サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

カレンダーポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

目次

  • 第Ⅰ章 問題の所在
    • 第1節 子どもの算数の学びに対する日本の現状と背景
    • 第2節 自律的な学びを促す先行研究
  • 第Ⅱ章 研究の目的及び方法
    • 第1節 研究の目的
    • 第2節 研究の方法と本研究の全体的な流れ
  • 第Ⅲ章 子どもの問いを視点に据えた授業実践
    • 第1節 授業の実際
    • 第2節 考察
  • 第Ⅳ章 太田算数の授業構造の現状分析と考察
    • 第1節 「学習のめあて」を子どもとつくる
    • 第2節 事あるごとに学びをつなげる「振り返り」の場を設ける
    • 第3節 「独自学習」で主体的に解を切り拓く体験を重ねる
    • 第4節 「子どもの司会」で自治的,能動的な風土を促す
    • 第5節 答えに至るまでの根拠を言葉で説明できるようにする
  • 第Ⅴ章 めあてと振り返りを軸にしたRPDCAの算数授業モデル
    • 第1節 学習としてのマネジメントサイクル
    • 第2節 P(学習のめあて)のレベル設定
    • 第3節 C(振り返り)のレベル設定
  • 第Ⅵ章 マネジメントサイクルを視点に据えた授業実践
    • 第1節 授業の実際
    • 第2節 P(学習のめあて)とC(振り返り)の様相
    • 第3節 P(学習のめあて)の精緻化
    • 第4節 C(振り返り)の精緻化
    • 第5節 R(独自学習)とP(学習のめあて)の関係性
  • 第Ⅶ章 研究協力者による授業実践
    • 第1節 研究協力の進め方
    • 第2節 授業の実際
    • 第3節 考察
  • 第Ⅷ章 研究の総括
    • 第1節 RPDCAの枠組みの最終形
    • 第2節 実践への示唆
    • 第3節 今後の課題