サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

hontoレビュー

この人から受け継ぐもの

この人から受け継ぐもの みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー17件

みんなの評価4.3

評価内訳

17 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

この人が残してくれた遺産

2011/02/04 08:11

9人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 この本の書名『この人から受け継ぐもの』の「この人」とは、大正期の思想家吉野作造であり、作家で詩人の宮沢賢治であり、戦後の道しるべであった丸山眞男であり、ロシアの作家でチェーホフである。
 そして、同時にこれらの人々の生き方や思いに寄せた、劇作家であり作家でもあった井上ひさしのことでもある。
 そう、この本の書名は昨年亡くなった「井上ひさしから受け継ぐもの」であってもちっとも構わない。

 本書には井上ひさしが先にあげた先人たちについて語った講演記録三篇とエッセイ二篇が収められている。どれも読んでいて井上ひさし流のユーモアが散りばめられていて楽しい。きっと実際の講演は笑いが絶えなかったのではないだろうか。
 特に大正デモクラシーの旗手でもあった吉野作造について語る井上の話は実に巧妙で、興味しんしんに聞きいっているうちに、憲法や国家のありかたを学び、考えさせられるように導いている。そのように内容が充実しているのは、井上ひさしがすこぶる勉強家だったからだと思う。
 丸山眞男について語った講演のなかに井上が戦争末期の貴重な資料を手にいれるエピソードがあるが、わずかの差で手にはいらなかった資料を古本屋と掛け合い写本するなど、まるで昔の書生のように実直で、頭が下がるのである。
 井上ひさしの遅筆は有名だが、このようなこだわりが結果として遅筆になってしまったのではないだろうか。

 井上ひさし自身がこれらの先人が残したものを「読み継いでいこう」としたように、井上が亡くなった今、私たちもまた井上ひさしが残したものを「読み継ぎ」「受け継」いでいかなければならない。その先に井上が願った世界があるような気がする。

 ◆この書評のこぼれ話は「本のブログ ほん☆たす」でお読みいただけます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

井上ひさしの思想

2011/03/01 09:22

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:K・I - この投稿者のレビュー一覧を見る

井上ひさし『この人から受け継ぐもの』(岩波書店)を読んだ。
吉野作造、宮沢賢治、丸山真男、チェーホフといった人たちの人生や思想を紹介しながら、井上ひさし自身の思想を語った本だと思った。
吉野作造、宮沢賢治については詳しく人生が紹介されていて、興味をもった。
吉野作造とその弟を主題にした『兄おとうと』も読んだが、なかなか吉野作造という人は興味深い人だな……と。
宮沢賢治については、今までかなり苦手意識があったのだが、その人生を知って、興味をもった。父親との反目など現代に通じるテーマを賢治も生きていた、ということなのだろう。
井上さんの戯曲は亡くなった後にいくつか読んだが、これからも折に触れて、読んでいこう、と思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

井上ひさしが受け継いだもの、井上ひさしから受け継ぐもの

2011/07/18 13:36

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:稲葉 芳明 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 初出は「憲法は政府への命令」(講演・原題「吉野作造を読みかえす」<岩波の文化講演会>2003年5月)、「ユートピアを求めて」(講演・原題「なぜいま宮沢賢治か」<農民ユートピア講座>1989年5月)、「戦争責任ということ」(講演・原題「丸山眞男先生に私淑して」<第二回「復初」の集い>2001年8月)、「笑劇・喜劇という方法」(原題「私のチェーホフ」朝日新聞夕刊2004年5月~6月にかけ5回掲載)、「笑いについて」(「図書」2002年1~4月号、未完)。
 吉野作造の憲法・国家論、宮沢賢治にとってのユートピア、丸山眞男の戦争責任論、チェーホフの喜劇――井上ひさしが深く魅せられてきたこれらの思想家・作家への思いの丈を、今回単行本としてまとめたもの。いずれも平易な語り口ながら――講演というせいも大いにあるが――中身は浅薄では決してなく、これら四人の思想家・作家と井上氏の関わり、および現代日本でどう位置づけられるかを深く掘り下げている。一冊の書物としてみた場合、この四人を貫く芯のようなものを欠くのが残念だが、これはまあ井上氏の死去後(恐らく)未発表原稿を編集したのだろうから、ないものねだりというものか。
 井上氏の信念・信条に深い影響を与えた四人だけに、読んでいてなるほどと納得することが多々あったが、一番印象深かったのは宮沢賢治を語った稿。「賢治の童話では、人間はもちろんですが、自然のなかの全部のものが人間としゃべって、人間と交流し合って、話をし合います。これは賢治がわれわれの時代に残していった最大のメッセージの一つだと思います」と述べ、次に著者は「ユートピア」論に移る。ところが、「正直にいいますと、ぼくはユートピアの世界というものが大嫌いなのです」という発言にオヤッと耳をそばだててしまう。井上氏は制度としてのユートピアを否定し、時間のユートピアこそ成立可能だと説き、「演劇という装置は人を集めて時間のユートピアをつくりだし、その宇宙で一回だけの集まりが毎晩できてはこわれていくものだと思うのです。そのできてはこわれていくというところに、私は非常に生きがいを燃やしています」と熱く演劇論を語る。この姿勢――終生現役劇作家として、最後まで旺盛に芝居を書き続けた井上ひさしの気概と理念と覚悟――に素直に胸打たれた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/05/24 22:03

