サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

修正:レビューキャンペーン(1101-30)

目次

  • はじめに 実用書としての『源氏物語』
  • 第一章 姫君の家庭教師・紫式部の教育方針
    • 1 『源氏物語』の時代 女が生きるのは大変だった
    • もしもあなたが平安時代の姫君に生まれたら/めでたく天皇妃になってもこんなにストレスフル/貧乏女子が結婚できない時代/シングルマザーになった紫式部/大貴族の家庭教師という職業
    • 2 紫式部はなぜ『源氏物語』を書いたのか?
    • 後宮で大事な「サロン作り」/紫式部の立場と悔しさ/平安中期のお粗末な性教育/物語は現実を映す鏡/ダイレクトな性ではなく性に至る過程を描く/「セクハラ」や「レイプ」の頻出する世界/嫌なものは嫌と言っていい
    • 3 紫式部が「物語」を教材に選んだ理由
    • 物語の地位向上のため自らPR/物語にこそ真実が書かれている/ヒロインの女君たちは物語から学ぶ/教科書検定のような物語選び/先の分からぬ世の中で武器となる学問/実は女子にも学問は必要だった
  • 第二章 男に大事にされ、かつ生き延びるには 紫式部が考える理想の女
    • 1 「男に愛される女」が死ぬという設定 紫式部の真意
    • 幸運に恵まれたヒロインの死から始まる/「男に愛される女」が死ぬ衝撃/愛されても、「なめられる女」「嫉妬に押しつぶされる女」は死ぬ
    • 2 源氏の育てた理想の女・紫の上 男に愛され、嫉妬に殺されないためには
    • 女は心が柔軟なのがいい、のか/“やはらか”だけでは生き抜けない/実は嫉妬深い「理想の女」/危機に瀕して発揮される“やはらか”な強さ/自分をないがしろにしない
    • 3 自分を大事にした明石の君 身分以上の結婚と出世をするには
    • 美貌至上主義の時代、あえて「心」に注目/働いて輝く女/デキる女は押さえるツボと自分を知っている/卑下するようで自分を尊重
    • 4 決断力の女・藤壺中宮 人の上に立つには
    • 実は物語最強の女/決断力とは「やめる勇気」のこと/したたかな「悪女」が男に愛される/女オタクでは后になれない
    • 5 『源氏物語』に描かれる反面教師 時代後れな「理想の女」
    • きちんとしすぎて気詰まりな女・葵の上/重くて、相手も自分も苦しめる女・六条御息所/歌の贈答数が物語る御息所の「弱さ」/「自分を知らない女」は怖い/「自分を出せる相手」とつき合うべし
  • 第三章 職場で生き抜くには 人に認められる女になるための処世術
    • 1 何がなくても自己肯定
    • 自分だけは自分を見捨てない/「身の程」を知らされる扱いとの闘い/プライドが自分を守る
    • 2 セクハラ満載の社会で女が生き延びるには
    • 玉鬘に学ぶ「迫る男のかわし方」/平安男のモラルはサイテー/後ろ盾のない女の危険で過酷な日々
    • 3 つまらぬことばも喋り方しだい
    • 乳母の良し悪しで決まる女の運命/貴族社会の常識と教養/何かを伝えるには形が大事
    • 4 とにかく足を引っぱられないようにせよ
    • マウンティング社会で生き抜く処世術/目をつけられないようにする/平安時代の働く女性はストレスがいっぱい
    • 5 赤の他人の親切には感謝の気持ちを
    • いかに人の嫉妬をはね返し味方につけるか/派閥をつくることの大事さ
  • 第四章 死にたいあなたに あなたを人間扱いしない者とはつき合うな
    • 1 ダメ女たちの物語・宇治十帖
    • 物語で最下層のヒロイン・浮舟の登場/もう一人の夕顔、もう一人の紫の上/ダメなヒロイン浮舟と「モラ夫」薫/ダメ女の目覚め/浮舟を追い込んだ元女房のえぐい会話/理想の女が果たせなかった快挙を実現/よろよろとひとり立ち上がるダメ女
    • 2 『源氏物語』の教訓
    • 人間は男も女も欲望のためには噓をつく/財産目当てで結婚する男がいる/男は「二心のない人」がいちばん/偉そうに誠実ぶっている人ほど裏の顔がある/格下の女を人間扱いしない男がいる/どんなダメ人間でも生きる価値がある/「私は私」、誰かの身代わりじゃない/目的を自力で達成することが生きる喜びにつながる/自分の幸せは自分で決める/あなたを人間扱いしない者とはつき合うな/心がすれ違うのが人間というもの
  • おわりに 「ダメ女」は実はダメじゃない
    • かけがえのない人などいないという教え/誰かの「身代わり」にされた女が「不倫」をする/人から見てダメだっていい
  • あとがき
  • 本書に出てくる主な物語とエッセイ
  • 参考原典と参考文献