サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 「本」の本 ポイント5倍キャンペーン(~4/25)

アウトレットブック ポイント5倍キャンペーン ~5/5

目次

ゲノム創薬科学

ゲノム創薬科学

  • 田沼 靖一(編)
  • 第1章 創薬科学の新潮流
    • 1.1 創薬科(化)学の歴史
    • 1.2 ゲノム創薬
    • 1.3 システム創薬
    • 1.4 ゲノム診断と個別化医療
    • 1.5 ゲノム創薬とシステム生物学
  • 第2章 創薬標的分子の探索
    • 2.1 創薬標的分子の探索・同定
    • 2.2 疾患ゲノム情報の解析
    • 2.3 ゲノム医療の実現
    • 2.4 今後の展望
  • 第3章 薬物−標的分子の相互作用
    • 3.1 薬物−標的分子間相互作用に働く力
    • 3.2 酵素を標的とした薬物相互作用
    • 3.3 受容体を標的とした薬物相互作用
  • 第4章 理論的ゲノム創薬手法
    • 4.1 標的タンパク質による薬物の認識
    • 4.2 タンパク質の立体構造データ
    • 4.3 タンパク質の立体構造予測
    • 4.4 タンパク質の立体構造に基づく薬物設計(SBDD)
    • 4.5 タンパク質の立体構造に基づく化合物の探索
    • 4.6 SBDDの実例:カスパーゼ−3の立体構造に基づく特異的阻害剤の創製
    • 4.7 分子動力学法を用いたin silico創薬
  • 第5章 低分子医薬品の創製
    • 5.1 リード化合物の探索
    • 5.2 リード化合物の分子設計
    • 5.3 リード化合物の製造
  • 第6章 バイオ医薬品の創製
    • 6.1 バイオ医薬品とは
    • 6.2 抗体産生のメカニズム
    • 6.3 抗体医薬の特徴
    • 6.4 モノクローナル抗体の重要性
    • 6.5 Fc融合タンパク質の医薬品への応用
    • 6.6 抗体医薬品の命名法
    • 6.7 抗体医薬品の臨床応用
  • 第7章 ファーマコインフォマティクス
    • 7.1 ビッグデータ時代の創薬
    • 7.2 化学構造の情報解析技術
    • 7.3 医薬品候補化合物のゲノムワイドなin silicoスクリーニング
    • 7.4 ドラッグリポジショニングによるゲノム創薬
    • 7.5 ADMEのin silico予測
    • 7.6 創薬の将来展望
  • 第8章 創薬とシステム生物学
    • 8.1 システム生物学とは
    • 8.2 モデルの設計と解析
    • 8.3 システム生物学に基づく薬剤標的探索法
    • 8.4 将来の展望:システム生物学と創薬
  • 第9章 薬物の体内動態
    • 9.1 生体膜透過機構
    • 9.2 吸収
    • 9.3 分布
    • 9.4 代謝
    • 9.5 排泄
  • 第10章 薬物の送達システム
    • 10.1 DDSとは
    • 10.2 コントロールドリリース(放出制御)を目的としたDDS技術
    • 10.3 アブソープションエンハンスメント(吸収改善)を目的としたDDS技術
    • 10.4 ターゲティング(標的指向化)を目的としたDDS技術
  • 第11章 遺伝子診断と個別化医療
    • 11.1 がんに対する分子標的薬
    • 11.2 抗体医薬の抗腫瘍機序と適応
    • 11.3 分子標的低分子医薬品の作用機序と適応
    • 11.4 がんの遺伝子診断と個別化医療
    • 11.5 今後の展望