サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

5/10 【HB】丸善 丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』第3弾(~6/14)

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神

プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
5 件中 1 件~ 5 件を表示

2006/01/01 19:40

投稿元:ブクログ

内容はキリスト教についての知識はないとよくわからない。ただし、訳者による解説は読む価値がある。こんな論文を書いてしまうウェーバーはすごい。

2010/12/08 09:49

投稿元:ブクログ

かなり本文は難解だったが、解説を踏まえてそれなりに理解はできた。あくまでそれなりだが。
近代資本主義の構造を禁欲的プロテスタンティズムの歴史を社会学的に考察し、関連づけながら説明されている。
普通の人は資本主義は貨幣欲やら貪慾から来ていると思うものだけど、ウェーバーは宗教からアプローチしてそれを解明しようとした。その着眼点はすごいとしかいいようがない。

2012/10/06 11:23

投稿元:ブクログ

 久しぶりに歯ごたえのある本を読んだ。内容も難しいし、注釈が多くて読むのに時間がかかった。たまにはこういう本も読まないとね。
 プロテスタントの考えには労働によって資本を蓄積することを許容・推奨する要素があり、それが資本主義の成長につながったというのがもの凄くざっくりした概要。細かいところは上手く説明できない。ある程度宗教の知識があった方が面白く読めるかも知れない。
 あと何年かして、もう少し賢くなったら読み直そう。

2012/06/15 10:31

投稿元:ブクログ

キリスト教(プロテスタント)の価値観が資本主義成立に如何にして寄与したかを研究した本。

大学入りたての時に読まされた本なので、あんまり理解できてないかも。
訳はちょっと読みにくい。というか固い。
英語が出来る人はそっちで読んだほうがいいかも。
原書(ドイツ語)は読んだこと無いからしらん。

マルクスとの対比でよく引用される本なので、社会学学部学生は早めに読んどくとあとあと便利。

この前教授に聞いたら、最新版のほうは読みやすくなっているとのこと。

【以下内容三行】

神「浪費すんな 禁欲しろ」
信者「働いて投資します」
資本主義成立\(^o^)/

2013/07/01 22:10

投稿元:ブクログ

社会学の金字塔。
近代資本主義を支える、精神の由来と歴史的変遷を述べています。
本書の重要な点は決して古プロテスタンティズムが資本主義を生み出したとは言っていない点です。
古来から資本主義的な経済は世界中に存在していました。しかし、西欧のある地域において発生した資本主義はそれ以外の経済と区分して近代資本主義と定義しています。
近代以前の資本主義は投機を中心とした冒険的、熱情的な活動であったのが、西欧の近代資本主義は冷静沈着な合理的計算に基づく活動でした。
それを支える資本主義の精神の由来を宗教改革期の古プロテスタントの精神活動に求めて解明していきます。
そして分析の中心となるのが理念型や価値自由といった、諸概念です。
とてもダイナミックな精神史が描かれ、意外な展開が繰り広げられる読んでいて飽きることがありません。
読みやすいが内容の把握が難しいという本当の名著だと思います。

5 件中 1 件~ 5 件を表示