投稿元:ブクログ

宮沢賢治以外、ほぼ知らない人ばかりについての話だった。
(宮沢賢治も、大学でゼミをとったが、チンプンカンプンだった。結局一冊も読んでいない→ホントに私は日本文学科卒か!?)

それでも、彼独特の文章で、引き込まれて読んだ。
戦争責任の話はすごかった。

2011/03/27 21:34

投稿元:ブクログ

ファンだから。井上ひさしのファンだから。
ファンだから思わず手に取って即買いなんてことをしてしまった。
チェーホフや笑いについても書いてあるし、よさそう!と思う。

井上ひさしはたくさんの評伝劇のようなものを残している。
「頭痛肩こり樋口一葉」(樋口一葉)
「我輩は漱石である」(夏目漱石)
「人間合格」(太宰治)
「太鼓たたいて笛吹いて」(林芙美子)
「兄おとうと」(吉野作造とその弟)
「ロマンス」(チェーホフ)
などなど。たくさんある。
そして、これらの人々の著作をおそらく全て読んでおられる。
ということをどこかで聞いた。ありえん。
確か、井上ひさしの図書館ができたはずだ。
私は図書館へ行ってもここの本全てに接することはないだろうと、
時々悲しい思いになるが、自分ひとりで図書館がつくれる量。
これはすごい。

で、そんな井上ひさしさんはただのんべんだらりと読むわけではない。
そもそも、のんべんだらりと読み続けることは苦痛に違いない。
そこから何か面白いことを感じとったり、考えたりするから、
読み続けることが可能になるのだ。
「この人から受け継ぐもの」
そう思ってたくさんの本を読んで人物に触れてこられたに違いない。
なんとすごいこと!
そこまで主体的に「考える」ということに身をやつしたい。
そう思う。
そうすれば、世界をどうみるのか、自分の目がはっきりとピントを合わせ始めるに違いない。
風評や、社会的意見みたいなものに惑わされない自分の目。
それを持つ時に、先達の書いた膨大な本は、私たちを助けてくれる。

2011/06/30 19:04

投稿元:ブクログ

 憲法は政府に向かって発している命令…吉野作造の人物像や憲法、国家論。
宮澤賢治を主人公にした芝居『イーハトーボの列車』を書いてたとき掴んだ賢治像。
政治学者・丸山眞男の論文を通し、手に入れた箱根会談の資料、東京裁判に焦点をあて戦争責任について述べる。これら3本の講演をまとめたものと、ジョン・ウェルズ、アリストテレス、ルイ十六世の日記や作品を挙げ笑いの謎と本質に迫ったエッセイが収められている。

心に残った箇所を断片的に記す。

「原稿用紙に向かいまするとマス目マス目に字がビョンピョン踊り出して『どうぞ早く書いてください』とお辞儀をするという。」作家先生が喜びそうな宮澤賢治のエピソードである。

チェーホフ『三人姉妹』の作品を通して、別の場所モスクワに憧れるあまり今いる場所を軽んじ、ほとんどすべてのものを失ってしまうのである。ユートピアとは別な場所の事ではなく、自分のいまいる場所のこと、そこをできるだけいいいところにするしか、よりよく生きる方法はないということを信じるしかない。三人姉妹はこの覚悟が欠けていたと、井上ひさしの思いの一端が述べられている部分である。
宮澤賢治もチェーホフも読んでない(・_・;)本書を読み終えて新たな発見をした!

