サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

2019年版カレンダー ポイントキャンペーン ~11/30

目次

債権総論

債権総論

  • 平野裕之(著)
  • 第1章|債権法総論
    • §Ⅰ 債権総論と債権(債務)の意義
    • §Ⅱ 物権と債権の区別
    • §Ⅲ 債権と請求権
    • §Ⅳ 債務の分類
    • §Ⅴ 債権(債務)の発生原因
    • §Ⅵ 債権総論の構成と本書の構成
  • 第2章|債権の目的
    • §Ⅰ 特定物債権(債務)
    • §Ⅱ 種類債権(不特定物債権)
    • §Ⅲ 金銭債権
    • §Ⅳ 利息債権
    • §Ⅴ 選択債権
    • §Ⅵ 任意債権
  • 第3章|債権の効力1−総論
    • 第1節 債権の効力
    • 第2節 自然債務
    • §Ⅰ 債務と責任
    • §Ⅱ 自然債務(強制力のない債権)
    • 第3節 第三者の債権侵害
    • §Ⅰ 第三者の債権侵害と不法行為
    • §Ⅱ 債権に基づく妨害排除請求
  • 第4章|債権の効力2−債務不履行
    • §Ⅰ 総論
    • §Ⅱ 債務の履行の強制
    • §Ⅲ 債務不履行による損害賠償−総論
    • §Ⅳ 履行遅滞
    • §Ⅴ 履行不能
    • §Ⅵ 不完全履行および信義則上の義務違反
    • §Ⅶ 債務者の帰責事由
    • §Ⅷ 債務不履行責任の効果
    • §Ⅸ 契約規範と第三者
  • 第5章|債権の効力3−債権者代位権
    • §Ⅰ 債権者代位権の存在理由
    • §Ⅱ 債権者代位権の要件
    • §Ⅲ 債権者代位権の行使
    • §Ⅳ 債権者代位権の行使の効果
  • 第6章|債権の効力4−詐害行為取消権
    • §Ⅰ 総論
    • §Ⅱ 詐害行為−詐害行為取消権の要件1
    • §Ⅲ 被保全債権の要件−詐害行為取消権の要件2
    • §Ⅳ 詐害行為取消権の行使
    • §Ⅴ 詐害行為取消判決の効力
  • 第7章|多数当事者の債権関係1−分割債権(債務)・不可分債権(債務)・連帯債権(債務)
    • 第1節 多数当事者の債権関係−総論
    • 第2節 分割債権(債務)−分割主義(分割原則)
    • §Ⅰ 債権・債務の分割主義(分割原則)
    • §Ⅱ 分割債権(債務)の効力
    • 第3節 不可分債権(債務)
    • §Ⅰ 不可分債権
    • §Ⅱ 不可分債務
    • 第4節 連帯債権
    • 第5節 連帯債務
    • §Ⅰ 連帯債務の意義および本質
    • §Ⅱ 連帯債務の成立
    • §Ⅲ 連帯債務の対外的効力
    • §Ⅳ 連帯債務者の1人につき生じた事由
    • §Ⅴ 連帯債務の対内的効力(求償関係)
    • §Ⅵ 不真正連帯債務
  • 第8章|多数当事者の債権関係2−保証債務
    • §Ⅰ 保証債務の意義および法的構成
    • §Ⅱ 保証債務の成立
    • §Ⅲ 保証債務の範囲
    • §Ⅳ 保証債務の対外的効力
    • §Ⅴ 主債務者または保証人に生じた事由の効力
    • §Ⅵ 保証人の求償権
    • §Ⅶ 連帯保証
    • §Ⅷ 共同保証
    • §Ⅸ 根保証(継続的保証)
  • 第9章|債権譲渡・債務引受・履行の引受・有価証券
    • 第1節 債権譲渡
    • §Ⅰ 総論
    • §Ⅱ 債権の譲渡性と譲渡制限の意思表示
    • §Ⅲ 債権譲渡の効力および債務者への対抗要件
    • §Ⅳ 債権譲渡の第三者への対抗要件
    • §Ⅴ 取立てのためにする債権譲渡
    • 第2節 債務引受および履行の引受
    • §Ⅰ 併存的(重畳的)債務引受
    • §Ⅱ 免責的債務引受
    • §Ⅲ 履行の引受(履行引受)
    • 第3節 有価証券
  • 第10章|債権の消滅1−弁済
    • 第1節 債権の消滅原因−総論
    • 第2節 弁済
    • §Ⅰ 弁済の意義および法的性質
    • §Ⅱ 弁済の要件・効果−総論
    • §Ⅲ 有効に弁済をなしうる者
    • §Ⅳ 弁済の相手方(弁済受領権者)
    • §Ⅴ 弁済が無効な場合
    • §Ⅵ 弁済者の証拠保全のための権利
    • §Ⅶ 弁済をめぐる補充規定
    • 第3節 弁済者代位(弁済による代位)
    • §Ⅰ 債務者に対する求償権の発生
    • §Ⅱ 弁済者代位の意義および法的構成
    • §Ⅲ 弁済者代位の成立要件および対抗要件
    • §Ⅳ 代位者・債務者間の効果
    • §Ⅴ 代位者・債権者間の効果(一部代位)
    • §Ⅵ 担保負担者相互間の利害調整
    • §Ⅶ 債権者の担保保存義務による免責
    • 第4節 弁済提供、受領遅滞および弁済供託
    • §Ⅰ 弁済の提供(弁済提供)
    • §Ⅱ 弁済供託
  • 第11章|債権の消滅2−相殺・代物弁済・更改・免除・混同
    • 第1節 相殺
    • §Ⅰ 相殺の意義および機能
    • §Ⅱ 相殺の要件
    • §Ⅲ 相殺の方法
    • §Ⅳ 相殺の効果
    • 第2節 債権のその他の消滅原因
    • §Ⅰ 代物弁済
    • §Ⅱ 更改(契約)
    • §Ⅲ 免除
    • §Ⅳ 混同