サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

目次

  • まえがき 金原瑞人
  • 1章 日常を見つめる
    • ◆青春がはじまる
    • 『君に太陽を』J・ネルソン/三辺律子・訳
    • 『飛び込み台の女王』M・ヴィルトナー/森川弘子・訳
    • 『ペーパータウン』J・グリーン/金原瑞人・訳
    • 『シタとロット ふたりの秘密』A・v・プラーハ/板屋嘉代子・訳
    • 『モンスーンの贈りもの』M・パーキンス/永瀬比奈・訳
    • 『青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない』鴨志田一
    • 『青の数学』王城夕紀
    • 『王妃の帰還』柚木麻子
    • 『蜜蜂と遠雷』恩田陸
    • 『川床にえくぼが三つ』にしがきようこ
    • 『ハリネズミ乙女、はじめての恋』令丈ヒロ子
    • 『和菓子のアン』坂木司
    • 『14歳の水平線』椰月美智子
    • ◆部活の味わい
    • 『響け! ユーフォニアム』武田綾乃
    • 『くちびるに歌を』中田永一
    • 『終末の鳥人間』雀野日名子
    • 『カブキブ!』榎田ユウリ
    • 『フラダン』古内一絵
    • 『ホームメイキング同好会』藤野千夜
    • 『おとめの流儀。』小嶋陽太郎
    • ◆この気持ちが恋だった
    • 『この恋と、その未来。』森橋ビンゴ
    • 『恋する寄生虫』三秋縋
    • 『アラスカを追いかけて』J・グリーン/金原瑞人・訳
    • 『きみのためにはだれも泣かない』梨屋アリエ
    • 『エレナーとパーク』R・ローウェル/三辺律子・訳
    • 『そして、きみが教えてくれたこと』C・フーヴァー/鹿田昌美・訳
    • 『ぼくの噓』藤野恵美
    • ◆子どもの目線、家族の不思議
    • 『セカイの空がみえるまち』工藤純子
    • 『神様のみなしご』川島誠
    • 『いとの森の家』東直子
    • 『紅のトキの空』J・ルイス/さくまゆみこ・訳
    • 『まともな家の子供はいない』津村記久子
    • 『マルの背中』岩瀬成子
    • 『100時間の夜』A・ウォルツ/野坂悦子・訳
    • 『足音がやってくる』M・マーヒー/青木由紀子・訳
    • 『小やぎのかんむり』市川朔久子
    • はみだし! おすすめ本 『小公女』F・H・バーネット/脇明子・訳
  • 2章 異世界を旅する
    • ◆それぞれの試練をこえて
    • 『翼もつ者』みおちづる
    • 『少年Nの長い長い旅』石川宏千花
    • 『南総里見八犬伝』曲亭馬琴・原作/時海結以・文
    • 『水はみどろの宮』石牟礼道子
    • 『本好きの下剋上』香月美夜
    • 『天と地の方程式』富安陽子
    • 『火星の人新版』A・ウィアー/小野田和子・訳
    • 『ゲームウォーズ』A・クライン/池田真紀子・訳
    • ◆空想が現実を照らしだす
    • 『神様2011』川上弘美
    • 『よはひ』いしいしんじ
    • 『せなか町から、ずっと』斉藤倫
    • 『冬の夜ひとりの旅人が』I・カルヴィーノ/脇功・訳
    • 『know』野崎まど
    • 『藤子・F・不二雄大全集 SF・異色短編1』藤子・F・不二雄
    • 『金の国 水の国』岩本ナオ
    • 『年月日』閻連科/谷川毅・訳
    • 『岬のマヨイガ』柏葉幸子
    • ◆心の迷宮へ
    • 『バイバイ、サマータイム』E・ホーガン/安達まみ・訳
