サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

11/1~ <honto限定!電子おまけ>3社合同・小田原みづえキャンペーン(~11/30)

目次

経営学講義 新訂

経営学講義 新訂

  • 板倉 宏昭(著)
  • 第Ⅰ部 総論
  • 第1章 経営の基本視点
    • 1.1 経営学の意義
    • 1.2 企業の目標
    • 1.3 経営の基本戦略
    • 1.4 競争優位性
    • 1.5 競争優位の源泉
    • 1.6 戦略の策定
    • 1.7 コーポレート・ガバナンス
    • 1.8 経営責任
    • 1.9 企業の社会的責任
    • 1.10 経営学のデザイン志向
    • 第1章の補論 資本コスト
  • 第2章 分析の手法
    • 2.1 歴史分析
    • 2.2 外部環境分析と内部環境分析
    • 2.3 マクロ環境分析
    • 2.4 業界構造分析
    • 2.5 SWOT分析
    • 2.6 クロスSWOT分析
    • 2.7 3C分析
    • 2.8 プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント(PPM)
    • 2.9 製品ライフサイクル(PLC)
    • 2.10 アンゾフの成長ベクトル
    • 2.11 3つの基本戦略
    • 2.12 競争地位戦略
    • 2.13 バリュー・チェーン(価値連鎖)
    • 2.14 コスト優位
    • 2.15 差別化
  • 第3章 市場と経営
    • 3.1 PIMS研究
    • 3.2 市場構造と経営
    • 3.3 コスト・リーダーシップ戦略
    • 3.4 市場による競争優位に対する戦略
    • 3.5 ブランド
  • 第4章 組織と経営
    • 4.1 組織構造
    • 4.2 プロセス
    • 4.3 経営資源
    • 4.4 コミットメント経営
    • 4.5 リーダーシップ
    • 4.6 バーンアウト
    • 4.7 欲求段階説とキャリア・アンカー
    • 4.8 学習型組織体
    • 4.9 知識マネジメント
    • 第4章の補論 組織コミットメントの国際比較
  • 第Ⅱ章 各論
  • 第5章 国際経営
    • 5.1 日本的経営
    • 5.2 世界市場のセグメンテーション
    • 5.3 多国籍企業の組織モデル
    • 5.4 異文化マネジメント
    • 第5章の補論 多国籍企業の発展モデル
  • 第6章 イノベーションと経営
    • 6.1 社会−技術システム論
    • 6.2 イノベーション
    • 6.3 イノベーションのジレンマ
    • 6.4 ドミナント・デザイン
    • 6.5 オープン・イノベーション
    • 6.6 擦り合わせ統合能力
  • 第7章 デジタル化の本質
    • 7.1 情報通信技術の進展と市場構造
    • 7.2 IT組織力依存論
    • 7.3 AI(人工知能)の可能性
    • 7.4 ブロックチェーンの可能性
  • 第Ⅲ部 地域ビジネス
  • 第8章 地域と経営
    • 8.1 地域力
    • 8.2 地域価値連鎖(地域バリュー・チェーン)
    • 〈コラム〉地域価格連鎖の適用例(高知県馬路村の柚子ビジネスのケース)
    • 8.3 地域と競争優位性
    • 8.4 地域的な独占
    • 8.5 観光と地域ビジネス
    • 8.6 アートと地域ビジネス
    • 〈コラム〉創造的過疎(徳島県神山町のケース)−アーティスト・イン・レジデンスからワーク・イン・レジデンスへ
    • 〈コラム〉都市部ビジネスの中の「地域性」(東京都港区を対象に)
  • 第Ⅳ部 調査研究
  • 第9章 調査研究
    • 9.1 研究の計画
    • 9.2 調査票(アンケート)による調査研究
    • 9.3 インタビュー
    • 9.4 技術商業化マネジメント(MTC)
    • 9.5 ビジネスモデル・デザイン
    • 第9章の補論