サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

8/31 honto限定!電子おまけフェア~飯田実樹『我が王と賢者が囁く』発売記念~(~9/29)

目次

  • 序章 「男性稼ぎ主モデル」の克服
    • 1 なぜ「男性稼ぎ主モデル」を克服しなければならないのか
    • 2 研究枠組み
    • 3 本書の構成
  • 第Ⅰ部 「稼得とケアの調和モデル」の実現方法
  • 第1章 規範論・政策論・動態論の連動
    • 1 先行研究の検討
    • 2 本書の位置づけ
  • 第2章 「稼得とケアの調和モデル」《規範論》
    • 1 本章の目的
    • 2 「男性稼ぎ主モデル」とは異なるモデル
    • 3 定義と課題の明示
    • 4 政策論に向けて
  • 第3章 「稼得とケアの調和モデル」の3つの政策理念型《政策論》
    • 1 本章の目的
    • 2 政策パッケージの多様性を検討する意義
    • 3 分析枠組み
    • 4 欧州6か国と日本の政策パッケージ
    • 5 3つの政策理念型
    • 6 多様な政策的アプローチ
  • 第4章 欧州6か国と日本における「稼得とケアの調和」の現状
    • 1 本章の目的
    • 2 分析枠組み
    • 3 稼得役割
    • 4 ケア役割
    • 5 父親の役割変化が鍵
  • 第Ⅱ部 「柔軟就労・共同ケア型」への移行
  • 第5章 「北欧型」ECECシステムには移行せず
    • 1 本章の目的
    • 2 イギリスのECECシステム
    • 3 サービスの財源・供給における複合構制の採用
    • 4 教育・保育・福祉の分立
    • 5 「親の育児責任」の強調と受容
    • 6 「北欧型」への移行を阻害した要因
    • 7 アイディアの合意・共有が不可欠
  • 第6章 「柔軟就労型」への移行
    • 1 本章の目的
    • 2 イギリスの「柔軟な働き方」制度
    • 3 「柔軟な働き方」法制化の過程
    • 4 「父親のケア役割」の欠落
    • 5 「柔軟就労型」への移行を促進した要因
    • 6 アクター間の関係性・相互作用
  • 終章 「稼得とケアの調和モデル」が拓く未来
    • 1 欧州の経験が示す「稼得とケアの調和モデル」への道
    • 2 日本における移行経路の展望
    • 3 今後の研究に向けた課題