サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0223)

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

貧乏という生き方

貧乏という生き方 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.5

評価内訳

7 件中 1 件~ 7 件を表示

2011/02/27 18:01

投稿元:ブクログ

貧乏暮らし

その日暮らし

そんなにつらいことかなって

思うんですよ

たしかに

僕の場合

病院代とか

ちょこちょこかかるけど

でも

そんなに稼がなくても

生きていけるなぁって

思うんですよね

一日6時間くらい働いて

30万位もらいたいな

そんなことを思っています。

でね

この話は

都会

といっても埼玉

の生活を捨てて

貧乏として生きると決めた人の話

すごくいいことがたくさん書いてありました。

そして

自分にとって必要なもの以外は

捨てる

生活にやっぱりあこがれます

僕の中で必要なものは

・本

・自転車

・洋服類

・カメラ

・たまにのテレビ(主にたまにのゲームとDVD用)

質問を変えよう

これから買う必要があるものは

旅用の自転車

とグッズ

以上

あと

ほしいものなんて

ない

だから

ほしいものを買ってしまったら

何のために

働くんだろう

という

疑問が出てくるかもしれない

そのときはそのとき

考えよう

なんだろうね

自分で考えて

自分で決めていこう

ほんと

世の中の

情報に流されないように

それだけですよ

2010/03/16 02:04

投稿元:ブクログ

貧乏暮らしは、「貧乏臭い」暮らしとは異なると気づかせてくれた本です。

僕も貧乏暮らしに興味があり、いくつかの貧乏本(?)を買い求め、値引き商品やら特売商品など、いかにセコセコするかに力を注いでいました。
でもそれらは全て、「貧乏」ではなく「貧乏臭い」暮らしだったのです。
本書にもあるように、こんな暮らしでは心まで暗くなってしまいます。

第一章は食生活について触れられているのですが、一読して「豊かな食生活だなぁ」と圧倒されました。
転じて、日々カップラーメンやファーストフードに浸っている自分の食生活ときたら…。

衝撃を受けました。
一読を強くおすすめします。

2012/06/13 21:30

投稿元:ブクログ

お金で買わない(買えない?)代わりにどうしよう、と考える。これは重要かもしれない。お金を使ったことで心が満たされることは意外と少ないかもしれない。なんてことを改めて感じさせてもらった

2010/10/04 10:09

投稿元:ブクログ

貧乏を楽しんでる感じが面白い。最初の方はふざけてたのになんか所々マジになってるっぽいのがこわい。面白いんだけど、ふざけに徹したほうが楽しめたかな。しかしその一歩間違えば狂人みたいなとこが魅力なのかも。

2014/12/17 17:46

投稿元:ブクログ

何かで知って借りたもの。貧乏ハウツーというより、コラム、哲学的な本だった。ちょっと期待外れ。ご飯を土鍋で炊くのはまた試したくなった。やっぱ便利に流されちゃってんだよなー。物を減らすってのがここにも出てきた。やはり身軽でいるのが大事だよな。100均とかプラスチック製品をことごとく嫌っていて、確かに安っぽいよなと思いつつ、全然手放せないわ。

2013/02/21 01:26

投稿元:ブクログ

読みやすい文章。
気軽にスラスラ読めた。

しかし、著者ご自身の選択した「貧乏のあり方」以外のものに対しての攻撃性が気になってしまった。

徹底的に100円ショップを罵倒して、そこに集う人間の精神の貧しさを説いたかと思えば、「自分はコンビニで立ち読みをするが、コンビニでの立ち読みは店側の防犯に役立つ」とも書いている。

はたから見れば、コンビニでの立ち読みも精神の貧しい行為にしか見えないが、著者の方が決めた「貧乏論」では、これは貧しい行為ではないということなのだろう。

自己正当化にしか見えないなぁという思いを抱くページが、この他にも少なからずある本だった。

2012/11/18 12:29

投稿元:ブクログ

http://staygold1979.blog.fc2.com/blog-entry-371.html

7 件中 1 件~ 7 件を表示