2011/02/27 10:49

投稿元:ブクログ

井上ひさしさんの講演や原稿をまとめたもの。
「憲法は政府への命令・吉野作蔵を読み返す」
「ユートピアを求めて・宮沢賢治の歩んだ道」
「戦争責任ということ・丸山眞男に私淑して」の講演録はどれもわかりやすい。勉強しよう、もっと知りたいという気持ちになる。再読!そして関連情報もきちんと知らないといけないな。

2011/07/05 22:45

投稿元:ブクログ

(2011.07.04読了)(2011.06.22借入)
「吉野作造」「宮沢賢治」「丸山眞男」「チェーホフ」「笑い」について、井上ひさしが考察した本です。井上さんは、けっこういろんなことに関心を持っていたということがわかります。
章立ては、以下のようになっています。
1.憲法は政府への命令 吉野作造を読み返す(2003年)
2.ユートピアを求めて 宮沢賢治の歩んだ道(1989年)
3.戦争責任ということ 丸山眞男に私淑して(2001年)
4.笑劇・喜劇という方法 私のチェーホフ(2004年)
5.笑いについて(2002年)

井上さんは、2010年4月に亡くなっていますので、遺作ということになります。
「笑いについて」は、「図書」に連載し、4回で中断しています。

●吉野作造の仕事(14頁)
吉野作造は、日本にとっくになければいけないのに、まだない仕事を一人で始めます。例えば、お金がなくて産婆さんさえ呼べない産婦さんを収容する、貧民のための産院を作る。お医者さんにかかるお金がない人のための貧民病院を作る。大工さんが道具を質屋に預けて、仕事があるときは、質屋に行ってお金を払ってその道具を取り戻さないと仕事ができない、そういう人のための貧民銀行、つまり相互金庫を作る。
●国際連盟脱退(25頁)
日本の心ある人たちが政治では国際的孤児になったけれども、ほかのところでは国際的なところへ入っていこうというので、一つは東京オリンピックの昭和15年開催を決めます。もう一つはペンクラブの日本支部を作って、同じく昭和15年に日本でペンクラブ国際大会を開こうということを決めます。(ペンクラブの所轄官庁は外務省です)
●宮沢賢治の父の職業は質屋兼古着屋(29頁)
江戸時代から、古着屋というのは、京都で流行った着物が次の年、あるいは2~3年たって「これ、もう流行じゃないわね」みたいな感じになってから船で酒田や松前、あるいは八戸とか、東北のいろいろな所へ着きます。つまりいまの日本のアパレル業界が「これはパリで流行ってます」と言って東京の人に買わせているのと同じことで、どこかの有名ブランドの商品を地方へ売るときの、その地方の拠点が古着屋だったのです。
●宮沢賢治が読まれる理由(44頁)
批評家に向け書いたり、ごく少数の劇場に向けて書いたりしているとだめで、広く、日本人すべてに向かって訴える文章であったことが、宮沢賢治がこれほどわれわれに読まれ、かついま世界中にすごい信者が増えてきている理由だと思います。
●一生を楽しく生きる(52頁)
百姓はただ土を耕しているだけでは駄目であって、同時に芸術家でなければいけない。さらに同時に宗教家でも科学者でもなければいけない。一人の人間は少なくともその四つぐらいを兼ね備えないと人間として楽しく一生を送れないということを、手を替え、品を替え言っています。(宮沢賢治)
バリ島の人たちというのは、まずヒンズー教徒であり、そして農民であり、同時に芸術家でもあります。(53頁)
●丸山眞男の特徴(72頁)
常に常識的な枠組みを壊す人
政治的イデオロギーで物事を絶対に論じない。
道学者的な言説は絶対ふりまかない。
●ソ連の古いことわざ(88頁)
男が恋の告白���せぬかぎり、年頃の娘は相手の愛の深さを測り得ず
●中国との戦争(98頁)
1937年から始まる中国との戦争、軍と政府は「この中国との紛争に関しては国際法を適用せず」と言明するわけです。
日本軍は日本兵に捕虜になる方法を教えていなかった。玉砕するしかなかった。(99頁)

