サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

お買い物金額分全額還元祭(~1/6)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 大切な人に贈る本 ポイント5倍キャンペーン(~1/9)

目次

ウレット・ローン基本有機化学

ウレット・ローン基本有機化学

  • R.J.Ouellette(著)/ J.D.Rawn(著)/ 狩野 直和(訳)
  • 1.有機化合物の構造
    • 1・1 有機化合物と無機化合物
    • 1・2 原子構造
    • 1・3 結合の種類
    • 1・4 形式電荷
    • 1・5 共鳴構造
    • 1・6 単純な分子の形
    • 1・7 軌道と分子構造
    • 1・8 官能器
    • 1・9 構造式
    • 1・10 異性体
    • 1・11 命名法
  • 2.有機化合物の性質
    • 2・1 構造と物理的性質
    • 2・2 化学反応
    • 2・3 酸塩基反応
    • 2・4 酸化還元反応
    • 2・5 有機反応の分類
    • 2・6 化学平衡と平衡定数
    • 2・7 酸塩基反応の平衡
    • 2・8 酸性度に対する構造の影響
    • 2・9 反応機構の基本
    • 2・10 反応速度
  • 3.アルカンとシクロアルカン
    • 3・1 炭化水素の分類
    • 3・2 アルカン
    • 3・3 アルカンの命名法
    • 3・4 アルカンの配座
    • 3・5 シクロアルカン
    • 3・6 シクロアルカンの配座
    • 3・7 アルカンの物理的性質
    • 3・8 アルカンとシクロアルカンの酸化
    • 3・9 飽和アルカンのハロゲン化
    • 3・10 ハロゲン化アルキルの命名法
  • 4.アルケンとアルキン
    • 4・1 不飽和炭化水素
    • 4・2 幾何異性体(シス−トランス異性体)
    • 4・3 幾何異性体のE,Z命名法
    • 4・4 アルケンとアルキンの命名法
    • 4・5 アルケンとアルキンの酸性度
    • 4・6 アルケンとアルキンの水素化
    • 4・7 アルケンとアルキンの酸化
    • 4・8 アルケンとアルキンに対する付加反応
    • 4・9 付加反応の反応機構
    • 4・10 アルケンとアルキンの水和
    • 4・11 アルケンとアルキンの合成
    • 4・12 ジエン
    • 4・13 テルペン
  • 5.芳香族化合物
    • 5・1 芳香族化合物
    • 5・2 芳香族性
    • 5・3 芳香族化合物の命名法
    • 5・4 芳香族求電子置換反応
    • 5・5 芳香族求電子置換反応の置換基効果
    • 5・6 反応速度に及ぼす置換基効果の解釈
    • 5・7 配向性の解釈
    • 5・8 側鎖の反応
    • 5・9 官能基変換
    • 5・10 置換芳香族化合物の合成
  • 6.立体化学
    • 6・1 分子の立体配置
    • 6・2 鏡像とキラリティー
    • 6・3 光学活性
    • 6・4 フィッシャー投影式
    • 6・5 絶対立体配置
    • 6・6 複数の立体中心をもつ分子
    • 6・7 立体異性体の合成
    • 6・8 立体中心が生成する反応
    • 6・9 ジアステレオマーが生成する反応
  • 7.求核置換反応と脱離反応
    • 7・1 反応機構とハロゲン化アルキル
    • 7・2 求核置換反応
    • 7・3 求核性と塩基性
    • 7・4 求核置換反応の反応機構
    • 7・5 SN2反応とSN1反応
    • 7・6 脱離反応の反応機構
    • 7・7 ハロゲン化アルキルの構造が競争反応に及ぼす影響
  • 8.アルコールとフェノール
    • 8・1 ヒドロキシ基
    • 8・2 アルコールの物理的性質
    • 8・3 アルコールの酸塩基反応
    • 8・4 アルコールの置換反応
    • 8・5 アルコールの脱水
    • 8・6 アルコールの酸化
    • 8・7 アルコールの合成
    • 8・8 フェノール
    • 8・9 チオール
  • 9.エーテルとエポキシド
    • 9・1 エーテルの構造
    • 9・2 エーテルの命名法
    • 9・3 エーテルの物理的性質
    • 9・4 グリニャール試薬とエーテル
    • 9・5 エーテルの合成
    • 9・6 エーテルの反応
    • 9・7 エポキシドの合成
    • 9・8 エポキシドの反応
    • 9・9 人工ポリエーテルと天然ポリエーテル
  • 10.アルデヒドとケトン
    • 10・1 カルボニル基
    • 10・2 アルデヒドとケトンの命名法
    • 10・3 アルデヒドとケトンの物理的性質
    • 10・4 カルボニル化合物の酸化還元反応
    • 10・5 カルボニル化合物の付加反応
    • 10・6 カルボニル化合物からのアルコールの合成
    • 10・7 酸素化合物の付加反応
    • 10・8 アセタールとケタールの生成
    • 10・9 窒素化合物の付加反応
    • 10・10 α炭素の反応性
    • 10・11 アルドール反応
  • 11.カルボン酸とエステル
    • 11・1 カルボン酸とアシル基
    • 11・2 カルボン酸とその誘導体の命名法
    • 11・3 カルボン酸とエステルの物理的性質
    • 11・4 カルボン酸の酸性度
    • 11・5 カルボン酸の合成
    • 11・6 求核アシル置換反応
    • 11・7 カルボン酸誘導体の還元
    • 11・8 リン酸のエステルと無水物
    • 11・9 クライゼン縮合
  • 12.アミンとアミド
    • 12・1 有機窒素化合物
    • 12・2 アミンとアミドの分類と構造
    • 12・3 アミンとアミドの命名法
    • 12・4 アミンの物理的性質
    • 12・5 窒素化合物の塩基性
    • 12・6 アンモニウム塩の溶解度
    • 12・7 アミンの求核的反応
    • 12・8 アミンの合成
    • 12・9 アミドの加水分解
    • 12・10 アミドの合成
  • 13.糖質
    • 13・1 糖質の分類
    • 13・2 糖質の立体化学
    • 13・3 ヘミアセタールとヘミケタール
    • 13・4 単糖の配座
    • 13・5 単糖の還元
    • 13・6 単糖の酸化
    • 13・7 グリコシド
    • 13・8 二糖類
    • 13・9 多糖類
  • 14.アミノ酸,ペプチド,タンパク質
    • 14・1 タンパク質とポリペプチド
    • 14・2 アミノ酸
    • 14・3 α−アミノ酸の酸性と塩基性
    • 14・4 等電点
    • 14・5 ペプチド
    • 14・6 ペプチドの合成
    • 14・7 タンパク質の構造決定
    • 14・8 タンパク質の構造
  • 15.合成高分子
    • 15・1 天然高分子と合成高分子
    • 15・2 高分子の構造と性質
    • 15・3 高分子の種類
    • 15・4 重合方法
    • 15・5 付加重合
    • 15・6 アルケンの共重合
    • 15・7 架橋重合体
    • 15・8 付加重合の立体化学
    • 15・9 縮合重合体
    • 15・10 ポリエステル
    • 15・11 ポリカーボネート
    • 15・12 ポリアミド
    • 15・13 ポリウレタン
  • 16.分光法
    • 16・1 スペクトルによる構造決定
    • 16・2 スペクトルの原理
    • 16・3 紫外分光法
    • 16・4 赤外分光法
    • 15・5 核磁気共鳴分光法
    • 15・6 スピン−スピン分裂
    • 16・7 13C NMR分光法
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。