サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0628)

hontoレビュー

クライ、くらい夜の終わりに(ショコラ文庫)

クライ、くらい夜の終わりに みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー16件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (6件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (9件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)
16 件中 1 件~ 15 件を表示

電子書籍

贖罪

2013/10/14 07:01

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はな - この投稿者のレビュー一覧を見る

見ていてとても痛くやりきれなかったです 受けたトラウマはなかなかにしつこく簡単には消えてはくれません 罪を償うこともたやすく出来ることではないと思います 一生引きずることもあるし理解されることもまれだと自分でもわかっています
得心のいくラストでよかったと思います
光があってよかった
ほんとうにそう思えるラストでした

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

引き込まれます

2015/10/18 12:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Sota - この投稿者のレビュー一覧を見る

この作家さんの作品、好きです!!
痛い話なんだけど、そんな中にも、温かくなるエピソードがあって、ウルっとくる感じが、何とも言えません。
この話でも、島倉が一人で居るのを見つけて、他の女生徒に声をかけてあげるところとか、寺岡が須田に言った”昔みたいに笑う顔が見たい。”といったセリフが、泣かせてくれます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

嫌いじゃない、けど

2017/04/11 20:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:スグル - この投稿者のレビュー一覧を見る

ストーリー、文章の流れ、キャラクター、作風。どこを取っても好感触ではあったけれど、なにかこう……萌えない。私はほのぼのBL、会話のテンポのいい青春BL、鬱BL、感動ものBLが好きなのだけれど、微妙にどこにもカテゴライズできないせいか「嫌いじゃない…嫌いじゃないよ!」という読後感だった。
記憶をなくす程のトラウマで雁字搦めの受け、受けへの罪悪感で雁字搦めの攻め。最後は収まるとこに収まったけど、それでいいのか?みたいな。
嫌いじゃないけど星3で!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

償い

2016/12/14 14:56

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:黄龍 - この投稿者のレビュー一覧を見る

なんか後味の悪い話だった。最後の方までダークな話。真の事が好きなに過去の過ちから真に根深いトラウマを植え付けしまった寺岡。そのことを償いたいのは分かるけど、先に真実を話さずに結局身体からの関係から始まるのかよ。真実を知った真の報復が始まると思ったら、ちょっとで終わってしまったのが残念。あんなに根深いのに、こんな簡単に許してしまって良いのか。私なら絶対許せない!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/06/24 19:44

投稿元:ブクログ

タイトル通り、暗い泣ける話ですが意外に読後感は良かった。

あまりに辛い過去のせいか、その記憶だけがすっぽり抜け落ちている大学生の須田の前に、幼馴染みという寺岡が現れます。須田にとっては見知らぬ男である寺岡は、なぜか彼に親切で何かと世話を焼いてくるのですが。

痛いし、重いし、読んでいてどうしようかと思う須田の過去と、家族関係です。須田が頑ななのと深い関わりがあるので素通りできないし、寺岡とも密接なつながりがある話であるのが、次第に解き明かされていきます。

寺岡が須田に向ける気持ちは揺るぎないものがあって、ひたすら「好き好き」光線発してるように見えるんだけど、須田には届いてないみたい。
須田の意識下には、記憶は無くとも人を信じられない恐怖心が常につきまとっているので、複雑です。

好きじゃないと言いながらも、徐々に寺岡の好意に甘え、心を開いていったと思ったら、いきなり過去の全てが明らかになって、互いの過去の関係もわかってしまい、二人の立場が逆転していくところは辛かった。どちらの立場であっても辛いです。泣けます。

ここでの救いは、やはり寺岡のブレがないところ、包み込む愛情です。骨身を削ってでも、と言う言葉がぴったり。
過去には辛酸を舐めるような思いがあったとしても、今の二人にはそれ以上の絆がしっかりできたような気がします。温かい寺岡の愛情に、凍り付いてた須田の心も融かされていったかんじ。
須田は、酷いこと言ってますが、それがだんだん甘えになっていたり、相手を気遣っても素直になれなくなっているのがわかります。
須田の強力なツンデレすぎるセリフにいちいち感動しました。

「夜が明けたそのあとに」では、寺岡視線で甘いいちゃいちゃぶりが楽しめます。寺岡から見たら、アバエクで須田の全てが可愛いみたいです。「許すわけない」とSでツンな発言をする須田にめろめろで、でっかい尻尾をぶんぶん振ってるわんこみたい。

