サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 私が22歳で出会いたかった本 ポイント5倍キャンペーン (~5/23)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 私が22歳で出会いたかった本 ポイント5倍キャンペーン (~5/23)

目次

  • 序章 経済地理学のために
    • 1 本書の狙い
    • 2 学説史的な基礎づけの強化
    • 3 方法論の再構成
    • 4 「二視角の統一」に向けて
    • 5 「現状分析」の知としての経済地理学
  • 第Ⅰ部 経済地理学の根本問題
  • 第1章 地域構造論の新展開
    • 1 “地理的現実”の大転換
    • 2 「経済の地域的循環」への着目
    • 3 “産業論的パースペクティブ”の意義と問題点
    • 4 経済循環の「空間的分岐」視点への転回
    • 5 新展開の方向性
  • 第2章 経済地理学の「理論」についての考察
    • 1 アポリアとしての「理論」の位置づけ
    • 2 「国民経済的視角」と「地域的視角」の統一という収斂方向
    • 3 経済学と地理学の「学際領域の学問」ということの含意
    • 4 理論と実証を結ぶもの
    • 5 経済地理学「復権」の条件
  • 第3章 「未完のプロジェクト」としての地域構造論
    • 1 「地域」認識の革新を完遂するために
    • 2 「経済循環」視点の徹底化が意味するもの
    • 3 「二重運動」視点に基づく地域像の再検討
    • 4 「空間的組織化」視点からみた市場社会における「地域」の生成
    • 5 新しい“地理的現実”解明の鍵
  • 第4章 サービス経済化の地理学
    • 1 “地理的現実”を変容させる二つの動力
    • 2 サービス経済化をめぐる論議が迷走する理由
    • 3 なぜ「貯蔵も輸送もできない」点を重視するか
    • 4 経済循環の空間的組織化という視点
    • 5 グローバル経済化への「対抗力」としての役割
  • 第5章 「生産の地理学」を超えて
    • 1 「知識産業」に牽引されたサービス経済化
    • 2 「認識論的障害」としての主導産業=「知識産業」説
    • 3 “情報化社会”と“サービス社会”の「二重基調」
    • 4 サービス経済化の地理的インパクト
    • 5 求められる経済循環の地理学への方向転換
  • 第Ⅱ部 国土政策論の再構築
  • 第6章 「マクロ空間政策」としての国土政策
    • 1 「プラザ合意」の意義
    • 2 現代資本主義の空間的フレームワーク
    • 3 「マクロ空間政策」の成立と展開
    • 4 変容する“マクロ空間”
    • 5 空間論的アプローチの重要性
  • 第7章 政策現象としての地域開発
    • 1 政策論研究の社会科学化に向けて
    • 2 地域開発をめぐる研究の二方向
    • 3 「実践的要求」から出発する研究スタイルの難点
    • 4 「実践的要求の基礎に向けて分析を進める」研究スタイルへの転換
    • 5 社会科学としての焦点は「政策形成」過程の解明にある
  • 第8章 「国土政策」研究における経済地理学の役割
    • 1 「理論・歴史・政策」説への疑念
    • 2 政策論研究の現状
    • 3 「展望的」政策研究が看過したもの
    • 4 経済地理学からの逆照射
    • 5 問題群への注目による「地域構造」把握の立体化
  • 第9章 戦後日本における国土政策展開の初期条件
    • 1 「理念」と「現実」という問題設定の難点
    • 2 川島哲郎の「徹底した産業政策」説
    • 3 敗戦後の日本経済
    • 4 復興軌道をめぐる議論の経緯
    • 5 「負の遺産」によって規定された国土政策の展開方向
  • 第10章 戦後高度成長期の立地政策
    • 1 歴史的勃興期の主役「太平洋ベルト」
    • 2 戦後立地政策の「揺籃期」
    • 3 「太平洋ベルト」構想の登場
    • 4 全総計画ついに始動す
    • 5 立地政策の有効性を裏づけた「キャッチアップ型」成長
  • 終章 経済地理学の基礎にあるもの
    • 1 関係論的視座への収束
    • 2 ブラーシュ地理学の“ミッシング・リンク”
    • 3 なぜ経済学と地理学で世界の「見え方」が違うのか?
    • 4 資本主義社会という対象の特殊性
    • 5 経済地理学の基礎にあるもの
    • 6 新しい“地理的現実”の解明に向けて
  • 附論 初期論稿二篇
    • 初期論稿1 経済地理学の方法に問する覚書
    • 初期論稿2 「地域構造」分析・序説