サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

hontoレビュー

関ケ原連判状 下巻(集英社文庫)

関ケ原連判状 下巻 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

2016/07/08 09:32

投稿元:ブクログ

最後の最後まで気の抜けない展開。

関ケ原の勝敗が決定した瞬間の描写、
そして、石田三成の悲嘆がとても印象的。

2013/02/23 13:52

投稿元:ブクログ

語り尽くされた感のある関が原合戦を当時の朝廷の動きに着目して描いた作品。信長、秀吉があいついでなくなり天下の趨勢は次第に家康へと。天下布武を狙う石田三成。文治政治を復興させたい近衛前久。そして天下三分の計略を謀る細川幽斎。思惑が火花を散らす。生き残りをかけた手に汗握る調略戦。攻防の鍵を握るのは歌道の伝承を記す“古今伝授“と秀吉の秘事が記されている“連判状“。歴史の謎に光をあて関ヶ原合戦裏の攻防を浮き彫りに。最後の最後までワクワクドキドキ。歴史、ミステリー好きの私にはたまらない一品です。なおこの作品、加藤廣の「信長の棺」とセットで読むと楽しみ倍増です。

2014/04/14 20:03

投稿元:ブクログ

最近、物忘れがヒドいのか登場人物が多いと人間関係が覚えられん。

この本も人間関係覚えたと思ったら裏切りとかがあって…

最後まで読んだけどなぁんかスッキリしないなぁ~!!

3 件中 1 件~ 3 件を表示