    • 『ぼくが消えないうちに』A・F・ハロルド/こだまともこ・訳
    • 『怪物はささやく』P・ネス/S・ダウド原案 池田真紀子・訳
    • 『魔法にかけられたエラ』G・C・レヴィン/三辺律子・訳
    • 『堆塵館』E・ケアリー/古屋美登里・訳
    • 『7つの怖い夜ばなし』G・クロス、J・エイキン、S・プライスほか著/安藤紀子ほか・訳
    • 『夜の庭師』J・オージエ/山田順子・訳
    • 『緑の霧』K・V・クリーヴ/三辺律子・訳
    • はみだし! おすすめ本 『字が汚い!』新保信長
  • 3章 社会とつながる
    • ◆「生きづらさ」を抱えて
    • 『ハリネズミの願い』T・テレヘン/長山さき・訳
    • 『弟の夫』田亀源五郎
    • 『厭世マニュアル』阿川せんり
    • 『わたしはイザベル』A・ウィッティング/井上里・訳
    • 『世界を7で数えたら』H・G・スローン/三辺律子・訳
    • 『こびとが打ち上げた小さなボール』チョ・セヒ/斎藤真理子・訳
    • 『ジョージと秘密のメリッサ』A・ジーノ/島村浩子・訳
    • 『スマート』K・スレイター/武富博子・訳
    • 『ペーパーボーイ』V・ヴォーター/原田勝・訳
    • 『書店主フィクリーのものがたり』G・ゼヴィン/小尾芙佐・訳
    • 『わたしの心のなか』S・M・ドレイパー/横山和江・訳
    • ◆遠くて近い戦争
    • 『トンネルの森 1945』角野栄子
    • 『ハンナの記憶』長江優子
    • 『バニヤンの木陰で』V・ラトナー/市川恵里・訳
    • 『あたらしい名前』N・ブラワヨ/谷崎由依・訳
    • 『月にハミング』M・モーパーゴ/杉田七重・訳
    • 『すべての見えない光』A・ドーア/藤井光・訳
    • 『すべては平和のために』濱野京子
    • 『ミスターオレンジ』T・マティ/野坂悦子・訳
    • 『片手の郵便配達人』G・パウゼヴァング/高田ゆみ子・訳
    • 『世界の果てのこどもたち』中脇初枝
    • 『そらいろ男爵』G・ボム文/T・デデュー絵/中島さおり・訳
    • ◆歴史の渦のなかで
    • 『暁のイーリス』内堀優一
    • 『少年十字軍』皆川博子
    • 『アンニョン、エレナ』金仁淑/和田景子・訳
    • 『ブロード街の12日間』D・ホプキンソン/千葉茂樹・訳
    • 『みかづき』森絵都
    • 『スピニー通りの秘密の絵』L・M・フィッツジェラルド/千葉茂樹・訳
    • 『わたしたちが自由になるまえ』J・アルバレス/神戸万知・訳
    • 『ぼくたちに翼があったころ』T・シェム=トヴ/樋口範子・訳
    • 『太陽と月の大地』C・ロペス=ナルバエス/宇野和美・訳
    • 『灰色の地平線のかなたに』R・セペティス/野沢佳織・訳
    • はみだし! おすすめ本 『中学生からの数学「超」入門』水野裕之
  • 4章 詩もアートもコミックも
    • ◆ことばの魔法
    • 『よいひかり』三角みづ紀
    • 『モーヴ色のあめふる』佐藤弓生
    • 『ひとりの夜を短歌とあそぼう』穂村弘、東直子、沢田康彦・著
    • 『桜前線開架宣言』山田航・編著
    • 『行け広野へと』服部真里子
    • 『死んでしまう系のぼくらに』最果タヒ
    • ◆二次元が三次元を超える
    • 『失われた時を求めて−スワン家のほうへ』M・プルースト作/S・ウエ画/中条省平・訳
    • 『暗黒グリム童話集』多和田葉子ほか・著
    • 『銀杏堂』橘春香・作絵
    • 『夏のルール』S・タン/岸本佐知子・訳
    • 『ハリス・バーディックの謎』C・V・オールズバーグ/村上春樹・訳
