サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー11件

みんなの評価3.5

評価内訳

11 件中 1 件~ 11 件を表示

紙の本

本当は☆を一つ足したいところ。悪くはないですが、でもヴァーチャルなところを除けば陳舜臣のミステリと同じじゃないか、なんて思ったりします。古典的な本格ミステリの限界を見せてしまったといえるでしょう

2010/11/03 13:30

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

このカバーは文春というよりは講談社のデザイン系列ですね、ま、講談社が中国人のミステリをソフトカバーで出す、なんていうことは無いんでしょうが、雰囲気は完全に講談社スタイル。で、です。この本のつくりの面白さは、ソフトカバーのせいでしょうか、見返しと扉の枚数です。ま、業界用語の定義で言えば見返しは効き紙と遊び各1枚ですし、扉も1枚でいい。目次の頁が続いて、で序章に行くかと思うと、そこに一見すると黒い頁が4つ、あるわけです。

実物を見てもらうしかありませんが、目次の裏頁は黒地に

装幀   坂野公一( welle design )
写真提供 アフロ

と白抜き。でその向かいの頁も黒地に白抜きで

テクノロジーはいつの時代も人から始まる
―――ある携帯電話会社の広告より

               科学は人間のなにを変えたのか?
               ―――エドワード・テナー

とあります。で問題は、その次の見開き頁。これが再び黒地で、右は黒、左は黒地に書名の虚擬街頭漂流記を白抜きで。とまあ、簡単に言えば黒い紙が普通より多めに続くんですが、この黒地が単なる真っ黒ではないわけです。どうも細かい模様が入っている。何かではあるんです。意味的にはネット世界かもしれませんが、こう、微かに見える、そういう模様ともなんともつかないものが見える。

これが各章扉になるとシンプルなんです。黒い頁に縁取りと章タイトルですから、ま、フツーです。最後はまた見返しですし、その前の奥付や著者紹介などは黒地の頁でも、あんがい講談社に多いスタイルなので、あ、しゃれてるかな? で終わります。ということで、本を開いて真っ赤な見返し紙と序章までの黒い数頁、これが装幀のキモかな、なんて思ったりします。ま、カバーのデザインも章扉とシンクロしたり、それが背にも反映したりと面白いんですけど・・・

で私としては初めてのアジア作家のミステリです。正直、アジアの事情に疎い私には、ミステリ=欧米、はっきり書いてしまえば英国と米国以外はミステリ後進国だという思い込みがあります。実際に、イタリア、フランス、ドイツ、スウェーデン、カナダのミステリを読む限り、彼我の差は大きくて、合格点を出せるのはマルティン・ベックシリーズを生んだスウェーデンだけじゃないか、って思うのです。だから、たとえ島田荘司推理小説賞受賞作であっても、躊躇う。

書店で実物を見ても、やけに派手なデザインだな、それに著者名が寵物先生? なに、先生って? って思うんです。意匠はともかく、この〈先生〉で損してると思うんですよ、この本。この文字みたら、なんだ、おりゃ? なんて暴力団やその予備軍、暴走族は絶対に手出しませんよ。ま、文庫読んでるヤクザ、なんてレアでしょうけど。ゲームオタクだって、敬遠する。何だか、学校の教師が家に入り込んでくるイメージあるでしょ? 

こういう著者名をそのまま持ってくる出版社のセンスを疑いました。だから暫し、静観。でも気にはなる。決め手になったのは出版社のHPの
               *
本格の新星、アジアから。第1回島田荘司推理小説賞受賞

2020年、台湾政府は大地震の被害で寂れた台北きっての繁華街・西門町をネット上に仮想都市として再建する計画を進めていた。仮想都市=ヴァーチャストリートの制作に携わるエンジニア・顔 露華はシステムのバグを点検するため、上司の大山とともにヴァーチャストリートへ進入し、謎の男の撲殺死体を発見する。

仮想空間でその人間に起った出来事は、特殊なスーツを装着することで現実の人体にも反映される。つまり、現実世界でもその男は殺されたのだ。だが、殺人が起った時間帯にヴァーチャストリートに存在したのは露華と大山のみ。しかも二人には完璧なアリバイが? SF的設定の中に構築された高度なトリックと、結末に思わず涙する感動のストーリー。アジアから逆輸入された21世紀本格ミステリーの傑作登場。
               *
〈21世紀本格ミステリーの傑作登場〉とあっては、無視し難い。著者名に対する不満を抱えたまま、とりあえず読み始めました。ゲームをやらない私には、そのジャンルに登場する都市に壁があるかどうか良く分かりませんが、町に内外を分ける壁が存在する、という設定は日本には戦国時代以外には、あんまりない、やっぱり中国の小説だわ、なんて昔読んだ陳舜臣のミステリを思い浮かべたりしました。