おまけのペーパーも、須田視線のツンデレな話で甘々でごちそうさまです。

2011/05/18 23:33

投稿元:ブクログ

昏くて重くて、でもやめられないって感じで読んでました。佐田作品は3作目ですが、どれも受けがなかなか攻めを好きにならないパターンですねwこの作品では攻めの寺岡が罪の意識を持ちながらも須田を求めてしまうという彼の強い想いの裏づけになるような魅力が須田からあまり感じられなかったのが少し残念。ダークさを追い過ぎてエンドへの回収が覚束なくなってる印象もありました。カプとしてはまだこれからといった結末なので2枚の甘めなペーパーで救われました。他にもツッコミどころはありますが佐田さんの世界観は好きなので今後に期待です。

2016/01/08 20:42

投稿元:ブクログ

じーんわりいいお話だった。記憶がないところは気になったし、寺岡の世話焼き具合もだし、須田の葛藤具合も良かった!最後はウルっとしたなぁ。

2013/09/04 20:24

投稿元:ブクログ

「俺のこと、覚えてない?」
大学の教室で須田にそう聞いてきたのは、見たこともない男だった。幼なじみだと言い張るその男、寺岡を人違いだと突っぱねたものの、実は須田には子供の頃の記憶がない。その後も人懐こい笑顔でやたらと構ってくる寺岡の優しさに、須田を少しずつ心を許していくが・・・。
(出版社より)

2011/06/07 20:07

投稿元:ブクログ

須田くんの魅力が伝わりにくく、寺岡くんが何故彼に執着するのか、それ程までに好きだと思えるのかが理由付けが薄い気がした。

作品の雰囲気は好きでした。

2011/05/13 04:54

投稿元:ブクログ

記憶喪失もの!と思ってワクテカしながら読んでたんだけど、読んでいくうちにどんどん雲行きが怪しくなって、最終的にどうしてこうなった/(^0^)\と頭を抱えるくらいの酷さに... 序盤は普通だったのに、本当にどうして... 編集部仕事しろよどう考えてもおかしいだろ!!!

2012/10/24 07:50

投稿元:ブクログ

 過去の出来事から、あまり友人も作らず、一人でいることを好む須田は、バイトと大学に追われる毎日を過ごしていた。
 ところが、そんなある日、「俺のこと、覚えてない?」と見ず知らずの学生から教室で声をかけられる。
 まったく記憶にないその男・寺岡に須田はすげなく「人違いだ」と答えたけれど、実は須田は子供の頃の記憶が一部かけてしまっている。
 おまけに、その後遺症のように毎晩、悪夢を見続けている。
 母親に聞いても何があったのかは教えてくれず、病院に行くことさえも止められることから、須田はその過去を取り戻せないままだった。

 そんな須田に冷たくあしらわれても、寺岡は人懐こい笑顔でやたらに構ってくる。
 そして、その寺岡に押し切られるように二人の距離は徐々に縮まっていくが、寺岡が時折見せる好意に、須田の気持ちも大きく揺れる。
 そのたびに、いつもは覚えていない過去の記憶が、次第に鮮明になってきて、遂に須田は自分の過去を知る決意をする。

 そして、その須田の決意が、須田の過去が二人の関係を歪ませてしまう。

 という話でした。
 なんというか、ちょっと「後味すっきり」とはいかない話。

 実は寺岡は昔から須田のことが好きだったのだが、まだまだ未熟な子供だったために「男が好きだ」ということがバレたくないあまりに、寺岡は須田のことをいじめる形になってしまう。
 そして、そのことが原因で、須田の身に重大な取り返しのつかない事件が起こってしまう。

 記憶を取り戻し、寺岡さえも知らなかった重大な事実が明らかになると、今度は寺岡が須田に対し「償い」をするという理由で、お金を渡すようになる。
 須田に呼び出されればいつでもどこでも、お金を持って現れるようになった寺岡。
 人好きのする笑顔だったのに、次第にやつれ始める。
 けれど、そんな寺岡に「もういい」となかなか言えない須田は――

 とそんな感じで二人の立場が逆転した状態がしばらく続いて、最後は須田が不器用に「もういい」と言ったところで終わるんですが、終わったところで、仲良くなり始めたばかりの二人の関係には戻れるはずもなくて、なんとなく引き連れた傷が残るような感じの状況で終わってしまいます。

 確かにこんなこじれた関係になってしまえば、キラキラのハッピーエンド! というわけにはいかないのも理解できますが、どうせ「物語」なんだから「ありえねえええええええ」ってくらいのハッピーエンドにこの話はしてほしかったなー……と思います。
 じゃないと、どっちもかわいそうすぎる!

