サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

宅配買取宅本便ポイントアップキャンペーン(~12/31)

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

紅kure‐nai 6(ジャンプコミックス)

紅kure‐nai 6 みんなのレビュー

コミック

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.6

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
6 件中 1 件~ 6 件を表示

2010/12/05 06:26

投稿元:ブクログ

おっと、話が原作ルートに戻った。
………………え、もどっちゃうの?
うおお、この人ならやりかねないから恐ろしい。

2010/12/06 10:05

投稿元:ブクログ

オリジナルエピソードを挟みつつ、ようやく小説2巻のクライマックスにさしかかりましたな。
それはそうと、いつの間に著者がこんなにたくさんになったのかしら……
あと「電波的な彼女」の続編をぜひ。

2011/07/29 10:07

投稿元:ブクログ

前巻から引っ張った割にはサクッと終わった感じ。で、切彦の話だが今のこと面白さなし。だんだん紫がうざく感じてきた。

2011/03/19 01:52

投稿元:ブクログ

1,2巻のハーレム漫画雰囲気は少し抜けて若干ストーリー重視に。若干。
5巻のレッドキャップ編はあっさり終わりすぎてなんかガッカリだった。
特に相手の手下とか、重要キャラっぽい雰囲気をかもし出しておきながら1コマで、しかも脇役に倒されるとか。
当て馬にしても酷すぎる。小説ベースだから尺の関係で色々あるんだろうか。
まあ銀子かわいいから許す。

2011/09/17 22:52

投稿元:ブクログ

前巻から引き続くレッドキャップの話はあっさり終わりすぎて消化不良。あの程度の説得で最後あの場所に行く所まで変わるというのは正直説得力のある展開とは言いがたい。本気で絡んだ事件以外で絶奈と出会った所は面白い。今後どう動くかに期待。今巻で新しく始まった切彦とのやり取りは色々な要素が絡み始めてなかなか期待させられる展開。

2014/03/29 15:22

投稿元:ブクログ

≪レッド・キャップ≫編がベタッとした終わり方を迎え、ストーリーは原作の方へ。悪宇商会が真九郎と接触し、真九郎は自分が家族を失うことになった八年前のテロに同じく巻き込まれていた少女、志具原理津と出会う。正体がバレた切彦に腹を刺される真九郎。真九郎は毎回血を流している気がする。

6 件中 1 件~ 6 件を表示