☆井上ひさしの本(既読)
「青葉繁れる」井上ひさし著、文春文庫、1974.07.25
「吉里吉里人」井上ひさし著、新潮社、1981.08.25
「私家版 日本語文法」井上ひさし著、新潮文庫、1984.09.25
「井上ひさしのコメ講座」井上ひさし著、岩波ブックレット、1989.05.22
「続・井上ひさしのコメ講座」井上ひさし著、岩波ブックレット、1991.11.20
「マンザナ、わが町」井上ひさし著、集英社、1993.09.25
「父と暮らせば」井上ひさし著、新潮文庫、2001.02.01
(2011年7月6日・記)

2011/08/15 05:46

投稿元:ブクログ

8月15日前後には戦争について考える1冊を読む。「憲法は政府への命令」で吉野作造を、「戦争責任ということ」で丸山眞男を取りあげている。2人についてはよく知らないのだが、井上が語ることで彼らが果たした歴史的な役割についてよくわかった。
他に宮沢賢治、チェーホフ、「笑いについて」の3編。
井上ひさしから受け継ぐべきものも大きい、と思った。

2011/07/26 22:30

投稿元:ブクログ

週刊ブックレビュー、中島たい子さんの紹介の本。ひょっこりひょうたん島は、懐メロ番組でしか見たことない僕ですが、笑いを追及した井上さんが、あの戦争を、時代をどのように考えていたのか?興味を持って読んだ。後半の笑いについてのエッセイは、笑い学・笑い史的な内容で期待していたものとは違っていた

2012/01/23 14:37

投稿元:ブクログ

取り上げられるのは、吉野作造、宮沢賢治、丸山眞男、チェーホフ
の4人。井上氏が宮沢賢治を敬愛してきたことは知っていましたし、
チェーホフも同じ喜劇作者ということでわからなくもないですが、
吉野作造と丸山眞男については、正直、とても意外に思いました。

もっとも、吉野作造は「民本主義」の提唱者と言われるまで「誰だ
っけ?」という感じでしたし、丸山眞男も『日本の思想』を読んだ
くらいで、人となりについては殆ど知りません。チェーホフだって
似たような状況です。だから、井上氏との接点はわかりようがない。
本書を読んで、彼等の思想や実践、その背後にある人間観や世界観
に触れ、それで初めて井上氏が惚れ込む理由が納得できました。実
に、実に魅力的な人物達なのです。

特に、吉野作造には惹かれました。吉野作造は、民本主義の名の下
にデモクラシーや国家のあり方を論じ、大正デモクラシーの思想的
リーダーとなった人物です。その思想は、弟子達を通じて、日本国
憲法の内容にも影響を与えたそうです。色々な社会事業を興す社会
起業家でもありました。現実の矛盾と戦いながらも理想の社会のあ
り方を求め続けた実践的思想家だったのです。しかし、今や吉野作
造は完全に忘れ去られています。「今日的問題をきちんと踏まえて、
何十年も前に答えを出している人がいた」のに、そのことは忘れ、
その思想を受け継いだ憲法を持っているのに、「吉野作造が理想と
した、あるいは当時説いたことが、いま実現していない」のです。

皮肉なことです。しかし、これは何も吉野作造に限ったことではあ
りません。宮沢賢治にしても、丸山眞男にしても、チェーホフにし
ても、現実との折り合いを探しながら理想を追求し続けた実践的思
想家であり、「何十年も前に答えを出している人」たちでした。な
のに、この人達から受け継ぐべきものを、私達は本当に受け継いで
いるのか。4人のことを語りながら、井上氏は、そのことを静かに
問いかけてきます。最先端の情報を追い求める前に、読み返すべき
先人達の言葉があり、受け継ぐべき理想が既に存在している。その
ことを本書は教えてくれます。

4人についての文章のどれも本当に素晴らしいのですが、宮沢賢治
とチェーホフについての文章が特に心に残りました。その中で井上
氏は独自のユートピア論を展開しています。ユートピアは制度とし
て実現できるものでなく、空間的なものでもない。それは、時間的
なものとして唯一成立可能なのではないか。つまり、「ユートピア
とは別の場所のことではなく自分がいまいる場所のこと」であり、
「そこをできるだけいいところにする」という人間の努力と関わり
合いの中で初めて奇蹟的に生まれる「人だけがつくりあえる理想の
時間」のことではないのか。「人だけがつくりあえる理想の時間」
――賢治も、チェーホフも、そして井上氏自身も、それを求め続け
た人だったのです。