陳舜臣は、幾つか高い塀に囲まれた町やお屋敷での殺人事件を扱ったミステリを描いています。『方壷園』『北京悠々館』がそれで、これに山田風太郎『妖異・金瓶梅』を加えてもいい。これらを凌ぐのか。仮想現実を取ったら、この三作に及ばない、なんていうのは止めて欲しい。ということで読むのですが、ここがネットの上野都市の悲しさ、アジアらしさも中国らしさも感じません。陳、山田作品にあった異国情緒はどこにもない。

いや、当然なんです。仮想現実なんですから。でも、そうなると剥き出しのトリック勝負になる。詳しくは書きませんけど、設定をうまく使っているな、とは思います。特にトリックの部分。でも、これなら台湾の作家が書かなくてもいい。いや、だからこそグローバルな可能性を持つ作品なんだ、という意見があることは理解できます。でも、これならUSJで起きた殺人のほうが、もっと読んでいて楽しかったんじゃないか、って思う。無論、今回のトリックは使えませんけど。

逆に、仮想空間を使ったがためにトリックに制約がかかってしまった。そう思うんです。無論、いつかは出てこなければならなかった小説だとは思うんですが、それなら思い切ってゲームにしたほうが良かったんじゃないでしょうか。今だからこそ登場しえた作品ではありますが、その立ち位置の曖昧さは、この作品の評価を「台湾の作家の作品が、日本の賞を取った」「第1回島田荘司推理小説賞受賞」ということに限定してしてしまい、ミステリとしては急速に忘れられる、そういう気がします。

ま、ここらは異論もあるでしょうから、読んで確認してください。ちなみに、私はこの作家の作品を読むことは無いと思います。参考までに目次の丸写し。

   序章   臍帯
第一部 フーダニット
   第一章  三十歳・郷愁
   第二章  三十歳・漂流(一)
   第三章  三十歳・胎動
   第四章  娘・産声
第二部 ハウダニット
   第五章  三十歳・漣
   第六章  三十歳・漂流(二)
   第七章  三十歳・逆襲
   第八章  娘・突然の出会い
第三部 ホワイダニット
   第九章  三十歳・鼓動
   第十章  三十歳・漂流(三)
   第十一章 三十歳・崩壊
   第十二章 娘・永劫
   
   終章  烙印

   第一回島田荘司推理小説賞選評(島田荘司)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/09/14 09:01

投稿元:ブクログ

ヴァーチャルストリートで起きた殺人事件、現実の都市の過去の姿を模したその仮想都市で実際に何が起こったのか…?凝った設定と緻密な展開、途中一瞬「ああそういうことか、ありきたり」と早とちりしかけましたが、実際にはそんな浅い読みを裏切る“一枚上手”なミステリになってて、非常に面白い。ネットを利用した生活が当たり前になっている世代には読みやすい、SFになりすぎていないリアルさが良い。台湾物ということで普通の海外ミステリとは翻訳の雰囲気も異なりますが、漢字表記にカタカナルビで中華世界の香りがきちんと出ていたのも良かったです。

2010/12/07 01:42

投稿元:ブクログ

ヴァーチャルリアリティと現実世界、過去と現在が交錯して... とややこしそうな設定ではありましたが、それほど難解ではなく分かりやすかったです。読後はスッキリ。なるほど島田荘司っぽいなあと思いました。

2010/06/10 01:21

投稿元:ブクログ

ヴァーチャルと云うものが、それほど実際に全く縁遠いものでもなくなりつつある昨今。
そしてSFのガジェットとしてはもう、全然目新しいものではなくなっている昨今。
ただその仕掛けをどのようにして利用するか、その利用の仕方にアイディアが要求され得る訳ですが、解説によるとこの物語ではそれが斬新であった、とのことです。
私はミステリもSFも両方ともに詳しくないし、何が「新し」く、「本格」かとかよく判らないので、プロがそう云うならそうなのでしょうが、何となく割り切れないと云うか。
何となく、どうしようもなく、「物語の為の殺人」と思えてしまいました。
ミステリとしての仕掛けが凝っていればいるほどそう思えてしまうジレンマがあるのかもしれませんが。
しかも、ある一つの謎が解かれずに残っていると云うのは、「本格」としてはありなのか、と思うのですが、どうなのでしょうか。

