サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0120-26)

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

和本入門 千年生きる書物の世界

和本入門 千年生きる書物の世界 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

古書店主の力

2006/01/13 16:09

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:赤い灯 - この投稿者のレビュー一覧を見る

和本についての不明な事項、たとえば古書目録掲載の和本に「ノドに傷あり」と書かれている場合、私はまず、中野三敏『書誌学談義 江戸の板本』(岩波書店、平成1995年刊)を繙く。『日本古典籍書誌学辞典』(岩波書店、平成1999年刊)で確かめる必要もない程である。近世文学研究の碩学にして愛書家の著者ならではの著作であり、さらに和本周辺について同氏には『江戸文化評判記』(中公新書、1992年刊)・『本道楽』(講談社、2003年刊)等も備わる。
『和本入門』の著者である古書肆誠心堂書店主橋口氏は、当然以上の事を承知の上で本書を著している。「入門」という題名で分かるように、好事家目当ての珍本・稀覯本についてや「お宝」話ではない。初級・中級・上級と本書を読み進むうちに、自然と和本を観る目が形作られ、古書展や古書店に足を向け、和本を手にしたくなるような仕掛けになっていた事に気付かされる。これこそが本書の主眼であるが、一方で平明な文章で書かれていながら、書名・人名などに施されたルビ一つをとっても、並の研究者なら尻込みしそうである。江戸時代の人名は本名・号・字など多く、また読み方に悩まされる。蜀山人大田南畝の本名は「覃」であるが、「たん」なのか「ふかし」なのか。書名も同様である。単に読みやすさだけのルビでない事は、江戸時代に関心が多少はある者には自明であろう。このような点からも「古書店主の豪腕」の何たるかを知る事ができる。毎日、和本の墨の匂いの中で過ごされている人ならではの、和紙・和本のもつ強さと優しさが味わえる好著である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/08/07 14:44

投稿元:ブクログ

いやしくも何かしらの形で本に携わる人間ならば、私達日本人がかつてどのように書物と関わってきたのかを知っておく必要があるだろう。そうした日本の伝統的な書物について、豊富なエピソードと共に歴史や概要、作法を平易に教えてくれるのが本書である。著者は書誌学を専攻する学者ではなく、実際に和本を取り扱う古書店の店主である。本への愛情が行間に滲み出ており、それがまた心地よい。写本は勿論だが、仮令版本であっても、それは洋書と異なり世界に唯だその一冊しかない。刷りの具合、書き入れ、どのような人の手で保存されて来たのか、数百年を経る和本はその一冊だけの個別情報が詰まっているからだ。近世の版本中心になるのは仕方ないとしても、非常に愉しく読める一冊。

2010/05/25 21:46

投稿元:ブクログ

いやしくも何かしらの形で本に携わる人間ならば、私達日本人がかつてどのように書物と関わってきたのかを知っておく必要があるだろう。そうした日本の伝統的な書物について、豊富なエピソードと共に歴史や概要、作法を平易に教えてくれるのが本書である。著者は書誌学を専攻する学者ではなく、実際に和本を取り扱う古書店の店主である。本への愛情が行間に滲み出ており、それがまた心地よい。写本は勿論だが、仮令版本であっても、それは洋書と異なり世界に唯だその一冊しかない。刷りの具合、書き入れ、どのような人の手で保存されて来たのか、数百年を経る和本はその一冊だけの個別情報が詰まっているからだ。近世の版本中心になるのは仕方ないとしても、非常に愉しく読める一冊。

続編も出てます。

2010/11/13 13:55

投稿元:ブクログ

和本にかかわるようになって、最初に読んだ一冊です。
老舗の古書店の旦那さんだけあって、経験者ならではのお話がいっぱい。
和本の基本的なことを知るのに、すごくためになりました。最後の「電子レンジ」で虫退治、やってみたいようなこわいような…
続編もおすすめです。

4 件中 1 件~ 4 件を表示