水準の関係の検討−一要因分散分析
    • 8−1 学業的自己概念と学業水準の関係の検討
    • 8−2 3つ以上の群の平均値を比較する分散分析
    • 8−3 SPSSによる一要因被験者間分散分析
    • 8−4 練習問題
  • 9章 学業的自己概念と学業水準の関係の検討−二要因分散分析
    • 9−1 学業的自己概念と性別,文理志望の関係の検討
    • 9−2 二要因の分散分析
    • 9−3 SPSSによる二要因被験者間分散分析
    • 9−4 SPSSによるクロス集計表の作成とχ2検定
    • 9−5 練習問題
  • 10章 学業的自己概念の予測−回帰分析
    • 10−1 回帰分析
    • 10−2 重回帰分析
    • 10−3 SPSSによる回帰分析
    • 10−4 基礎編のまとめ
    • 10−5 データの階層性とマルチレベル分析
    • 10−6 練習問題
  • 〈実践編〉
  • 1章 尺度構成に関する諸問題
    • 1−1 不適解が生じたとき
    • 1−2 妥当性や信頼性が確認されている尺度を使用するとき
    • 1−3 α係数が低いとき
  • 2章 重回帰分析による交互作用の検討
    • 2−1 「学業的自己概念」と「相対的な学業水準の知覚」の関係に対する達成目標の影響の検討
    • 2−2 SPSSによる重回帰分析
    • 2−3 交互作用の視覚的分析
    • 2−4 交互作用が有意であったときの下位検定
  • 3章 プリ・ポストデザインデータの分析−対応のあるt検定,共分散分析
    • 3−1 研究例(鈴木・市川,2016)
    • 3−2 研究で使用した変数
    • 3−3 SPSSによる対応のあるt検定
    • 3−4 SPSSによる変化量についての独立な2群のt検定
    • 3−5 SPSSによる共分散分析
  • 4章 対比分析
    • 4−1 研究例(鈴木,2011)
    • 4−2 対比分析
    • 4−3 SPSSによる対比分析
  • 5章 有意か否かを超えて−近年の統計改革の動向について
    • 5−1 統計的仮説検定に関する諸問題
    • 5−2 心理学における統計改革
    • 5−3 ベイズ統計学