SFとしては、ヴァーチャルやAIなどもう少しで実現出来そうなガジェットを使いつつも、全体的に80年代っぽい雰囲気を醸しているのは、面白かったです。

2010/08/03 02:08

投稿元:ブクログ

第1回島田荘司小説賞受賞の台湾ミステリ。仮想空間での殺人というSF的設定に隠された端正な仕掛けに大満足。さらにその仕掛けが小説全体の主題と密接に結びついているのも素晴らしい。すごいぞ台湾ミステリ!!。

2010/05/15 10:47

投稿元:ブクログ

翻訳作品。ヴァーチャルシティでの殺人と、現実世界での起きた過去の殺人がリンクしていて……という話。
世界観が独特なため読みにくいが、構成はすごく凝っている。トリックはダイナミックで、この世界ならではのものになっているので、世界観に入れるかどうかで評価が変わってきそう。
台湾の人が書いた小説を初めて読みましたが、欧米の翻訳作品よりも、日本の小説構造に似ているように思った。

2010/06/01 20:56

投稿元:ブクログ

 仮想空間で発生した殺人事件の謎を追う、SFちっくなミステリ。著者は台湾人で、本作は第一回島田荘司推理小説賞の受賞作の翻訳。

 小道具やトリックとして、実用化寸前の仮想空間やバーチャルペットを用いているが、とてもSFと呼べるレベルではない。そのためミステリとして読もうとするが、登場人物たちの思考や振る舞いが、台湾人のもともとの気質なのか、小説としての設定なのかよくわからず、話を楽しめないまま、いつの間にか解決してしまっていた。

 終盤になって、小説に仕込まれたもう一つの仕掛けが明らかになり、これはこれでミステリとして有りかな、と思うのだが、全体としてぱっとしないB級映画を見せられた感じ。

2011/04/13 16:11

投稿元:ブクログ

■第1回島田荘司推理小説賞の受賞作品って帯のキャッチを見て思わず借りちゃったんだけど、読み始めてみると台湾の作家の作品だった。なので、地名とか人名がすっと入って来なくいんだよね。だから最初はちょっと苦戦した。(笑)

■舞台が近未来の台湾なので、SF風味のミステリーとしてもなかなか。あちこちにトラップが仕掛けてあって、読み終わるころには結末はなんとなくわかっていたのに、それでもやられた感たっぷりで読み応え充分。その上、読後は『感動!』って感じになること間違いなし。

■週末の忘年会@温泉に持ち込んで読了。

2012/01/11 23:16

投稿元:ブクログ

開発途中の仮想空間で見つかった死体。
ログを辿りユーザーを見つけ出すと、その男もまた同じように殺されていた。
犯人は? 手口は? バーチャル世界と現実世界の狭間で何が起こったのか。

第一回島田荘司推理小説賞受賞作。
う~ん、なんだ。
これを書いた心意気は買う。
買うが、SFとして設定が破綻しとるよ。
しかもそれをオチに使っちゃダメでしょ。
あと主人公からしてクールなのか、夢見る乙女なのか、まったく性格が分からなかった。
分からなかったってよりその場その場で性格変わりすぎ。
ママとの関係も曖昧なままで。
むしろママの存在って必要か?って思ってしまった。
とにかくまず人間を書かないとなあ。

第2回受賞作の『遺忘・刑警』を原書で読もうと思ってたんだけど、なんだかめげてきたぞ…。

2016/07/23 07:36

投稿元:ブクログ

VRを題材にした本格ミステリ。VRをファンタジーとして扱うのではなく地に足の着いた近未来技術として扱いつつ、5W1Hと不可分に結びつけている点が秀逸。島荘の選評にもあるように日本のSFミステリには少ない方向性だが、日本以外でも少ないような気がする。

2016/10/30 11:19

投稿元:ブクログ

仮想空間で産み育てていた死んだ娘が間違って人を殺してしまったという話。縁は仮想であっても義理であっても、血の濃さではなくその人その人の性格・資質によるところが大きいのだろうなあと感じた。

ギミックとしては、仮想空間で現実の80%の力が出せるというのがやや疑問だった。相対的な制限ではなく絶対的な制限(○○キロ以下)を設けるのが、MITでドクターまで取った研究者なら、やることなのではないかと。それもソフトウェアではなく現実世界のハードウェア側に。ただそこを制限してしまうと殺人事件が起こらなくなってしまうから無理なのかな。まあそこがやや不満だったので☆4です。

11 件中 1 件~ 11 件を表示