サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

真昼の花火

真昼の花火 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

2014/06/19 10:54

投稿元:ブクログ

布団の打ち直しを家業にする実家に反して、従来の布団の繊維を覆す新商品布団を販売する志宮の複雑な気持ち。

自分が仕事で成果を得るにつれて
家族が経営不振に陥る姿を見るのは心苦しいけれども、彼にもまかされた仕事をまっとうする使命がある。複雑。

最後の方は敏腕で無情な上司に話を持って行かれてしまったような気も^^;

上司に弄ばれた女社員が電車で心中するところが怖かった。

他短編。
戦時中に牛乳瓶を売る幼い子供を持つ未亡人。
ボクシング選手とコーチの絆。
終戦でうやむやになった卒業証書のはなし。

時代を感じる話だったけれど、結構すんなり話を受け入れることができた。
著者は亡くなっても彼が経験したものは物語となっていつまでも後の時代の人にも伝わるんだねえ。

どの話も結末がどれもほろ切ない)^o^(

2017/03/05 17:34

投稿元:ブクログ

昭和が舞台の4つの短中編作品。どの話も少しばかり陰がある暗い話で、登場人物の感情の描写がすごく細やかだった。表題作は家業と企業の板挟みに苦しむ「私」の心理が巧妙に描かれた作品。その巧みな心理描写と読みやすい文体で、「私」に感情移入でき、最後までハラハラドキドキと「私」の行く末を案じながら読むことができた。ほんの僅かだが、ミステリー的要素も含まれ満足できる一冊。他の作品も読んでみたい。

2 件中 1 件~ 2 件を表示