易しい語り口調ながら、人間や社会や国家��ついての、とても深い
真実を忍ばせた言葉に出会える一冊です。是非、読んでみて下さい。

=====================================================

▽ 心に残った文章達(本書からの引用文)

=====================================================

鞍馬天狗は話し合いばかりして、人を殺さないでしょう。でも、非
常に人気のあるヒーローが誕生しました。大佛は吉野作造の愛弟子
です。

吉野作造の雑文集は、いまとなれば珠玉の政治論文といっていいと
思います。みんな忘れている思想家の中に、実は今日的問題をきち
んと踏まえて、何十年も前に答えを出している人がいた。そういう
人をもう一度掘り返して読むという作業をわれわれはしないといけ
ません。

文章以上に賢治の残した大きなものは、人間と人間以外のものとの
かかわりについてです。

たとえば秋晴れで、仕事はうまく済んじゃって、多少のお金とひま
があって、外へ出ると空が青いなあなんて思うときに、空が語りか
けてくるような感じを持つことがありますね。これが有情体験です。
ぼくはそれを世界と和解するというふうに呼んでいます。

賢治の童話では、人間はもちろんですが、自然のなかの全部のもの
が人間としゃべって、人間と交流し合って、話をし合います。これ
は賢治がわれわれの時代に残していった最大のメッセージの一つだ
と思います。

あらゆる万物の声を聞き、対話をしなければいけないというのが賢
治から取り出せる大きな思想のひとつですが、これはわれわれが現
に突き当たっている問題です。

宇宙論といいますが、世界観といいますか、小さな花びらのなかに
ひとつの宇宙があって、その花びら自体も宇宙の一部であるという
考え方があります。「全てはひとつで、ひとつは全てだ」という思
想ですが、それは普遍文化と足もとの生活の関係にもおきかえられ
ます。(…)つまりいちばん小さいものといちばん大きなものを結
びつける考え方を賢治はしていくのです。

制度としてユートピアが定着すると、かならず全体主義国家になる
という非常に悲しいパラドックスなのです。
ですから、ぼくは制度としてユートピアを信ずる気にはあまりなり
ませんし、おそらくそういうユートピアは絶対にできないと思いま
す。
ただ、ぼくが成立可能だと思うユートピアは、空間ではなく時間の
ユートピアです。

このメンバーで、いまここで、この並び方で、この温度で、この外
の天気で、こういうふうに集まっているということは、宇宙がどれ
ほど長く続こうと二度と起こらない奇蹟なのです。そういうのをぼ
くは「ユートピア」と呼んでいます。

それはうたかたかもしれませんが、固定された制度や国家のように、
人間を圧しつぶすものに変質してしまうことはありません。

彼(賢治)が農民を集めて講義をしたり、弦楽四十奏団をつくろう
としたり、芝居をやろうとしたというのは、やるもの自体より、人
が集まってきて、そこにできてくるなんともいえない「お��えも人
か、おれも人だ」というような確認からはじまる、人だけがつくり
あえる理想の時間に非常にあこがれていたのではないか、という気
がします。賢治は、自分の立っている花巻の地で、理想や現実と闘
いながら、必死にユートピアをつくり出そうとしました。ぼくは、
その志を継ごうとしているだけです。

時間としてのユートピアは、やがて崩れます。きょうの午後、この
時間の特別の時間はなくなってしまいますが、それは皆さんの心の
なかのどこかにカケラとなって忍びこんで、それぞれの毎日の生活
のなかで、きっと別のまた小さな“ユートピア時間”をつくり出す
ことになるのではないでしょうか。

死んだ若い人たちがもう何もいえないことをいいことに、その人た
ちを勝手に選別して、勝手に神様にして、そして、天皇のために忠
死した者はすべて神様になると幻想の回路を作った。さらにまた次
の若い人たちをその回路にはめ込んで死にに行かせる。僕は、こう
いう構造は、頽廃し切っていると思います。

みんな戦いじゃなくて、野垂れ死に、空腹、飢餓からくる病気で亡
くなっていく。そういう人たちを勝手に靖国に祀っておいて、神様
だとかなんとかいって、あの人たちが本当に化けて出てきたら、ど
うするつもりなんですかね(笑)。