    • 『火打箱』S・ガードナー/山田順子・訳
    • 『ジェーンとキツネとわたし』I・アルスノー絵/F・ブリット文/河野万里子・訳
    • はみだし! おすすめ本 『天の川銀河発電所』佐藤文香・編著
  • 5章 社会と向きあう
    • ◆戦争を知る、災害を語る
    • 『謝るなら、いつでもおいで』川名壮志
    • 『16歳の語り部』雁部那由多、津田穂乃果、相澤朱音・著/佐藤敏郎・監修
    • 『チェルノブイリの祈り』S・アレクシエービッチ/松本妙子・訳
    • 『本当の戦争の話をしよう』伊勢崎賢治
    • 『一〇一年目の孤独』高橋源一郎
    • 『思い出をレスキューせよ!』堀米薫
    • 『フォト・ドキュメンタリー 人間の尊厳』林典子
    • 『戦争を取材する』山本美香
    • 『明日の平和をさがす本』宇野和美、さくまゆみこ、土居安子、西山利佳、野上暁・編著
    • ◆知ることから始まる
    • 『あきらめることをあきらめた』小森陽一、黒澤いつき、元山仁士郎、西郷南海子・著
    • 『10代からの情報キャッチボール入門』下村健一
    • 『すぐそばにある「貧困」』大西連
    • 『手話を生きる』斉藤道雄
    • 『田舎のパン屋が見つけた「腐る経済」』渡邉格
    • 『目の見えない人は世界をどう見ているのか』伊藤亜紗
    • ◆あなたとわたしの性・ジェンダー
    • 『エッチのまわりにあるもの』すぎむらなおみ
    • 『LGBTってなんだろう?』藥師実芳、笹原千奈未、古堂達也、小川奈津己・著
    • 『花嫁は元男子。』ちぃ
    • 『恋の相手は女の子』室井舞花
    • 『ジェンダーで学ぶ社会学全訂新版』伊藤公雄、牟田和恵・編
    • 『日本軍「慰安婦」にされた少女たち』石川逸子
    • はみだし! おすすめ本 『はたらく』長倉洋海
  • 6章 サイエンス、テクノロジー、そしてカルチャー
    • ◆科学が世界をひらく
    • 『ゼロからトースターを作ってみた結果』T・トウェイツ/村井理子・訳
    • 『理系の子』J・ダットン/横山啓明・訳
    • 『3つの鍵の扉』S・フェルナンデス=ビダル/轟志津香・訳
    • 『科学的とはどういう意味か』森博嗣
    • 『面白いほど宇宙がわかる15の言の葉』渡部潤一
    • 『きのこの話』新井文彦
    • 『5アンペア生活をやってみた』斎藤健一郎
    • ◆文化を読む
    • 『新編 日本の面影Ⅱ』L・ハーン/池田雅之・訳
    • 『端正な折り紙』山口真
    • 『しかしか』石井陽子
    • 『シャクルトンの大漂流』W・グリル/千葉茂樹・訳
    • 『たまたまザイール、またコンゴ』田中真知
    • 『世界中からいただきます!』中山茂大・文/阪口克・写真
    • 『世界のおばあちゃん料理』G・ガリンベルティ/小梨直・訳
    • 『ヤノマミ』国分拓
    • 『ガケ書房の頃』山下賢二
    • 『ふしぎなふしぎな子どもの物語』ひこ・田中
    • 『それでも、読書をやめない理由』D・L・ユーリン/井上里・訳
    • ◆クリエイターには秘密がある
    • 『洗礼ダイアリー』文月悠光
    • 『親愛なるミスタ崔』佐野洋子
    • 『ファンタジーを書く』D・W・ジョーンズ/市田泉、田中薫子、野口絵美・訳
    • 『少年の名はジルベール』竹宮惠子
    • 『ピクサー流 創造するちから』E・キャットムル、A・ワラス/石原薫・訳
  • あとがき ひこ・田中
  • 執筆者プロフィール
  • 監修者プロフィール
  • 著者さくいん