サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

目次

  • 序章
    • 第1節 本書の射程−水俣が切りひらく問い
    • 第2節 「現在」を解きほぐす−歴史人類学の視点
    • 第3節 モノの力−「物質文化研究」の視点
    • 第4節 「響き合うモノと語りの歴史人類学」へ
    • 第5節 本書の構成とフィールドワークの概要
  • 第1章 水俣の歴史的概要
    • 第1節 水俣市の概要
    • 第2節 水俣の近代化
    • 第3節 「水俣研究」の歩み
  • 第2章 水俣湾埋立地の景観形成過程
    • 第1節 水俣湾埋立地の現景観
    • 第2節 埋め立てをめぐる多様な立場と主張(一九七七〜八〇年)
    • 第3節 埋立地活用をめぐる対話と歩み寄り(一九八〇〜九〇年)
    • 第4節 新たな対立の顕在化(一九九〇〜九九年)
    • 第5節 「本願の会」の活動
  • 第3章 水俣の景観に立つ五二体の石像たち
    • 第1節 はじめに
    • 第2節 モノを媒介とした歴史構築の実践
    • 第3節 石像の「個性」について
    • 第4節 おわりに
  • 第4章 モノを媒介とした水俣病経験の語り直し
    • 第1節 はじめに
    • 第2節 水俣病顕在化以前の漁村の暮らし
    • 第3節 石像建立に至るまでのO氏の語りの変化
    • 第4節 石像の建立と水俣病経験の語り直し
    • 第5節 「一人の私」に立ち返る
  • 第5章 モノが/をかたちづくる水俣の記憶
    • 第1節 モノと語りの相互作用をめぐる問題
    • 第2節 石像を介した死者をめぐる想起の変容−J氏の事例
    • 第3節 語りえなさに関与する石像−A氏の事例
    • 第4節 石像のマテリアリティ
  • 終章
    • 第1節 「響き合うモノと語り」の分析
    • 第2節 「本願の会」が切りひらくもの
    • 第3節 「毒」を引き受ける
    • 第4節 Anthropology of object/thing/materialから「もの(mono)」の歴史人類学へ

環境 ランキング

環境のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む