 取り返しのつかない過去を持ってしまった須田もだし、そのことからやつれるくらいまで貢いだ寺岡もだし――ここまでしんどい設定なんだったら、終わりくらいはもうちょっと明るいラストでもよかったかなー……と思いました。

2014/02/22 22:01

投稿元:ブクログ

記憶喪失、過去のトラウマ、全体に陰鬱な雰囲気の漂うBL要素のあるサスペンスという感じ。凄く引き込まれました。ところどころに散りばめられた記憶の断片やホームレスの存在が後半でじわじわ効いてくる。かなり受の過去が悲惨で辛く、それが原因で二人の関係は歪んでいくのだが、攻の愛情が揺るぎないのでそれほど痛さは無く感情移入出来ます。ラストが少し駆け足だったけれど、最後までラブラブな雰囲気でないところがよかった。佐田さん実は初めて読みましたが、タイトルが語るような仄暗さが凄く好きです。他の作品も読んでみたいです!

2014/03/23 19:01

投稿元:ブクログ

佐田さん2作目です。
前回がとっても良かったので期待値高すぎたのかも……。
とはいえ、とっても楽しく読むことができました。
トラウマに記憶喪失と、BLでも使い古されたこの設定を
どう消化するのかと読み始めたものの、序盤から受の
過去について何となく分かってしまう……。
そしてその過去に絡んでくる攻の執着っぷりが怖い。

執着攻とほだされ受を書かせたら、本当に凄い作家さん
だと思います。
受が過去にどんな眼にあったか知っておきながら、
強引に迫るという攻のアホっぷりが、何だか腹が立つ
といいますが、受じゃないけどぶん殴りたい衝動に
駆られます。

中盤までそんな感じで攻にイライラしてたんですが、
後半戦に突入すると立場が逆転。
全てを知って記憶を取り戻した受が、攻に対して
強請って集って、攻の身ぐるみ剥がしちゃいます笑。

攻ざまぁw

と思いながら最初は読んでたんですが、何だか途中
から攻のボロボロっぷりが哀れに……。
な、なにこの感情。
前作でも感じましたが、受の方が被害者であるはず
なのに、気がつけばほだされてます。
読んでる私もなんかほだされてしまって、畳みかける
ようなラストにあれれれれ?と……。

何だか奇妙に惹きつける魅力のある作家さんです。
次に期待して★3つ。

2016/10/24 00:34

投稿元:ブクログ

なんか微妙な感じで終わったけど、タイトル通りcry暗い昏い終わらない夜に終わりを告げる、小さくても優しい蛍の光でした。
受けが記憶喪失になるくらいの事件なので、かなりの覚悟をしないと読めない。しかし一回でよくないか(T-T)二日も…。攻めもあの事件がなかったら果たしてそこまで受けに執着しなかったんじゃないかなと思うけど、これもまた運命なのか。でも真相を知ってから改めて読むと攻めもよく手を出せたもんだなぁ怒。攻めザマァ展開は生ぬるかった…あえて自分がボロボロになってしまったほうが、こういう場合は精神的に救われるものと思うんだ。
そしていじめた側が何事もなかったかのように接してくるのが…ね。現実もこんな感じなんだろうけど。

2013/11/20 10:24

投稿元:ブクログ

◎「俺のこと、覚えてない?」―大学の教室で須田にそう聞いてきたのは、見たこともない男だった。幼なじみだと言いはるその男・寺岡を人違いだと突っぱねたものの、実は須田には子供の頃の記憶がなく、その後遺症のように悪夢を見続けている。その後も人懐こい笑顔でやたらと構ってくる寺岡に押し切られるように親しくなるが、寺岡の好意がただの友情ではなかったこと、そして須田の「過去」が二人の関係を歪ませていく―。
出版社: 心交社
発売日: 2011/5/10

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*

とにかくイイ!です。
BL本にハマるきっかけになった本かも。
受けの辛い過去が、記憶がないが故に少しミステリー仕立てぽくて暴かれてく過程にドキドキハラハラしました。
何回繰り返して読んだことかw
最初電子書籍で買いましたが、イラスト見たさに文庫版も購入しました(´゚ω゚`)

16 件中 1 件~ 15 件を表示