サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

修正:1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0818-22)

目次

近代ドイツの法と国制

近代ドイツの法と国制

  • 西村 清貴(著)
  • 緒論 先行研究の概観と本書の課題
    • 第1節 先行研究の概観
    • 第2節 本書の課題と編成
  • 第1章 歴史法学とC・F・v・ゲルバー
    • 第1節 実証主義をめぐる諸学説
    • 第2節 サヴィニーにおける実定法
    • 第3節 ゲルバーと法の実定性
    • 小括
  • 第2章 C・F・v・ゲルバーにおける法と国制
    • 第1節 国家有機体論
    • 第2節 国家法人論
    • 小括
  • 第3章 パウル・ラーバントにおける法と国制
    • 第1節 ラーバントの『国法講義』
    • 第2節 『国法講義』における国家論
    • 第3節 『国法講義』における法思想
    • 補論1 国家目的論と法実証主義
    • 第4節 『国法講義』における国制論
    • 第5節 権利論
    • 補論2 「公務」としての選挙権説の検討
    • 小括
  • 第4章 オットー・フォン・ギールケにおける法と国制
    • 第1節 ギールケをめぐる二つの理解
    • 第2節 ギールケの国制史理解
    • 補論3 ゲルマンイデオロギーと『私法の社会的任務』
    • 第3節 ギールケの法観念
    • 第4節 ギールケの国法学
    • 小括
  • 結び