ちゃんとした喜劇作者は、同じ時代を共に生きる普通の人たちの生
活を凝視する。喜劇の題材は、普通の人たちの日々の暮らしの中に
しか転がっていないからだ。さらに彼は(その度合いはさまざまで
あっても幾分かは)社会改革家にならざるを得ない。自分を含む普
通の人たちの生活を見つめているうちに、たいていの人たちが、た
がいに理解し合うことを知らないためにそれぞれもの悲しい人生を
送っているという恐ろしい事実を発見するからだ。
万人に通じ合う大切な感情が共有できない、知っていながら知らん
ぷりして結局は自己溺愛の中へ逃げ込むしかない…そういった人た
ちの毎日が少しでもいい方へ変わってくれたらと、喜劇作者は私
(ひそ)かに祈り始める。チェーホフもまた、この道を歩いていた。

彼の時代の主調音は、流刑と流血と圧政と暴動である。落胆と絶望
がその主旋律だった。そしてこの二つから生まれた疲労と憂愁の歌
が人びとの毎日を灰色に染め上げていた。その暗い1880年代と90
年代に、チェーホフはほがらかに現れて、笑劇や喜劇の方法で人々
の心の内に深く分け入って行き、医療や学校建設の仕事を通して人
びとの願いを聞き、結局のところ、人間は生きたがっている、ただ
それだけのことなのだという真実を発見したのである。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●[2]編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

先週は石巻に行って、色々な人の話を聞いてきました。

石巻では、20代、30代、40代、50代のそれぞれの世代で、それぞ
れに新しい動きが生まれています。震災を機に、地元から新しいリ
ーダーが���まれ、或いは外からやってきた人々が触媒となって、新
しい試みが始まっています。

戦後、瓦礫の山の中からホンダやソニーが生まれ、新しい産業が育
ったように、きっと石巻でも、そしてその他の地域でも、震災を機
に立ち上がった新しい世代のリーダー達が新しいコトを興し、新し
い経済や新しい街を作っていくのでしょう。

一方で、未曾有の事態を経てもなお、世代間の溝を埋めることは容
易ではないのだなということも知りました。会社にも街にも家族に
も、常に同じ問題がつきまといます。世代間の価値観はどうしても
隔たってしまう。そして世代間の対話は圧倒的に欠如してしまう。

過去から受け継ぐべきものは何か。もはや手放すべきものは何か。
そして新たにつくるべきものは何か。それを決めるのは、世代を超
えた話し合いの場をおいてしかないのではないか。

では、どうしたら世代を超えた対話の場を生み出すことができるの
か。井上ひさしが言うような「『おまえも人か、おれも人だ』とい
うような確認からはじまる、人だけがつくりあえる理想の時間」を
どうしたらつくることができるのか。石巻が、というよりも、今こ
の国全体が抱えている根本的な問題をつきつけられた気分です。

2011/01/22 20:48

投稿元:ブクログ

2010年の四月に逝ってしまった井上ひさしさん。
第一章で「吉野作造さん」の事を語って、
「吉野作造さんの雑文集は、珠玉の政治論文だ。彼は、現代の政治的な問題点を何十年も前にすでに答えを出してくれている人だ。いまこそ、もう一度繰り返して読むという作業をわれわれはしないと
いけない」
と、おっしゃっている井上ひさしさんの著作こそ、今一度、私たちが繰り返して読まなければならないものだと思う。

2011/02/27 19:09

投稿元:ブクログ

吉野作造・宮沢賢治・丸山眞男・チエーホフを対象にした講演や短文を取りまとめたもの。最終章の「笑いについて」というエッセイもなかなか面白いです。

2011/05/10 22:40

投稿元:ブクログ

吉野作造、宮沢賢治、丸山眞男、チェーホフについて井上ひさしの考えが書かれた本。宮沢賢治にとってのユートピアの話が哲学的でもあり特に面白かった。

2012/01/26 23:13

投稿元:ブクログ

脳の成分というのが、少し前に流行っていたけど、井上ひさしさんの成分というのか源流を感じた。いのうえひさしさんを通じて吉野作造、宮沢賢治、丸山眞男に興味を持ちつつ読めた。井上さんが受け継いだものをさらに私たちが受け継いでいくのかなと思う

17 件中 1 件~ 15 件を表示